チーズのプロが作る“映える”チーズケーキに驚き!「A WORKS」(学芸大学)/行くべき!美味しいチーズ専門店 vol..6

AWORKS レインボーケーキ
小笠原由貴さん
チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰
旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。質の良い食材を求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、記事執筆を行う。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。

「とってもオシャレで素敵なチーズケーキ屋さんがあるの! しかもちゃんとチーズプロフェッショナルの資格を取った人がやっていて、彼もとても素敵な人なの! 一緒に行ってみない?」と、チーズ界の重鎮のお誘いでランチに伺ったのがA WORKSさん。お店で目にしたチーズケーキたちは、どれもカラフルで見たことのないものばかり。ポップでオシャレで遊び心いっぱい。でもそれだけではない!

今回は、そんな個性溢れるニュータイプのチーズケーキカフェ、A WORKSさんをご紹介します。

AWORKS ドア

倉庫をリノベーションして作られた雰囲気のあるお店

東急東横線 学芸大学駅から徒歩約8分。倉庫をセンス良くリノベーションした店舗は、落ち着きのある住宅街に位置し、隣は緑豊かな公園。看板に気付かないと見逃してしまいそうな、ちょっと見付けにくいお店かもしれません。

建物の外階段を上って2階の扉を開けると、店内は雰囲気のあるグレーの壁とナチュラルな木の家具、そして色味を抑えたドライフラワーでまとめられていて、シックでナチュラルな雰囲気です。

チーズケーキは店舗に入ってすぐのショーケースに。200以上はあるレシピの中から、定番もの、季節もの等、12種類ほどが並んでいます。

チーズケーキが中心のカフェではありますが、アジア料理を中心としたランチが楽しめたり、22時までと夜遅くまで営業しているのも魅力です。

レインボーチーズケーキなど、“映える”チーズケーキがたくさん!

A WORKSさんを代表するケーキと言えば、なんといっても「レインボーチーズケーキ」! 名前の通りレインボーカラーが鮮やかで、その極彩色は衝撃的。日本にこんなケーキがあったのか!と驚きです。そんな一度見たら忘れられないカラフルなケーキですが、チーズ感のしっかりとしたお味は意外にも本格派。添えられたレモンを絞って味の変化も楽しめます。

AWORKS レインボーケーキ

また立体感のあるクリームサンドタイプもおすすめ。素材の色が映える断面も美しく、ぜひ食べていただきたいチーズケーキです。季節のフルーツを使った期間限定ものも都度登場するので、見逃せません。

AWORKS クリームサンド

そんな“映える”ケーキが並ぶ一方で、ゴルゴンゾーラやパルミジャーノ・レッジャーノ等の上質ナチュラルチーズを使ったシンプルなタイプも。こちらのタイプはとにかく使っているチーズの量がふんだん!ガツンとくる濃厚なチーズ感で、味と満足感は想像以上。チーズの状態の良さをも感じ、ワインが欲しくなる本格味は、チーズ好きをも唸らせます。

AWORKS ナチュラルチーズのケーキ

そしてどのケーキにも感じる驚きが、食後でも1~2個ぺろりと食べられてしまうこと! 見た目からしてボリューミー、実際チーズがぎゅっと詰まった重量級なので、決して軽いケーキではないのですが、材料の良さ、レシピの良さ、甘すぎない味、塩味のアクセント、素材感等が絶妙なバランスなのです。

見た目だけでなく、味、質にも妥協のないケーキたちは、カワイイもの好きの女子も、ナチュラルチーズを食べ込んだチーズ通たちをも惹きつける、今までに無かったタイプです。

チーズのプロが作るチーズケーキ

そんなA WORKSさんの気になる店主は、チーズケーキ研究科でチーズプロフェッショナルでもある船瀬洋一郎氏。もともと建築関係の仕事を長く続けたのち、アパレルの仕事を経験してから飲食の世界へ、という異色の経歴。そしてその経歴は、店舗デザイン、内装、そしてケーキのデザインやレシピ考案にも遺憾なく発揮されています。

現在はA WORKSを営みつつ、様々な人や企業ともコラボイベント開催している船瀬氏。すでに15年以上もチーズケーキを作り込んでいる経験は、「どんなものを使っても思った通りのチーズケーキを作れる!」と言いきれるほど。さらに1日1つはチーズケーキを食すとの事で、研究にも余念がありません。

また、作っているケーキの見た目のよさもあって「味は二の次だと誤解されたくない!」との思いから、チーズの勉強をしてチーズプロフェッショナルの資格も取得。きちんとした専門知識を身に付けた上でチーズケーキを作っている努力家でもあり、今後も楽しみです。

さらなる進化を目指すA WORKS

常に変化を求める船瀬氏には、A WORKSでやりたい構想がいろいろ。たとえば、「ハワイにお店を持ちたい!」「農家さんとコラボして世界各地で野菜とチーズのケーキを作りたい!」「牛・羊・山羊乳のあらゆるチーズケーキを作りたい!」「YouTubeやメディアでチーズの情報を発信していきたい!」などなど、ワクワクする事ばかりでこれからも目が離せません。

AWORKS チーズケーキ

チーズケーキを通して、チーズには“のびる”“とろとろ”以外にもいろいろある事を知ってもらい、チーズにより興味を持ってもらえたら、との思いで日々進化し続けているA WORKSさん。これから益々人気店になりそうです。ぜひ一度行ってみて下さいね!

ここだけのチーズが味わえる、わざわざ行きたいお店「サロン・ド・テ・チーズ王国(立川)」/行くべき!美味しいチーズ専門店 vol.5

2019.06.12

毎日でも立ち寄りたくなるチーズ屋さん「アルパージュ(神楽坂)」/行くべき!美味しいチーズ専門店 vol.4

2019.05.15

日本のチーズ専門店の草分け「フェルミエ」/行くべき!美味しいチーズ専門店 vol.3

2019.04.11
AWORKS レインボーケーキ

ABOUTこの記事をかいた人

小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)

旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、チーズについての記事を執筆。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。