餃子スペシャリスト塚田亮一さんがすすめる、知っておきたいお取り寄せ餃子

「マツコの知らない世界」で披露したオリジナル餃子が話題になるなど、日本、世界の餃子風料理を食べ歩く、東京餃子通信 編集長の塚田亮一さん。「餃子は完全食」をスローガンに、テレビでも大活躍の塚田さんがセレクトする餃子は、食欲そそる絶品ばかり。今回は、そんな塚田さんがおすすめする餃子をまとめてご紹介します。

厚めの皮でもちもち!野菜たっぷりの「仙台あおば餃子」

皮にも具にも、たっぷりの雪菜(ゆきな)をつかい、にんにくは不使用。餃子にはごま油をつかうものが多いですが、こちらはオリーブオイルを使っています。また、宮城県のブランド鶏「森林どり」でつくられる餡には、たっぷりの雪菜が使われているので、ヘルシーですよ。

▼塚田亮一さんのおすすめコメントより

仙台あおば餃子は、緑色でまん丸の形が特徴。仙台産の「雪菜」をたっぷりと練り込んだ鮮やかな緑色の皮でまん丸に包まれています。見た目も美しいので、色んな具材が入った鍋の中でもすぐに見つかります。皮はかなり厚目のモチモチ食感に仕上げられていて、ヒダのない形状に包まれているので鍋で煮込んでも煮崩れしないのです。

また皮から雪菜の甘みとホロ苦い独特の味をしっかりと主張してくるので、キムチ鍋や味噌鍋といった味の濃い鍋料理のスープにも負けません。続きを読む…

チーズの風味がたまらない♪これぞチーズ餃子の最高峰!

チーズの風味をここまで生かした餃子は初めて。チーズ餃子の最高峰!と塚田さんも大絶賛。2種類のチーズが入った餡は、餡に練り込んだチーズと、サイコロ状のチーズが餡の中に入っています。一口食べれば、とろ~りとしたチーズとジューシーな餡の旨みのコラボがたのしめます。

▼塚田亮一さんのおすすめコメントより

「宝永手造りチーズ餃子」では味と食感の強いベースの餃子餡に負けない濃厚な風味の2種類のチーズを使っています。餡にチーズを混ぜるだけでなく、サイコロ状のチーズを餃子の真ん中に包み込んでいて、餃子を頬張ると内側からのとろ~りとしたチーズ独特の食感と風味が楽しめます。続きを読む…

パリパリの焼き目に感動!誰でも簡単にお店の味が楽しめる!

家で焼くと、パリパリの焼き目がつかない、という方も多いはず。こちらの餃子は説明書通りに焼けばしっかりとしたパリパリの焼き目がつき、お店で食べているかのような羽根を作ることができます。希少な九州産黒豚100%でつくられた餡は、ジューシーでお肉の甘みを感じられます。

▼塚田亮一さんのおすすめコメントより

パリパリ&モチモチの皮の中には九州産の黒豚を贅沢に使った餡がたっぷりと包まれていて、一口かじると中から旨みたっぷりの肉汁がジュワーっとあふれ出してきます。肉汁がしつこくないのも良質な豚肉を使っているからこそ。

さらに黒豚と一緒に包まれているのは地元九州や熊本で取れる野菜たち。キャベツと玉ねぎの甘みがしっかり感じられます。ニンニクは控えめですが、ニラが効いているので物足りなさありません。続きを読む…

溢れる肉汁スープ!ボリュームたっぷり「焼小龍包」

小龍包の楽しみといえば、なんといっても中からあふれ出るスープ。こちらの焼小龍包は、もっちもちの弾力ある皮の中に、旨みが凝縮したスープがたっぷり。焼き小籠包専門の屋台として始まった、お店の看板商品。

▼塚田亮一さんのおすすめコメントより

もちもちの皮の中からは熱々のスープが隠れているので、迂闊に頬張るのは危険です。まずは箸で穴を開けて豚肉の旨味タップリのスープを飲み干しましょう。

その後、香酢を付けて焼き小籠包の皮と豚肉餡を楽しんでください。豚肉餡からはスープにも増して旨味と甘みが凝縮されています。続きを読む…

めでたい「紅白餃子」はハレの日に食べたい特別感ある餃子

お祝いの席で食べたい「紅白餃子」は、米粉を一緒に練り上げた白と、唐辛子が練り込まれ赤のセット。素材にこだわり、小麦粉は国産をつかい、化学調味料も無添加のものを使っています。赤餃子はピリリとした辛みが楽しめるので、ビールとの相性抜群です。

▼塚田亮一さんのおすすめコメントより

白い餃子は、国産の小麦とあきたこまちの米粉を一緒に練り上げた皮に特徴があります。薄皮なのに弾力があるので、焼き目のパリッとした食感とモチモチっとした皮の食感が同時に楽しめます。

餡の具材にもこだわり、豚肉は秋田県産、野菜も県内産を中心に新鮮な国産野菜のみを使って作っています。また、化学調味料や着色料、保存料も一切使わないという点も見逃せません。

豚肉と野菜の旨味を活かした甘めの味付けの餡は、最初はタレをつけずに食べて欲しい味です。続きを読む…

塚田亮一さん
(東京餃子通信 編集長)

「餃子は完全食」のスローガンのもと、おいしい餃子を求めてどこまでも。首都圏はもとより、宇都宮や浜松などの日本全国の餃子タウン、さらには世界中の餃子風料理を日々食べ歩く餃子のスペシャリスト。「お願い!ランキングGOLD」の餃子のランキングの審査員など、TVやラジオにも多数出演。「マツコの知らない世界」で披露したオリジナルレシピの自作餃子も評判。

TVでも話題!世田谷で大人気のゴロゴロ肉入り「羽根つき餃子」

2017.04.28

カリっもっちり♪いくつ食べても飽きない「ひとくち餃子」【大阪府】

2017.01.10