達人おすすめ!ちょっと特別な気持ちになれる「魅惑のショコラケーキ」3選

クリスマスシーズンを迎えると、華やかなお菓子が増えるなかで、重厚なショコラケーキも恋しくなるもの…! リッチなショコラの味わいが、冬のデザートタイムをなんとも贅沢な気持ちにさせてくれますよね♪

今回は、スイーツ好きな方に向けて、お取り寄せの達人おすすめの魅惑のショコラケーキ3種類をピックアップ。気になるアイテムがあったら、ぜひお取り寄せしてみてくださいね!

濃厚かつとろける口どけ!お取り寄せ生活研究家・aiko*さんおすすめの「フォンダンショコラ」

aikohoko

まずは、麻布十番の会員制レストラン「クラブノックス」のフォンダンショコラ。ランスはじめ、世界の一流パティシエ・シェフ御用達のヴァローナ社の2種類の製品を使用し、チョコレートそのものを食べているような濃厚な味の中に、フォンダンという言葉の意味する「とろける」ような口どけを実現しています。お勧めするのは、お取り寄せ生活研究家のaiko*さん。

▼aiko*さんのおすすめコメント
どっしりとしたボリュームで、見た目はシンプルですが、包丁を入れて上手に切るのが難しいほど中身はまるでクリームのようで濃厚です。うっかり手で持ってしまうと手の温度で溶けてしまうほど。
お酒やフルーツも入っていないのでシンプルにチョコレートの味を味わいたい方にお勧めです。
何度かメディアでも紹介させていただいたりしていますが、どなたにも喜んでいただけています。

★お手軽価格なのに大満足のフォンダンショコラ。生クリームを添えても◎♪
http://www.otoriyose.net/tatsujin/om0029/tt0000582.htm

しっとりとろけるリッチな「スフレショコラ」は、スイーツジャーナリスト・平岩理緒さん推薦!

hirashoko

続いて、2012年に東京・恵比寿にオープンした「パティスリー レザネフォール」の「スフレ・オ・ショコラ」。注目の若手パティシエ・菊地賢一氏が、フランスの古典菓子のレシピ本「ラ・パティスリー・ドゥ・オージョデュイ」から、スフレ・オ・ショコラをピックアップして現代風にアレンジしたもの。フランス産カカオ70%のショコラを、絹のようなメレンゲと併せ、オーブンでしっとりと焼き上げています。

▼平井理緒さんのおすすめコメント
フランスの古典菓子をベースに、現代に新たな息吹を与えた菊地シェフの思い入れや、師弟の絆が感じられる一品。ふわっと軽くとろけるような口どけと、ショコラの余韻を存分に楽しんでいただけます。

★フランスの古典菓子を現代風に!しっとりとろけるリッチなショコラの菓子
http://www.otoriyose.net/tatsujin/om0014/9317

ショコラコーディネーター・市川歩美さんが絶賛する「テリーヌ・ショコラ」!

ishishoko

最後は、ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリストとして活躍する市川歩美さんが推薦する「テリーヌ・ショコラ」。兵庫県・三田にある、スイーツ好きの聖地(!)ともいえる、あの「パティシエ エス コヤマ」さんのもの。「Hekkonda」(ヘッコンダ)というユニークなネーミングの、低温でじっくり焼き上げた重厚なるテリーヌ・ショコラです。

▼市川歩美さんのおすすめコメント
お味は、生チョコレートのように濃厚で、お口にいれると体温でゆっくりとなめらかに口どけ、カカオのアロマが広がります。小麦粉は不使用。カカオ分70%の南米産のショコラ・ノワールを使用した本格派です。
ナイフでカットするときは、まさにテリーヌのようなテクスチャー。ねっとりとした口どけが、お口の中であたたまり、しだいにふわりと軽やかに溶けゆく瞬間が幸せ。

★生チョコレートみたいに濃厚なテリーヌ・ショコラ体験を!
http://www.otoriyose.net/tatsujin/om0038/11619

いかがでしたか?

頑張った自分へのとっておきのご褒美にも、大好きな方へのギフトにも。「ちょっと特別」な気持ちになれるショコラケーキを、この冬の”お取り寄せ”候補にぜひ加えてみてくださいね!