濃厚クリームがたっぷり! 手土産にしたいレーズンサンドおすすめ10選

北海道レーズンバターサンド(プレーン)

洋酒を吸いこんだレーズンが濃厚なバタークリーム(またはクリーム)に混ざり合い、絶妙な焼き加減のクッキー生地で挟み込まれた魅惑のレーズンサンド。見た目も作り方もシンプルですが、お店によって味わいや食感が少しずつ違うのも魅力の一つです。今回はお取り寄せ出来るレーズンサンドの中から厳選した10個をご紹介します。

老舗洋菓子店のレーズンクッキーはレーズンが苦手な方にも人気

レーズンクッキー15個入り

創業45年の老舗洋菓子店クドウのレーズンクッキーは、レーズンバター部分に創業当時から継ぎ足されてきたシロップを使用。良質な洋酒と共に丁寧に炊き上げており、さっぱりとした味わいでレーズンが苦手な方にも好評です。お中元やお歳暮など、季節のご挨拶用にもおすすめです。

チャイのスパイスが香るエスニックなレーズンサンド

チャイクッキーレーズンサンド

タペストリー柄の箱が可愛い、お持たせにぴったりな逸品。クッキー生地にチャイを入れており、シナモンのスパイス感あふれる香りが新しいレーズンサンドです。エスニックな味わいが好きな方におすすめ。

ダックワーズのふわサクの食感はクセになる♪

レーズンサンド 5個入

食感が一風変わったレーズンサンドといえばこちら。クッキー生地ではなく、ダックワーズ生地を使うことでふわサクの食感を実現。さらにクリームもホワイトチョコレートが入っており、バタークリームとは違った濃厚さがたまりません。いつものレーズンサンドとは違った味わいを楽しめます。

手土産にもぴったり! お茶屋さんが作ったほろ苦サンド

抹茶レーズンサンド

創業109年を誇る岐阜県のお茶屋さんが作る、抹茶にこだわったレーズンサンドです。抹茶クリームの中には大粒のレーズンがごろっと入っており、少しほろ苦いクリームとベストマッチ。一箱12個入りで軽くてコンパクトなので、外国の方へのお土産にも最適です

原材料にこだわったレーズンサンドが食べたい人に!

北海道レーズンバターサンド(プレーン)

クッキー生地の小麦粉をはじめ、レーズンバターまで北海道産にこだわった一品。北海道産のバターがふんだんに使われたクッキー生地は、程よい塩気を感じる濃厚な風味。洋酒がしみ込んだ粒ぞろいの良いなめらかなレーズンバターと相まって、贅沢感のあるレーズンサンドです。

ティータイムにぴったり! パッケージもかわいいレーズンサンド

軽井沢レーズンサンド

レーズンサンドをイメージしたパッケージが可愛い、軽井沢レーズンサンド。しっとりとしたクッキー生地は、お口に入れた瞬間ほろっと崩れます。ラム酒をたっぷり含んだレーズンは瑞々しく、芳醇なバタークリームとの口どけもばっちり。温かい紅茶を淹れてちょっと優雅なティータイムにどうぞ。

大粒レーズンが入った、丸くてキュートなレーズンサンドサブレ

レーズン サンド サブレ

バターサンドの形としては珍しい丸型サブレの中には、赤ワインとハーブだけで煮込んだ大粒のレーズンがぎっしり。京都の寿鶏卵黄と北海道産バターを使用した濃厚なクリームは、紅茶だけではなくピノ・ノワールなどの華やかで酸味が程よい熟成赤ワインとの相性が抜群です。

そば粉を使ったサブレのサクサク感がたまらない♪

そば粉のプレミアムレーズンバターサンド

無添加のだったんそば粉と小麦粉をブレンドしたサブレは絶妙なサクサク食感。冷蔵庫で冷やすと、四ツ葉バターと自家製のラムレーズンがたっぷり入ったクリームの風味とサブレの食感がアップするのでおすすめです。温かいほうじ茶と一緒に戴くと幸せの味です。

お酒に弱い方やお子さんも美味しく食べられる、レーズンサンドの定番!

レーズンウィッチ 10個入り

鎌倉小川軒を代表するレーズンウィッチは、創業当時から地元の人のおやつや贈答品として人気の歴史あるお菓子。ふっくらと煮たラムレーズンは、漬け込む際にアルコール分を揮発させており、香りはそのままに、幅広い年齢の方が美味しく食べられるように工夫されています。

全国菓子博で橘花榮光章を受章した名品

レーズンバターサンドクッキー 10個入

2008年全国菓子博で橘花榮光章を受章した、レーズンバターサンドクッキー。クッキー生地は固めでしっかりとした食感が特徴です。クッキー生地を一枚はがして、レーズンバターをすくうように載せて食べても美味しいですよ♪ 紅茶だけでなく、コーヒーとの相性もGood!

レアドライのレーズンがジューシー♪6種の味のレーズンサンド

2018.12.17

懐かしくも新しい、古き良き町で愛される和菓子店のレーズンサンド

2018.09.18

ぷっくりの厚みで、バターの風味たっぷり

2018.07.10
北海道レーズンバターサンド(プレーン)

ABOUTこの記事をかいた人

武田真理

「食べることは生きること」がモットーのWebライター。食べることも好きですが、「食」に関わる人のバックボーンのお話を聞く方がもっと好きです。最近は仕事の枠を飛び越えて、その商品をつくっている生産者さんやシェフに逢いたくなり、本当に逢いに行きます! おとりよせした商品から皆さんに美味しいご縁が生まれますように!