ウフフと笑顔になる、ママの愛情たっぷりのかわいいドーナツバーセット/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.49

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ
磯崎舞
(スイーツプロデューサー)
乳業メーカーの広報などの仕事を経て、ライターとして雑誌やwebで記事執筆のほか、フォトグラファー、百貨店の催事を企画する“スイーツプロデューサー”として、スイーツの新たな魅力を引き出し広めている。スイーツの中でも日常に寄り添って小さな幸せを与える存在の焼き菓子に着目。焼き菓子好きのサークル、焼き菓子の輪をInstagramで展開。

友人や家族など、なにかと人と集まる機会が多い年末年始がやってきました。その場をさらに楽しく盛り上げてくれるのは、おいしい食事と、やっぱり欠かせないのがスイーツ。可愛さ・おいしさ・話題性の3拍子揃ったドーナツを囲めば、いつもよりお喋りが弾み、絆が一層深まること請け合いです。

美味しさだけではなく、見た目やシェアしたくなる焼菓子をご紹介するこの連載。第49回目は、ウフフドーナチュから「ミニドーナツバー8本ギフトセット」をご紹介します。

ママ目線で作られた温もりあふれるドーナツ

「ママが子どもたちのために作ったから、ドーナツではなくドーナチュ」そんな店名の由来を聞くだけで、思わずウフフとほおが緩んでしまいそうになるのが、石川県金沢市にあるドーナツ専門店のウフフドーナチュです。

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ 大きさ

スタッフは全員女性で、その中のほとんどが小さな子どもをもつママ。「体にやさしくおいしい手作りドーナツを子どもたちに」と、愛情いっぱいに作られたドーナツは多くの人の心を掴み、2021年8月に長野・軽井沢に2店舗目がオープン。さらに、北海道から鹿児島までの百貨店やスーパーでも販売され、全国各地においしいウフフの輪が広がっています。

手に取った瞬間ときめくドーナツバーに誰もが虜に

今回ご紹介する「ミニドーナツバー8本ギフトセット」は、まるでペロペロキャンディのような棒付きで、カラフルなデコレーションに大人も子どもと一緒になってはしゃいでしまうでしょう。お皿に並べたり、手に持って、可愛く写真を撮って楽しんでみてくださいね。

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ パッケージ

箱からドーナツを取り出すと、底一面にウフフドーナチュ店長の日記が書かれていてほっこり。ユーモアたっぷりの仕掛けは誰もが笑顔に。

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ メッセージ

しっとりふわっ♪パクパク食べられる軽やかな仕上がり

「ママが子供たちに食べさせたいドーナツ」をコンセプトに掲げ、保存料は無添加。地元産の卵や旬の素材を使って丁寧に手作りしています。こね上げやフライの時間、生地の温度を季節毎に細かく調整し、完成後すぐドーナツを冷凍しているため、油っぽくなく出来たての食感のまま。しっとりふわっとした口当たりとやさしい味わいは、ママの愛情を感じます。

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ ふわっとした食感

その時々によって⁡デザインやフレーバーは変わりますが、レモン、ホワイト、キャラメル、いちご、抹茶などのチョコレートがコーティングされています。

香ばしく濃厚で満足感のある「キャラメル」や、まろやかな甘味に酸味が伝わる「レモン」もおいしいのですが、私の一番のお気に入りは「ホワイトチョコ」。素材を活かしたやさしい味わいを一番シンプルに堪能できます。

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ ホワイトチョコ

ドーナツは直径約6cmの小ぶりなサイズで、棒が付いているから手が汚れないのも嬉しいポイントです。

ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ 棒付き

お取り寄せをすると冷凍状態で届き、室温に30分置いておくだけで食べられるので、準備に手間がかからず楽チン。8本のほか、12本、20本のセットもあるので、シーンに応じてチョイスしてみてくださいね。

ほろほろとろける食感に虜!栗の名産地「笠間」の栗を使ったかわいいクッキー/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.48

2022.11.04

サトウキビの搾りかす“バガス”を使った、環境と体にやさしいサステナブルなクッキー缶/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.47

2022.10.07

ぷっくりコロン♪まるでレモンの形そのままのかわいらしさのレモンケーキ/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.46

2022.09.08
ミニドーナツバー8本ギフトセット ウフフドーナチュ

ABOUTこの記事をかいた人

磯崎 舞さん

乳業メーカーの広報などの仕事を経て、ライターとして雑誌やwebで記事執筆のほか、フォトグラファー、百貨店の催事を企画する“スイーツプロデューサー”として、スイーツの新たな魅力を引き出し広めている。スイーツの中でも日常に寄り添って小さな幸せを与える存在の焼き菓子に着目。焼き菓子好きのサークル、焼き菓子の輪をInstagramで展開。