【編集部で試食】母の日のプレゼントにしたい! ごろごろ野菜でヘルシーな贅沢ポタージュセット

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ 

2021年の母の日は5月9日。「ここ最近はなかなか直接会えないし、いいものを贈りたい、でも何を贈ろうか……」と悩んだり、お母さんの喜ぶ顔を思い浮かべつつ、楽しくあれこれと考えている方も多いかもしれませんね。

そんな方におすすめしたいのが、ポタージュ。

いそがしいときには手軽に調理ができて、ぱっと食べられる。あと一品足りないなと思うときには、さっと作って食卓に加えることができる。野菜が補えて、いろいろな味わいもあって食べやすいので、好き嫌いなく食べられそう――。

そんな日常の中で活躍してくれるポタージュは、贈り物にとってもおすすめなんです。

さまざまなポタージュがありますが、中でもお母さんへのギフトとしておすすめしたいのが、カゴメの『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』。カゴメ独自素材の”野菜だし”を使った、通販でしか手に入らない特別なポタージュセットなんです。

カゴメ 盛り付け例

野菜へのこだわりがギュッと詰まったポタージュセット

『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』は、数ある素材の中からカゴメが選んだ野菜や豆をふんだんに使い、食べごたえと満足感の高さが特徴的なポタージュです。

特に注目なのが野菜の旨みがギュッと詰まっている、カゴメ独自の野菜だしを使っていること。

4種類の国産野菜(※記事内容は、2021年3月時点のものです)を、苦みが出ないように、じっくり時間をかけて丁寧に炒めて煮出した野菜だしを使うことで、複雑で奥深い味わいのポタージュに仕上げられています。

『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』に入っているテイストは4種類。鮮やかなパッケージで目を惹きます。1袋(140g)当たりの塩分は1g以下、カロリーは100kcal以下で健康に気遣って作られている、というのも嬉しいポイントです。

今回は、この『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』を編集部員が試食。実際に食べてみて、その美味しさについて語りました。

届いて嬉しい!味わって美味しい!満足度大のポタージュセット

試食用に届いたのは、贈り物にもぴったりのかわいらしい箱。編集部員からも「野菜の絵がかわいらしくて、届くと嬉しくなる!」という声が聞こえます。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ パッケージ

さっそく箱を開けて、中を確認。箱の中には16袋入っていて、それぞれの味わいに合わせた鮮やかなパッケージにテンションも上がります。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ 開封

食べ方は簡単。お湯で温める場合は、袋(パウチ)の封を切らずに、そのまま熱湯の中に入れ、2~3分沸騰させるだけ。電子レンジで温める場合は、容器に入れて、500Wなら約1分20秒、600Wなら約1分10秒、温めるだけ。

それぞれセットの中から選んでもらい、さっそく温めます。箱にしっかり入ったパッケージを見たおとりよせネット編集長からは「毎日野菜たっぷりのスープを用意するのは大変ですが、このセットがあれば毎日の気分や体調に合わせて選べて、調理も手軽! 母も喜んでくれそう」という声が聞こえます。

パン屋で買ってきたバゲットやイングリッシュマフィン、ホットサンドを用意して、試食会スタート!

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ いただきます

今回、それぞれが選んだのは、編集長が『かぼちゃのポタージュ』、編集部員Uが『豆と根菜のポタージュ』、編集部員Sが『ブロッコリーとほうれん草のポタージュ』。

まずは編集部員Sが『ブロッコリーとほうれん草のポタージュ』をひとくち。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ ブロッコリーとほうれん草のポタージ 試食

「ブロッコリーとほうれん草のポタージュって、なかなかないので特別感がありますね。緑くささもなくサラっと飲めて、きっと子どもでも抵抗ないと思います。出汁がきいてクセもないので、毎日飲んでも飽きなさそう」と満足げ。

そして「いろいろな種類のお豆や根菜が入っている上に、お豆がとてもやわらかくなっているので、年配の方から子どもまで食べやすい」と言うのは、『豆と根菜のポタージュ』を食べた編集部員U。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ 豆と根菜のポタージュ 試食

「高齢の両親は肉より魚やお豆を好むようになってきたし、母の日にいつまでも健康でいてほしい気持ちを込めて贈りたい」そうです。

『かぼちゃのポタージュ』を食べた編集長は、「かぼちゃのポタージュは甘みが前面に来るものが多いですが、このポタージュはかぼちゃのホクホクとした優しい美味しさをしっかりと楽しめますね」と言いつつ、バゲットにつけて食べてみたところ驚きの表情に。「スープもとろみがあり、しっかりとパンに絡んでパンとの相性抜群!」とのことですよ。

