ひんやり冷やして食べてみて!塩がキリッときいたニューヨークスタイルのショートブレッド/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.44

ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り) Amy's Bakeshop(エイミーズ・ベイクショップ)
磯崎舞
(スイーツプロデューサー)
乳業メーカーの広報などの仕事を経て、ライターとして雑誌やwebで記事執筆のほか、フォトグラファー、百貨店の催事を企画する“スイーツプロデューサー”として、スイーツの新たな魅力を引き出し広めている。スイーツの中でも日常に寄り添って小さな幸せを与える存在の焼き菓子に着目。焼き菓子好きのサークル、焼き菓子の輪をInstagramで展開。

いよいよ本格的な夏の到来。夏のスイーツといえば、アイスクリームやジェラート、かき氷が台頭ですが、ちょっと趣向を変えて冷やして食べることもできる焼菓子をティータイムのお供に選んでみてはいかがでしょうか。

美味しさだけではなく、見た目やシェアしたくなる焼菓子をご紹介するこの連載。第44回目は、Amy’s Bakeshop(エイミーズ・ベイクショップ)から「ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り)」をご紹介します。

英国の伝統菓子を独自の感性でアレンジ

エイミーズ・ベイクショップは、東京・西荻窪に2010年にオープンしたニューヨークスタイルの焼菓子専門店。オーナー・吉野 陽美さんが手がける焼菓子は独自の感性が宿り、素朴な温かみがありながらおしゃれで、多くのファンに支持されています。

ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り) Amy's Bakeshop(エイミーズ・ベイクショップ) 中身

今回ご紹介する「ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り)」も、そのセンスにあっと驚いた商品。

ショートブレッドはイギリス・スコットランド発祥のお菓子で通常は細長い四角形ですが、パクッとつまみやすい丸型に。小さな化粧箱に整然と並べ、手土産やギフトにも選びたくなる焼菓子へとアップデートされています。

開業から12年の間で形や製法を少しずつ変えながら現在のスタイルにたどり着いた、吉野さんの想いが色濃く表れた焼菓子でもあります。

冷やして食べるとサクサク感が楽しめる

使う材料は至ってシンプルで、小麦粉、バター、メープルシュガー、コーンスターチ、塩のみ。

空気をたっぷり含ませたバターに、あえて粉はしっかりとすり混ぜ、型にみっちりと生地を押し込みます。そうすることで、さっくりと生地がほどけ、噛めば噛むほどに素朴な小麦のうま味があふれ出すような感覚に。この焼菓子らしい粉の温もりと素直な味わいに心もほっこり癒されます。

ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り) Amy's Bakeshop(エイミーズ・ベイクショップ) さっくりとした生地

そして、くっきりと効かせた塩が名脇役となって、あと味にキレを与え、ほど良いしょっぱさがやみつきに。

冷蔵庫で冷やすと生地が引き締まって、一層サクサク軽やかに感じられます。ひんやりと冷たさも伝わってきて、暑い日でも美味しくいただけますよ。

幾何学模様のようなモダンなロゴが目を引くパッケージ

パッケージは落ち着いたパープルにモダンなデザインがクールな印象。店名のアルファベットをひとつにまとめたロゴは、吉野さんが自らデザインされたものでオリジナリティが光ります。

ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り) Amy's Bakeshop(エイミーズ・ベイクショップ) パッケージ

常温で約2ヶ月と日持ちもよく、手のひらがすっぽり隠れるほどのコンパクトなサイズ感が持ち運びにも便利なので、ちょっとした手土産やギフトにうってつけ。ソルトのほかに、プレーン、レモン、チョコレート、紅茶などのフレーバーがあり、店頭では季節限定も含めて約10種、オンラインショップでは約5種を販売しているので、複数のフレーバーをセレクトして贈ってみてもいいですね。

お気に入りのアイスティーと合わせて、素敵な夏のティータイムをお過ごしください。

キュンと甘酸っぱいレモンカードで楽しみ2倍!専門店のレモンスコーンセット/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.43

2022.06.09

定期的に変わる発酵バターが楽しみ!リピート確定の幸せのクッキー缶/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.42

2022.05.12

“にゃんとも”かわいい!濃厚キャラメルがとろ〜り絡まるクッキーサンド/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.41

2022.04.06
ショートブレッド箱詰め「ソルト」(6粒入り) Amy's Bakeshop(エイミーズ・ベイクショップ)

ABOUTこの記事をかいた人

磯崎 舞さん

乳業メーカーの広報などの仕事を経て、ライターとして雑誌やwebで記事執筆のほか、フォトグラファー、百貨店の催事を企画する“スイーツプロデューサー”として、スイーツの新たな魅力を引き出し広めている。スイーツの中でも日常に寄り添って小さな幸せを与える存在の焼き菓子に着目。焼き菓子好きのサークル、焼き菓子の輪をInstagramで展開。