憧れのクリスマスマーケットを♪ハイアット リージェンシー 東京のクリスマススイーツ

気がつけばクリスマスまであと一か月。今年最後のイベントは日常から離れて、ロマンチックに過ごしてみませんか?

ハイアット リージェンシー 東京の「ペストリーショップ」では、今年もクリスマスを彩るクリスマスのスイーツが登場。フランスで2度のコンクール入賞経験をもつ料理長 佐藤浩一さんと、若手シェフ 仲村和浩さんが生み出すスイーツは、どれも魅力あふれるペストリー・ベーカーばかり。大人女子の胸をキュンとさせる、ハイアットリージェンシー東京のクリスマススイーツをご紹介します。

今年のテーマは「大人かわいいクリスマス」

今年のハイアット リージェンシー 東京のクリスマススイーツは、好評だった昨年に引き続き「アルザス地方のクリスマススイーツ」が登場。

クリスマスツリー発祥の地でもあるアルザス地方では、世界最大級の“クリスマスマーケット”が開かれています。伝統ある木組みの家がきらびやかなイルミネーションで飾られ、その光景はまさに絵本の世界!

そんな、アルザス地方のクリスマススイーツはシンプルながら、どこかレトロでメルヘンな「大人かわいい」スイーツばかり。きっとクリスマスを華やかに彩ってくれます。

ホームパーティーや女子会で、「クリスマスマーケット」を開いてみてはいかがでしょう?

まるでクリスマスツリー♪スパイスとフルーツが光る「パン・ド・ノエル」

snapcrab_noname_2016-11-15_11-27-23_no-00

個性豊かなスパイスやフルーツがたっぷりトッピングされた「パン・ド・ノエル」。見た目以上に驚きなのが、その中身です。アルザス地方では「ヴェラヴェッカ(洋梨のパン)」という名で親しまれているこのお菓子、パン生地をつなぎ程度にしか使っておらず、中にはドライフルーツがぎっしり詰まっています。洋梨の上品な甘み、濃厚リッチな食感に、スパイスやキルシュの香りがアクセントを加えてくれます。

日持ちがするので、薄くスライスしてじっくり味わうのもオススメです♪

ローマ時代から伝わる、伝統の蜂蜜ケーキ「パン・ド・エピス」

snapcrab_noname_2016-11-15_11-27-31_no-00

シャンパンの原産地としても有名なシャンパーニュ地方。そのシャンパーニュ地方に咲く花々から採れた蜂蜜にスパイスを加えており、甘くふんわりした食感と香りが楽しめます。軽くトーストすると、さらに風味や香りが増していく、シンプルながらも味わい深い一品です。

期間限定の「コンフィチュール・ノエル」と一緒に頂くと、さらにドライフルーツやナッツの甘味が加わり、ラグジュアリーなひと時を演出してくれます。

クリスマスには欠かせない!伝統のドイツ菓子「シュトレン」

snapcrab_noname_2016-11-15_11-27-39_no-00

実は、長い間ドイツ領でもあったアルザス地方。クリスマスマーケットでは、ドイツ伝統のクリスマス菓子「シュトレン」も並びます。クリスマスの少し前から、少しずつ頂くのが、ドイツ伝統のクリスマスの楽しみ方。

こちらは、そんなドイツの伝統を取り入れつつ。粉糖の甘み、洋酒やスパイスの香り、濃厚なドライフルーツの食感、どこをとっても美味しく仕上げられています。美味しすぎて、クリスマスまでに食べ切ってしまわないようご注意を。

気になる販売時期は?

こちらのスイーツは、2016 年 11 月 20 日(日)~ 12 月 25 日(日)までの限定発売です。シュトレンのみ、12月1日(木)からの販売なのでご注意ください。

ヨーロッパでは、クリスマス前夜の4週間前の日曜日から、クリスマスの準備を始めます。この期間は、「アドヴェント」と呼ばれ、クリスマススイーツもクリスマスの前から少しずつ楽しむのが習わし。

ハイアット リージェンシー 東京のクリスマススイーツは、毎年売切れになる程大人気!「ヨーロッパの伝統」にならって、早めに用意してみてはいかがでしょうか?

★ハイアットリージェンシー東京 オンラインショップ
http://goo.gl/Huq6NK