年間300回以上お取り寄せするaiko*さんが推す!一度は食べたいお取り寄せグルメ5選

クロワッサン餃子

お取り寄せ生活研究家として活躍中のaiko*さん。年間300回以上お取り寄せをするという、お取り寄せの達人です。そんなaiko*さんがおすすめするお取り寄せグルメの中から、今回は普段の食卓に並べたい絶品グルメを厳選してご紹介!さすが達人チョイス、一度は食べてみたいものばかりです。

5段階に分かれてあふれ出る肉汁!ジューシー感抜群のハンバーグ

白格ハンバーグ(5個セット)
多くのメディアで紹介され、肉好きの間では名の知れた「格之進」が手掛ける合挽きハンバーグ。厳選した黒毛和牛と、岩手県花巻市のブランド豚「白金豚」を使用しています。またお肉の味付けには、オリジナルの塩麹をプラス。肉の旨味が最大限に引き出され、ソースをつけずともそのままでおいしくいただけます。

そして格之進のハンバーグの最大の特徴が、あふれ出る肉汁!ハンバーグの為だけに仕入れたロース、肩、バラ、モモ、スネといった5種類の部位を絶妙なバランスで配合し、部位ごとの肉汁が5段階に分かれてあふれ出るように工夫されています。ハンバーグのふっくらとした食感と、ジューシーな肉汁。計算しつくされた味わいに感動すること間違いなしです。

ハンバーグといえば、デミグラスソース、和風ソース、おろしや青じそなどいろんなバリエーションのソースを楽しめるのもポイントですが、格之進のハンバーグは、ただ焼いてそのまま食べていただきたいです。お肉の旨味を堪能できます。

肉汁があふれるハンバーグのレシピやコツをあれやこれや見つけては挑戦しても、私にはできず、同じように挑戦する友人も「なかなかあんな風にはならないのよね」なんて話したこともありますが、コツなど使わずとも、簡単に焼くだけ、お肉の力だけでできるのだと、最初に食べた時にはびっくり感動しました。(aiko*さん/お取り寄せ生活研究家)

内容量の半分が牛たん!お肉がゴロゴロ入ったシチュー

牛たんが入りすぎてる牛たんシチュー
宮城県でいくつもの店舗を構える牛たん専門店「たんや善治郎」の牛たんシチュー。なんと、内容量300gの半分が牛たんという、ゴロゴロ入るお肉が特徴です。たん特有の臭みも全くなく、3日間かけて仕込んだ濃厚なデミグラスソースとの相性もバッチリ!柔らかくとろとろに煮込まれたシチューは、誰からも愛されるおいしさです。

下茹でした人参やブロッコリーなどを加えてさらにボリューミーにしたり、生クリームを添えたり、アレンジするのもおすすめです。またレトルトパックなので、ストックしておけるのも嬉しいポイント。急な来客や、時間のないときにも大活躍するグルメです。

牛たんシチューって、私もボリュームがあればあるほど独特の匂いが気になったりした経験がありますが、こちらの牛たんシチューは臭みは全くなし。口の中でほろほろとほどける柔らかい牛たんは、年齢を問わず楽しめます。

ご飯にもパンにも合いますし、そしてパスタを添えてもおすすめです。お手軽なのに大きな牛たんがごろごろ入っていてお肉たべた感がすごく、商品名そのままです。(aiko*さん/お取り寄せ生活研究家)

表面はサクサク、中はもちもち食感!こだわり抜かれた絶品餃子

クロワッサン餃子
サックサクでもちもち、まさにクロワッサンのような餃子と呼ばれたことから名付けられた「クロワッサン餃子」。オリジナルレシピの開発に10年、食材選びや調整に4年という歳月をかけた、こだわり抜かれた絶品餃子です。

餡には北海道産の「十勝野ポーク」と、糖度の高いキャベツを厳選。クロワッサンと形容される皮には、4種類の特性が違う粉を使い、調味料なども徹底的にこだわっています。餃子のたれは、しょうゆたれと、酢橘と大根のおろし酢醤油の2種類。食べ比べするのも楽しいですね。

ちなみに、餃子は冷蔵で届きます。冷凍の餃子しか焼いたことがない!という方も、丁寧な焼き方ガイドがついているので安心です。レシピ通りに焼けば、サクサクでもちっとした食感をしっかり感じられますよ。

