一枚一枚丹念に焼き上げたこだわりの、大人気のクッキー缶/思わずジャケ買い!な手土産 vol.15

レガル・ド・チヒロ
池守りぜねさん
ライター。グルメ雑誌の編集などを経て、女性向けのweb媒体で書いています。カフェとカレーとデパ地下グルメ巡りが趣味。料理は作るのも食べるのも好き。最近は、器に興味があります。素敵なお取り寄せ商品をどんどん紹介していきたいです。

SNSで見たグルメやスイーツの見た目やパッケージが可愛いと、つい食べてみたくなりませんか? SNSにアップするとつい目を奪われて、思わず“ジャケ買い”をしてしまいそうな見た目やパッケージの商品をご紹介するこの連載。第15回目は、フランスでお菓子修業をしたパティシエによる焼き菓子「RÉGAL DE CHIHIRO(レガル・ド・チヒロ)」です。レトロな色合いの缶には、7種類の焼き菓子たちが入っています。

老舗喫茶店が手掛けるフランス仕込みの本格派スイーツ

「レガル・ド・チヒロ」は、名古屋に本店を構える「カフェタナカ」の人気商品。商品名にある「RÉGAL」とは、“美味しいごちそう”という意味だとか。高級感のあるゴールドの文字が光る缶と、クラシックなデザインから洗練されたセンスを感じられます。

「カフェタナカ」は、1963年に自家焙煎珈琲専門店として創業されました。「父の作ったコーヒーにあうフランス菓子を作りたい」と考えた創業者の娘である田中千尋さんが、パリで菓子作りを学んでリニューアルさせたのが「カフェタナカ」です。創業50年以上となる歴史だけではなく、パティシエのこだわりの味や、食べてみたくなるメニューの数々が人気の秘密のようです。名古屋にある本店では、フランス仕込みの本格派スイーツもイートインスペースで食べられます。

素材を生かした優しい手作りの焼き菓子

ピスターシュグリーンのレトロなレリーフ缶の中身は、食べやすい大きさのクッキーやメレンゲがずらり。

レガル・ド・チヒロ 開けところ

発酵バターをたっぷり使った「ガレット・ブルトンヌ」は、バターのほのかな甘さが口の中いっぱいに広がっていきます。「フロランタン」は、アーモンドの香ばしさにくわえ、ザクザクとした食感が何枚でも食べてしまいそうになります。オレンジの風味がほのかに香る「サブレ・ココ」、「クロッケ・オン・ザマンド」は、アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツがたっぷりと入った贅沢な味。

他にも「サブレ・ディアマン・ショコラ」「クロッカン・ノワゼットカフェ」「ムラング・フランボワーズ」といった、口どけや食感の違うクッキーがセットになっています。

少しずつ盛り付ければ、ちょっとしたティーパーティーも楽しめます。芳醇な味のクッキーには、香り豊かな紅茶と合わせてみては。バターのコクのある味には、紅茶のシャンパンともいわれるダージリンや、ミルクティーにしても味をそこなわないアッサムなどの濃い目の茶葉の紅茶と合わせてみるのもお薦めです。

缶は縦が約20センチ、深さも5.3センチと大きいため、食べ終わった後もちょっとしたオフィス文具入れや、付箋や封筒などをまとめるためなど重宝しそうです。インターネットなどでは、ひらたくて大き目の可愛らしい缶を、裁縫箱として使うのも人気なようです。気に入ったデザインなら、使うたびに嬉しい気持ちになりそうです。

レガル・ド・チヒロ 各種

大人女子のおもたせとしても恥ずかしくないようなシンプルなデザイン缶と、一枚一枚香ばしい焼き菓子の味が、多くの人たちに支持されています。さらに厳選素材にこだわっているため、大量生産できず数量限定となっています。そのためオンラインでは売り切れていることも多いので、こまめにチェックしてみてください!(売り切れの場合は、次月の月初頃に再販されるそうです)

食べるのがもったいない! 透明感が美しい和菓子/思わずジャケ買い!な手土産 vol.14

2019.09.03

とぼけた表情の動物に一目惚れ。本場フランスの味わいが楽しめるフィナンシェ/思わずジャケ買い!な手土産 vol.13

2019.08.02

金魚が泳ぐ!? 夏限定の見ためも味わいも涼やかな和風ゼリー/思わずジャケ買い!な手土産 vol.12

2019.07.03
レガル・ド・チヒロ

ABOUTこの記事をかいた人

池守りぜね

ライター。グルメ雑誌の編集などを経て、女性向けのweb媒体で書いています。カフェとカレーとデパ地下グルメ巡りが趣味。料理は作るのも食べるのも好き。最近は、器に興味があります。素敵なお取り寄せ商品をどんどん紹介していきたいです。