神戸の気鋭パティシエ達が提案!コーヒー&ショコラが芳醇に香るお土産スイーツ

オリジンコウベ ORIGINE KOBE

「ORIGINE KOBE(オリジンコウベ)」というのは、神戸を代表する7人のパティシエによるプロジェクト名です。参加しているのは、「パティスリー・モンプリュ」、「ラヴニュー」、「パティスリー・アキト」、「ラトリエ・ドゥ・マッサ」、「アグリコール」、「パティスリー・エトネ」、「元町ケーキ」のシェフ達。明治時代以降、貿易港として開かれ、早くから洋菓子文化が発展してきた神戸。そんな菓子職人魂を継承するこのプロジェクト。2015年4月の起ち上げから、私もずっと注目してきました。

そしてついに、今年3月、初の「お土産菓子」として、プロジェクト名と同じネーミングの焼き菓子、「ORIGINE KOBE(オリジンコウベ)」が発売されたのです。これまで2年間、テーマ性のある生菓子が販売されてきましたが、これならば、旅行のお土産として買って帰ることも、お取り寄せも可能です。

直径15cmのホールサイズ。土台はタルト生地で、コーヒー風味のチョコレートブラウニーの上にダックワーズ生地を絞って焼き上げています。ブラウニー生地の中には、ソーテルヌワインに漬け込んだレーズン入り。お子様も大好きなおやつというイメージのブラウニーですが、こちらは、コーヒーのほろ苦さと香りがしっかりと感じられるビターな味わいで、かなり大人向け。さらに、上品な甘さとキレのあるソーテルヌワイン漬けのレーズンが上質感を醸し出します。

普段、生ケーキをあまり召し上がらない男性の方にも、これならば気に入っていただけそう。コーヒーや紅茶とはもちろん、甘口ワインなどお酒にも合うとのこと。父の日のプレゼントや、上司へのギフトなどにもぴったりなお菓子です。

このお菓子のレシピには、コーヒーやアーモンド、チョコレート、レーズンといった、海外からもたらされた神戸にゆかりのある食材を採用し、「ORIGINE KOBE」参加の各店で同じレシピを共有しています。

「ラヴニュー」の平井茂雄シェフは、東京のホテル「グランド ハイアット 東京」にいらした2009年に、「ワールドチョコレートマスターズ」というチョコレートの世界大会で優勝した方。その後、地元である神戸で、2012年にご自身のお店をオープンされました。

実は、このお菓子のベースは、元々、「ラヴニュー」で販売していたブラウニーのレシピを活かし、さらに、以前から試作を重ねていたレーズンのソーテルヌ漬けも集約する形で、7人のパティシエ達の力を合わせて完成させることができたそうです。

家族や友達同士でシェアするのにもちょうどよいボリューム感の「ORIGINE KOBE」。新進気鋭のパティシエ達による、でもどこか懐かしい味わいを楽しんでみてください!

平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

「食べて後悔しない」ケーキ!大人のための濃厚レアチーズケーキ

2018.06.22

ダイエット中だからこそ厳選して食べたい!砂糖不使用、グルテンフリーの「お野菜パウンドケーキ」

2017.07.28

特別な日に選びたい!銀座・日本料理店から生まれた極上パウンドケーキ「くろまめへしれけーき」

2017.03.29
オリジンコウベ ORIGINE KOBE

ABOUTこの記事をかいた人

平岩理緒(お取り寄せの達人)

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。