家族へのちょっとしたギフトに。美味しいだけじゃない、手軽で野菜も摂れるポタージュセット

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ

仕事に家事にと何かと慌ただしい毎日を過ごしていると、つい食事が適当になったり、おろそかになってしまうことってありますよね。

食事の準備に時間が取れないような忙しい中でも、美味しくて、手軽に野菜が摂れる料理が手軽に食べられたら――。

そんな願いを叶えてくれるのが、スープやポタージュ。中でも野菜が入ったポタージュは満足感もあり、人気の一品です。

デパ地下で売られているようなものから、コンビニで手軽に購入できるものまで、さまざまなポタージュがありますが、今回ご紹介するのは、カゴメの『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』。カゴメ独自素材の“野菜だし”を使った、特別なポタージュセットなんです。

今回は、お取り寄せ生活研究家として活躍されるaiko*さんに、実際に食べていただきながら、このポタージュの美味しさについてご紹介します。

aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ「365*style~お取り寄せ生活研究家aiko*の美味しいハナシ」・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

野菜の旨みが詰まった野菜だしを使ったポタージュ

「クリスマスや記念日などちょっと豪華な食卓にしたいときや、美味しいパンをお取り寄せした時に、ちょっとこだわったポタージュやスープを添えるのが定番になっています」というaiko*さん。ポタージュやスープを、ときどきまとめてお取り寄せされているそうです。

aiko*さんがポタージュやスープをお取り寄せするときは、自宅ではなかなか出せない味だったり、イチから作るのには手間がかかる味を選んでいるそうですが、まさにこの『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』は、この商品でしか味わえない工夫がされています。

『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』には、カゴメ独自の野菜だしが使われており、毎日食べても飽きない味わいを目指して作られています。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ

写真:t_ammyさん ※画像はイメージです

玉ねぎやにんじん、セロリ、ブロッコリー、4種類の国産野菜を使い(※記事内容は、2020年11月時点のものです)、苦みや臭みは出ないように、じっくり時間をかけて丁寧に炒めて煮出すという、カゴメの独自製法で手間ひまをかけて作られたのが、野菜だし。野菜の旨みが詰まっていて、複雑で奥深い味わいが特徴です。

そんな野菜だしを使ったこのポタージュセットは、赤いんげん豆や白いんげん豆、ひよこ豆、レンズ豆などを使い、味わいにアクセントを出しているのも特徴です。しかも加える塩分や糖分を最小限にしながらも、味わい深い、美味しいポタージュに仕上げられています。

実食して改めて気づいた野菜の旨み

『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』に入っているのは4種類。aiko*さんに実食していただきました。

『ブロッコリーとほうれん草のポタージュ』は、ブロッコリーやほうれん草などの緑野菜や豆も入ったポタージュ。aiko*さんは、ごろごろ入ったジャガイモが嬉しかったそうです。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ ブロッコリーとほうれん草のポタージュ

「ひよこ豆の食感もほくほくとしていて、飲むのではなく“食べている”感がありました。オリーブオイルをひとたらしすると美味しいですよ(aiko*さん)」。

そして、aiko*さんが「我が家では夫婦そろって、これがダントツのお気に入りになりました」とおっしゃるのが、豆と根菜を丁寧に煮込んで作った、和風仕立ての『豆と根菜のポタージュ』。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ 豆と根菜のポタージュ

「ご飯との相性が抜群だと思いました。原材料を見てみると、白味噌や醤油、鰹節が入っていて、相性の良さに納得しました。茹でた鶏やウインナーを少し加えたら、もっと満足感のあるおかずになっていいかも(aiko*さん)」。

ポタージュといえばパンと合わせるイメージが強いと思いますが、具材がしっかり入っているので、“おかずスープ”としてとってもおすすめなんです。

明るい黄色のパッケージが印象的な『かぼちゃのポタージュ』は、「ひとくち飲んで、かぼちゃの美味しさが活きている!」と、aiko*さんもびっくり。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ かぼちゃのポタージュ

