いつでも食べたい!おいしい非常食「缶deボローニャ6缶セット」

お取り寄せやおいしいものについての素朴な疑問に答える「おいしいもの質問箱」。9/1は防災の日ということで、第一回目は、長期保存ができて災害時でもおいしく食べられるお取り寄せ品についてです。

問. 災害時でも手軽においしく食べられるお取り寄せ品はありますか?

答え. しっとり&ふんわりのデニッシュパンはいかがでしょう。

防災食を考えるときにまず大切なことは、保存性と調理の手軽さ。保存性はもちろんですが、震災が起こった直後から数日は、電気、水、ガスなどのライフラインが使えないことも多く、また使えたとしても食事に手間をかける余裕もないでしょう。もしかしたら食べる時間もないかもしれません。

しかし食事をする時間は、厳しい避難生活の中において数少ない楽しみのひとつ。そしてその楽しみは、きっと生きる力にもつながっていくはず。それならば手軽に食べられる非常食だからこそ、できるだけおいしいものを用意しておきましょう。

そんなおいしい非常食のひとつが、ボローニャの「缶deボローニャ6缶セット」。あまりの美味しさに、非常食としてだけではなく、キャンプや旅行に持っていく人もいるそうです。

手に入るまで数カ月待ち! 大人気の非常食

「缶deボローニャ」は、2004年の新潟県中越地震をきっかけに、災害時の非常食として開発されたデニッシュパンの缶詰。海上自衛隊でも導入されているそうですから、非常食としての実力は確かなもの。しかも作っているのが、京都にあるデニッシュ食パンで有名なお店「ボローニャ」。そのためか、オンラインショップでは数カ月待ちの表示になっていることも。

食べ方も簡単。プルトップ缶なので缶切りはいりません。フタをパカっと開けて、パンをくるんでいる紙をつかんで引っ張りだすだけです(紙がしっとりしているので、取り扱いには注意)。

002

フタを開けると、ほのかにパンの香りがして、食欲をそそります。ひとくち食べると、外側はさっくり、内側はふんわり&しっとりした食感に、デニッシュパン特有のやさしい甘さが口に広がり、これが非常食であることを思わず忘れてしまうほど。一般的に「缶に入ったパン」といえば、ぼそぼそパサパサで、おいしさは二の次というイメージもありましたが、そんなイメージを簡単にくつがえしてくれます。

003
※撮影用に切ったものです

賞味期限3年、パンなので調理の手間もいらず、ちぎってみんなでわけあいながら食べることもできます。しかもプレーン、メープル、チョコの三種類がセットになっていて、食べ飽きないようになっているのもうれしいポイント。もしものときの非常食としてはもちろんですが、普段の食事としてもとてもおすすめの一品です。

★缶deボローニャ6缶セット/ボローニャ
http://www.otoriyose.net/tatsujin/om0043/5833