選ぶ、溶かす、食べる。楽しみがたくさん詰まった、センス良しの「スープ最中」

MAM SOUP SET01
TOMOKOさん
(家庭料理研究家)
おとりよせネット開設時よりスタッフとして関わり、「お取り寄せの達人」や「テレビおっかけ隊」の連載を担当。平日は中堅サラリーマンとしてせっせと働く、週末限定の兼業料理研究家です!

今回は、ホワイトデーにいただいた胸きゅんの逸品(笑)をご紹介。

それはこちらMAM CAFEが手掛けるマカロンみたいにキュートな「スープ最中」。絶妙な色合いがとっても素敵でしょ。天然の着色料を使用しているというだけあって自然で優しい色彩ですよね。

MAM CAFEは、日本全国から探し出した、まだ世に出ていない「おいしいもの」にデザインを加え、誰かにあげたくなるひと味変わったお土産を提案しているそうで、この最中もまさにコンセプトどおりなんです。

こちらはただ可愛いだけではなくて、自家製粉した北陸産の新大正米100%のモチ米を使った最中に、コーン、トマト、オニオン、クラムチャウダーといった4種類の粉末スープを閉じ込めた本格的なもの。食べ方はいたって簡単で、お気に入りのカップに最中ごと細かく割り入れ、150mlの熱湯を注ぎくるくるとかき混ぜれば、2秒で完成するんです。

細かく砕いたモチ米の最中が、お湯で柔らかく戻り、スープにほど良いとろみと、ボリュームを与えてくれます。また一つ一つ手作りで薄く伸ばしたモチ米を、手作業でカットし焼き上げているそうで、もっちり感と立ち上る香ばしさがとっても美味しいんですよ。

スープはいずれも個性的で、最中に負けない味になっており、中でも私は魚介の旨みを強く感じるクラムチャウダーが気に入りました。
起きがけに寝ぼけ眼でおしゃれな箱を開け、その愛らしい姿形に癒されながら一つ選ぶ。ささやかだけど幸せなひとときですよね。私はこれをプレゼントしてくれた方に感謝しつつ、そのセンスの良さにちょっと見直しちゃったりして!

私がいただいたのは、朝食向けのライトな味わいの4種セットだそうですが(それでも十分に満足感を得られます)、他にも小腹が空いたときや夜食にぴったりな3種セット(カレー、クリームチーズ、パンプキン、デミグラス)もあるそうなので、相手の好みや食べるシチュエーションを想像しながら選んで贈るのも楽しいですね。

選ぶ、溶かす、食べる。楽しみがたくさん詰まったスープ最中で、あげる喜び、もらう喜びを感じませんか。

1袋100kcal以下!野菜と豆たっぷりのヘルシーポタージュ

2019.02.15

身も心も「ホッ」とする美味しさ♪甘くて濃厚な野菜ポタージュ

2018.12.28

お歳暮に味噌汁!?笑顔がかわいい「味噌汁最中」できっと伝わる感謝の気持ち

2016.12.16
MAM SOUP SET01