「甘みがあって、すごく美味しい。かぼちゃがごろごろと入っているので、ほっこりしました。これは食事にあわせるよりも、ちょっと小腹がすいたときや温まりたいときに食べたいです。特に秋冬の寒い朝にぴったりですね。ホッとする甘さに癒されます(aiko*さん)」。

かぼちゃの甘みとほくほくした食感を堪能できる『かぼちゃのポタージュ』ですが、aiko*さんが試しにシナモンパウダーをかけてみたところ、少しスパイシーな感じが加わって、ちょっと大人味になったそうですよ。

最後は『トマトのミネストローネ』。7種の野菜と赤いんげん豆を煮込んだ一品です。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ トマトのミネストローネ

実は生のトマトが中学生くらいのころまで食べられず、トマトジュースも大人になるまで苦手なものだったというaiko*さん。「トマトは加工品やお料理の中の素材として食べていたので、私の中のトマト味=カゴメさんなのかも」とのことで、このミネストローネを実食してみたところ、「カゴメさんが作ったらこうなるよねと、飲みながら納得したほどのトマト感です。トマトの味が活きていますね」と感心したそうです。

「パンにも合いますが、ベーコンエッグなどお肉のおかずとよく合うので、茹でたマカロニを加えても、それだけで十分しっかりとした朝食になりそうです(aiko*さん)」。

健康と美味しさが両立したポタージュセット

カゴメと言えば、トマト缶やパスタソース、ケチャップなど、トマトのイメージを強く持っている方も多いでしょう。aiko*さんもその一人。

「野菜不足が気になるので、普段から野菜ジュースをよく飲むのですが、たまたま飲んだものが『野菜の味わいがしっかりしている!』と思って、商品をよく見るとカゴメさんのものだったりします。野菜(素材)の味を生かした製品が多いという印象を持っています(aiko*さん)」。

この『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』の印象を改めてお伺いすると、「(カゴメさんの野菜ジュースなどと同じく)今回のこのスープも、根菜や根菜、トマトはトマト、かぼちゃはかぼちゃと、目をつぶってもわかる素材の味が魅力的」だったそうです。

カゴメが大切にしていることの1つが“素材の味わいを大切にすること”。原材料にこだわり、大地の恵みやおいしさをちゃんと感じられるものをつくる。その上で、健康のために仕方なく野菜を摂るのではなく、健康で且つ食事や生活が楽しく豊かになるようにと、味づくりにもこだわっています。

健康と味わいにこだわった商品だからこそ、ギフトにもぴったり。ちょっと離れて暮らしているご家族への贈り物としておすすめです。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ パッケージ

健康が気になる大切な家族に贈りたいポタージュセット

aiko*さんには一人暮らしをしているお父さんがいらっしゃって、普段から、お家でストックすることも考えて、賞味期間が数か月以上あるものを選んで贈っているそうです。そして今回、この『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』を実食してみて、さっそくお父さんに贈りたいと思ったそうです。

「湯せんや電子レンジで温めるだけで、簡単に飲めるのがよいですね。父も野菜ジュースを飲んでいるようですが、秋冬は朝から冷たいジュースは飲みにくいはず。そんなときにこのスープセットがあれば、あとはパンを用意すれば、ささっと食べて日課のジムへもスムーズに出かけられます(aiko*さん)」。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ

写真:maichiku3さん ※画像はイメージです

「お豆や野菜もごろごろ入っているので、ボリュームがあります。温めずにそのままでも飲めるし、ひとつのセットで16袋も入っていて、賞味期間も常温保存で2年ほどありストック用としてもおすすめ。野菜不足になりがちな、非常時の食事にも便利。ハサミがなくても簡単に開けられるのもいい」というのも、aiko*さんのおすすめポイントだそうです。

この『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』のいいところは、手軽に野菜が摂れること。たとえば野菜を摂りたいとき、加熱することでカサが減るので、生野菜よりも量を摂りやすくなっています。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ 上から

※画像はイメージです

『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』は、1袋(140g)当たりの塩分は1g以下、カロリーは100kcal以下で健康に気遣って作られた商品。本当に大切に思う人にギフトとして贈れば、きっと喜んでもらえるでしょう。親から子への仕送りとしてもおすすめですよ。

【PR:カゴメ株式会社】

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