うどんに入れて「ごぼ天うどん」に! 宮崎のごぼうチップス

ゴボチ プレーン醤油味 デイリーマーム
甲斐みのりさん
(文筆家)
旅、散歩、お菓子、手みやげ、クラシックホテルや建築、雑貨や暮らしなどを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。著書は『地元パン手帖』『お菓子の包み紙』など35冊以上。

2年ほど前から、仕事で定期的に宮崎県に通っています。宮崎の名物といえば、地鶏、チキン南蛮、マンゴーなどのイメージが強くありますが、宮崎で過ごす何泊かの中で、朝や昼に必ず食べているのが、柔らかい麺が特徴のうどん。宮崎には町のあちらこちらにうどん店があって、地元の人はそれぞれに自分の好みを持っています。

私はまだまだ宮崎うどん初心者ですが、それでも自分なりのこだわりができました。どのうどん店でも、そこに自家製の「ごぼ天(ごぼうの天ぷら)」があれば、必ずトッピングして味わうこと。

宮崎に限らず九州のうどん屋にはほとんどと言って大げさ出ないほど、当たり前に自分の店でごぼ天を揚げていますが、東京のうどんやで見かけることはあまりありません。ときどき東京でもごぼ天うどんを再現したくなるのですが、この「ゴボチ」に出会ってから、気軽に家でも、ごぼ天風うどんを味わえるようになりました。

ささがき状にカットした食物繊維たっぷりの国産ごぼうを素揚げして、かつおぶし、昆布、しいたけ、ちりめんの旨味が詰まっただし醤油で味付けした、無添加のごぼうチップス。パリボチ歯切れのいい食感で、スナック菓子としてそのまま食べても手が止まりませんが、料理にもアレンジできるのです。

先述したように、うどんにトッピングしたり、サラダや冷奴に合わせたり。隠し味としてハンバーグやお好み焼きに加えても美味しさが倍増します。

一袋が500円以下と手頃な価格なので、まとめ買いしておみやげに配るようになりました。お酒を嗜む人、健康志向の人、料理好きの人、減量中の人、子どものおやつに……。幅広い層に喜ばれ、差し上げた人もリピーターになるほど。

最初に私がゴボチを知ったのは、宮崎県高鍋町にある、宮崎をはじめ国内の食材を集めた販売所や、フードコート、ゴボチの製造工場がある複合施設「ママンマルシェTAKANABE」です。ゴボチ・プレーン醤油味の他にも、ピリ辛味や和風味などの試食を楽しみました。最近は、宮崎が地元の方と話すときは、ゴボチの話題で盛り上がるほどのファンに。家の常備が切れると、取り寄せしなければと思うのです。

とろり滑らか♪ オーブントースターで焼くだけでできるバター餅

2019.07.07

大人も子供も楽しめる! バラエティー豊かなミックスかりんとう

2019.01.29

お酒のおつまみにも人気♪さきいかがたっぷりの南部せんべい

2018.10.31
ゴボチ プレーン醤油味 デイリーマーム