野菜と豆の具だくさん かぼちゃのポタージュ

手間をかけて丁寧に作られた4つの味わい

このあと楽しい試食会が続きましたが、それぞれ他のテイストについても試食してもらいました。

自然な緑色のスープは、野菜をしっかり食べている感じがして嬉しい(編集長)

緑野菜の奥深い風味と旨みが味わえるのが『ブロッコリーとほうれん草のポタージュ』。ブロッコリーやほうれん草など、6種の野菜と2種の豆を使ったポタージュです。

野菜と豆の具だくさん ブロッコリーとほうれん草のポタージュ

彩りとしても『緑が足りないな……』という時にあると助かります」と言う編集部員U。子どもと一緒に食べてみたところ、「野菜の風味は感じるけど青臭さはないので、子どももおいしそうに食べていた」そうです。

編集長もその彩りについて「テーブルにプラスすると、緑が彩りを添えてくれますね」と注目。「さらりとして、野菜と出汁の美味しさをじんわりと体の内側から感じられる」そうです。

あっさりだけどずっしりとたまる感じで、腹持ちがよさそう(編集部員S)

5種の豆と3種の根菜を丁寧に煮込み、隠し味に白みそや醤油を使うことで、和風仕立ての味わいが楽しめるのが『豆と根菜のポタージュ』。

野菜と豆の具だくさん 豆と根菜のポタージュ

「クリーミーだけど出汁の美味しさも感じられて、自分でこの味は作れないですね。和食が好きな母にも、喜ばれそう」と驚きを隠せない編集長。編集部員Sは和風仕立てのポタージュとのことで、実際におにぎりと一緒に食べてみたところ、「サッパリと飲めて、味噌汁のかわりとか、和食の献立にもぴったり」だったそうですよ。

かぼちゃのほっこりやさしい甘みを感じる(編集部員U)

かぼちゃを生のままカットし、丁寧に煮込んで作られた『かぼちゃのポタージュ』は、かぼちゃのやさしい甘みとほくほくした食感を堪能できる一品。

野菜と豆の具だくさん かぼちゃのポタージュ

編集長も驚いていましたが、「パンやバケットに合わせるとバランスのとれた朝食になる!(編集部員U)」「パンをつけるならやっぱりこれ!(編集部員S)」と、やはりパンとの相性が抜群。

トマトってやっぱり美味しいんだな~と納得できる味わい(編集長)

カゴメこだわりのトマトなど、7種の野菜と赤いんげん豆を煮込んだ『トマトのミネストローネ』は、まろやかでトマトの酸味も少なく、大人も子どもも喜びそうな味わい。

野菜と豆の具だくさん トマトのミネストローネ

カゴメと言えばトマトを思い浮かべる方も多いかと思いますが、「自分で作るとトマトの酸味が気になってしまうけど、まろやかで旨味と酸味のバランスが絶妙(編集部員U)」「トマト味が活きた味わい。トマトってやっぱり美味しいんだな~と納得できる(編集長)」と、イメージを裏切ることなく、さすがと思わせてくれるのがこのポタージュ。

また、「マカロニやお米を入れて、溶けるチーズとか加えて食べると美味しそう(編集部員S)」といったアレンジのしやすさも、おすすめポイントです。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ 試食会

贈ればお母さんの笑顔が思い浮かぶポタージュセット

野菜や豆の具だくさんのポタージュでありながら、「1袋あたりカロリー100kcal以下、食塩も1g以下で、健康面を気にしている母親へのプレゼントとして、とてもありがたい(編集部員U)」というヘルシーさ。「いい意味でおしゃれすぎず、落ち着いた可愛さがある(編集部員S)」というパッケージ。

そして「常温で長期保存もできる(※)ので、いざという時にストックしておけて場所も取らないのも、相手に負担をかけず、贈る側としてもギフトとして選びやすい(編集長)」という便利さと気遣い。
※賞味期間は、製造日から2年間(730日)です

4種類がセットになっているから、「次は何を食べようかな」とお母さんにわくわくしてもらえる楽しさもあります。

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ スプーンですくって食べる

母の日は感謝を伝えるのはもちろんですが、いつまでも健康でいて欲しいと願う人は多いでしょう。素材の味わいを大切し、健康と味わいにこだわるカゴメだからこそ作ることができた『野菜と豆の具だくさんポタージュセット』なら、母の日の感謝と願いを伝えるプレゼントにぴったりです。

【PR:カゴメ株式会社】

野菜と豆の具だくさんポタージュセット カゴメ