この時期には欠かせない、冷たいスパークリングワインのおすすめ!

フラテッリ・コラーヴォ セットーロ 2018
河原有里さん
(フードコーディネーター・料理家)
総合商社食品部勤務時代に様々な食品原料輸入や加工食品開発を担当、国内外でいろいろと思いっ切り飲んで食べる。料理留学先のイタリアで郷土料理に目覚める。現在はワインや食まわりのコーディネート、企業や店舗、広告等のレシピ・商品開発などで活動中。「食中酒」好き、お酒と食事のペアリングを日々研究中。

過ごしやすい気温、空は明るく、緑がキレイ。永遠に散歩をしていたいけれどそうもいかないので窓を全開にして仕事をする毎日です。

どんなにいい季節でも、湿度がすごく高い日や、気分がもやっとする雨の日もある。そんな時は冷たくてシュワっとしたものを飲むと気持ちがほぐれますね。色々吹き飛ばしてくれる爽快感よ!

今回紹介するワインはイタリアのスパークリングワイン、プロセッコ。

ワイナリー「フラデッリ・コラーヴォ」はヴェネト州、ヴァルドッピアーデネにあります。作っているのはフラデッリ・コラーヴォ三兄弟、小規模のファミリーワイナリーです。

アカシアの花や洋ナシなどの、華やかで優しく、甘い香り。芳醇で柔らかくコクのある果実味。細かくて優しい泡。

「セットーロ」というワインの名前は畑の地名に由来しているそう。自然農法で育てられたブドウを手摘みで収穫。自然農法によって活性化された自然酵母で一次発酵、その後ステンレスタンクで二次発酵後に瓶詰。丁寧に、自然に寄り添って作られたワインです。

柔らか飲み口、しっかりと余韻があり、ほのかな甘み。酸や果実味がしっかりあって、原料のブドウの健全さがうかがえます。よく冷やしてもうま味をしっかり感じられるんです。

国産の果物がたくさん店頭に並ぶ季節になりました。今の時期は柑橘系が多いかな? デコポン、日向夏、黄金柑、きよみ、セミノール、はるか、などなど日本の柑橘ってびっくりするぐらい種類があるんですね。酸っぱいのやら、甘いのやら、香りがいいのやら、なんだかワインの種類のよう。

このワイン、柑橘と合わせたら楽しいです。皮をむいてそのままが一番手軽なおつまみですが、サラダにいれたり、果汁を絞ってドレッシングに使ったり、シーンに合わせてアレンジもたくさん。ぜひ旬の果物と一緒に、心地よいのど越しとうまみを味わってみてください!

「あさイチ」で取り上げられた、スパークリングワイン「たこシャン」

2018.12.19

チーズとワインの相性の基本と、タイプ別おすすめワイン/チーズの基本 vol.5

2018.06.28

コスパ抜群!美味しいスパークリングワインのおすすめ|価格帯・シーン別

2017.02.22
フラテッリ・コラーヴォ セットーロ 2018

ABOUTこの記事をかいた人

河原有里(フードコーディネーター・料理家)

総合商社食品部勤務時代に様々な食品原料輸入や加工食品開発を担当、国内外でいろいろと思いっ切り飲んで食べる。料理留学先のイタリアで郷土料理に目覚める。現在はワインや食まわりのコーディネート、企業や店舗、広告等のレシピ・商品開発などで活動中。「食中酒」好き、お酒と食事のペアリングを日々研究中。