数か月待ちの人気の餃子ということと、クロワッサン餃子というユニークなネーミングに惹かれてお取り寄せしたのがきっかけですが、フライパンできれいな羽つきの餃子ができました。

中の餡も市販の餃子にありがちなお肉の質ではなくて、本当にジューシーで、手間をかけられた皮はカリッとしていてザクザクっと口の中で音がするほどです。それなのに皮のもっちりした食感も同居してて、他にはない食感でした。(aiko*さん/お取り寄せ生活研究家)

ぷりぷりのもつとトマト&チーズのコラボがおいしい!イタリアンもつ鍋

チーズとトマトのローマ風もつ鍋(約2~3人前)
博多名物のもつ鍋を、トマトとチーズの力でイタリアン風にアレンジした女性受け抜群のグルメ。国産牛もつと、特製スープ、チーズ、トマトピューレ、バジルペースト、パッパルデッレ風平打ち麺などがセットになっています。

メインのもつはミックスホルモンを使わず、厳選された牛小腸のみを使用。ぷりっぷりの食感と、濃厚な旨味が楽しめます。また丁寧に下処理されているので臭みは一切なく、もつ本来のおいしさを堪能できるのが嬉しいです。

キャベツやニラ、きのこ類などお好みの野菜をたっぷり入れて煮込めば、ボリュームも出てお腹いっぱいに。セットの麺のほか、ご飯を入れてリゾットにしてもいいですね。ワインを片手に食べたくなる、おしゃれなお鍋です。

「チーズとトマトのローマ風もつ鍋」はその名の通りイタリアン風もつ鍋です。いろんな味のもつ鍋が出て来ていますが、初めて食べた時「なぜ今まで出なかったんだろう?」と思うほどの相性の良さに感動しました。

もつ鍋の〆といえばちゃんぽん麺やラーメンですが、そこもイタリア気分で。まずは、付属のパッパルデッレ風平打ち麺でパスタをいただいて、さらにスープが残っていればご飯と、さらに自宅にあるチーズを入れ、最後にオリーブオイルをかければ絶品リゾットになります。(aiko*さん/お取り寄せ生活研究家)

フライパンで簡単調理!鎌倉の定食カフェで人気の干物セット

海街
絶品の朝ごはんや昼ごはんを食べられる定食カフェとして、鎌倉で人気のお店「ヨリドコロ」。そこで提供されている干物をまとめたセットです。アジ×4枚、サバみりん×1枚、塩サバ×1枚、赤魚×1枚、カマス×1枚の計8枚が入っています(季節や仕入れにより種類に変動あり)。

干物は、どれも「ヨリドコロ」が味や大きさにこだわって全国から厳選したものばかり。特にサバは、肉厚でボリューム抜群です。

また焼き方の解説もきちんと入っておりフライパンで簡単に焼けるので、初めて干物を自宅で食べる、という方もおいしく調理できます。お店の味を自宅でも楽しみたいという方にもおすすめです。

肉厚で食べ応えのあるサバはかなりのボリュームがあります。干物って食べた気がしないイメージで、あまり我が家では食卓に上がることは少なかったのですが、こちらの干物は焼いてもふっくらするのが特徴。

お店の方にも直伝していただきましたが、フライパンで蒸し焼きにするとあとの洗い物も簡単で、それまで自宅では敬遠しがち、外で食べるものだった干物が我が家の日常になりました。(aiko*さん/お取り寄せ生活研究家)

おとりよせネットでは、他にもaiko*さんおすすめのグルメをご紹介中!ぜひチェックしてみてくださいね。

【2022年下半期】食のプロがおすすめ!全国お取り寄せランキング 〜グルメ編〜

2022.12.12

お取り寄せしてでも食べたい!ご飯がすすむおかず7選

2022.06.20

年間250回以上お取り寄せ!aiko*さんがおすすめのお祝いやギフトに贈りたいお取り寄せスイーツ5選

2022.03.15
クロワッサン餃子

ABOUTこの記事をかいた人

田栗真菜

大学卒業後、航空会社勤務を経て国会議員の秘書に。仕事柄、お取り寄せや手土産情報はくまなくチェックしていました。現在は、ライター・編集者として活動しながら、子育て中です。家族みんなで食べられるおいしいもの、自分だけでこっそり楽しむとっておきのスイーツを日々探しています。