5年連続日本一!希少部位「かた肉」の唐揚げ/カラアゲニストおすすめの唐揚げ vol.2

かた肉 ~柚子胡椒マヨネーズ味~

唐揚げといえばしょうゆ味、というのも今は昔。最近では塩ダレの隆盛が目立ってきていますが、様々な調味料で唐揚げをもっと美味くしていこうという動きがあるのをご存知でしょうか? そして、その味を最大限に引き出すために、唐揚げにする鶏肉の部位にまで変化が及んできていることをぜひ理解していただきたい!

ということで、今回ご紹介するのは「揚匠しげ盛」の「かた肉」の唐揚げ(柚子胡椒マヨネーズ味)です。

カラアゲニストがこぞって愛する「かた肉」の唐揚げ

この「かた肉」、実は鶏一羽からほんの二切れほどしか手に入らない希少部位。そして世界最大のファン協会日本唐揚協会主催のからあげグランプリで、味バラエティ部門で最高金賞を5年連続受賞しているという、味バラエティ部門のドンです。

ちなみに、からあげグランプリの投票は、普通に唐揚げ好きな人であるカラアゲニストと、唐揚げが好きすぎて日本唐揚協会のカラアゲニスト検定を受験し合格した認定カラアゲニストの人たちが自分の推し唐揚げを投票する、言わば唐揚げの総選挙です。

カラアゲニスト検定(日本唐揚協会)

なぜここまで唐揚げ好きたちがこぞって応援する唐揚げなのか?

日本料亭の上品さとファーストフードの暴力的なパンチ力にノックアウト!

衣は北海道産の片栗粉を薄くつけられた、カリッというよりサクッに近い食感。それだけでも美味いのに、その薄衣を歯が突き抜けた瞬間に程よい柔らかみのある国産鶏かた肉の弾力が歯を押し返してきます。通常のもも肉よりもプルン感が強い肉の食感です。

さらにそこを掻い潜ると圧倒的なジューシーさで肉汁がほとばしり、それと同時に柚子の香りが鼻を駆け抜けていきます。通常の柚子胡椒は柚子と共に強烈にピリリときますが、この唐揚げからほとばしる柚子の風味の先には、まろやかな辛みが肉汁と共に広がります。

相当高級な日本料亭で食べているかのような上品さの中に、ファーストフードで暴力的にむさぼり食べるかのようなパンチ力。それが共存する、とんでもない唐揚げがこのしげ盛のかた肉唐揚げです。

「かた肉」の唐揚げのおいしい揚げ方

ダンボールに入って届きます。中身はこちら。今回も1kg、買ってしまいました。500gだけ揚げます。

「かた肉」の唐揚げ 手順02

粉をまぶしたら、ザルで余計な粉を落とします。

「かた肉」の唐揚げ 手順05

今回も二度揚げをします。一度揚げしたものがこちら。このまま5〜10分放っておきます。その間に他のことをやりましょう、やすひさなら粉つけ用のボウルを洗います。

「かた肉」の唐揚げ 手順07

そして二度揚げしたものがこちら。火は通っているので、お好みの色になるまで揚げてください。

「かた肉」の唐揚げ 手順09

唐揚げ好きっていう人は、唐揚げの可能性や振り幅を理解するためにも、必ず押さえておいてほしい逸品です。

やすひさ てっぺい
(日本唐揚協会 会長)
10万人(2018年4月末現在)を超える世界最大のファン協会組織『一般社団日本唐揚協会』を運営。多い時は10万人以上を集めるからあげイベント「からあげフェスティバル」などをはじめ、ローソン『からあげクン』ご当地唐揚げシリーズや、ニチレイ『からあげチキン』など、様々な唐揚げ関連商品のプロデュースなども手掛けています。

グランプリ最高金賞受賞店の渾身の砂肝の唐揚げ/カラアゲニストおすすめの唐揚げ vol.1

2018.05.29

「男子ごはん」で取り上げられた、おうち居酒屋メニュー「手羽先チーズ」

2018.01.29
かた肉 ~柚子胡椒マヨネーズ味~

ABOUTこの記事をかいた人

やすひさ てっぺい(日本唐揚協会 会長)

10万人(2018年4月末現在)を超える世界最大のファン協会組織『一般社団日本唐揚協会』を運営。多い時は10万人以上を集めるからあげイベント「からあげフェスティバル」などをはじめ、ローソン『からあげクン』ご当地唐揚げシリーズや、ニチレイ『からあげチキン』など、様々な唐揚げ関連商品のプロデュースなども手掛けています。