“濃厚な味”が店名の由来。専門店が作る濃厚チーズケーキ/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.3

チーズケーキ NOCOA
小笠原由貴さん
チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰
旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。質の良い食材を求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、記事執筆を行う。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。

チーズの美味しさがたっぷり味わえるチーズスイーツをご紹介するこの連載。第3回目は、大阪発のチーズケーキ専門店、NOCOA(ノコア)の「チーズケーキ」をご紹介します。

このチーズケーキは、スイーツ好きの友人からちょこちょこ評判を聞いていて気になっていたところ、折よく友人からプレゼントしていただきました。それを機にすっかり私のお気に入りに。そんなプレゼントにしても喜ばれるのが、NOCOAチーズケーキです。

NOCOAのチーズケーキは、パッケージが素敵!

ケーキには、スモール、ミディアム、ラージの3サイズがありますが、スモールサイズを購入すると入れてくれるのが、こちらのバッグ!

持ち手の付いた巾着型にリボン、そして高級感のあるブラック×ゴールドの色使い。これはもう、袋だけでもらっても嬉しいレベル! 袋欲しさにケーキを買ってしまいたくなるくらいの引力です!

チーズケーキ NOCOA パッケージ袋

ちなみにミディアム&ラージサイズを購入すると、こちらのこれまた素敵な紙袋に入れてくれます。

チーズケーキ NOCOA 紙袋

こんな袋に入ったチーズケーキをプレゼントされたら、それはそれはもう嬉しくて気分も上がります!

そして袋の中から現れるのが、こちらの洗練されたカッコイイ箱! 人をワクワクさせる包装って、やっぱり大切。そこには、‟人を喜ばせたい!“ そんな気持ちも込められているように思うのです。

チーズケーキ NOCOA パッケージ

濃厚でありながらくどさなし! 後味も風味良く上質

箱を開けると、いよいよチーズケーキが現れます。スモールサイズは約9cm×6cmの楕円形、ミディアムサイズは直径約10cmの丸形と、ちょっと小ぶりですが、しっかりめに焼き込まれた美味しそうな色と良い香りで、食べる前から幸せな気分です。

チーズケーキ NOCOA スモール

まずはミディアムサイズを一切れカット。表れた断面はキメの細かい生地が詰まっていて、見るからに濃厚そう。

チーズケーキ NOCOA ミディアム カット

一口食べると、口どけ良く舌触りはとてもなめらか。そしてチーズの優しい風味とコクのあるミルク感が豊かで、卵の風味も活きています。確かに濃厚な味わいなのですが、控えめな甘さとチーズの酸味でくどさは無く、いくらでも食べられそう! この味の構成バランスが絶妙です。

また、食べた後に残る後味が どこまでも風味良く上質。材料は、フランス産クリームチーズ、生クリーム、グラニュー糖、卵、小麦粉、バター、コーンスターチと、ごくシンプル。余計なものが入っていない嬉しい構成ですね。

バターはフランス産、有名なエシレのものを使っているとの事なので、そういった素材の質の良さもこの上品で繊細な味わいに表れているように思います。

ちなみに食べる時は、冷たい状態よりも常温に戻ったくらいが私のおすすめ。より滑らかな舌触りと、チーズやバターの風味を堪能できます。

チーズケーキ NOCOA スモール カット

NOCOAのチーズケーキはネットショップでも購入できますが、都内在住者にとって嬉しい事に、東京 中目黒店も昨年オープン。ぐっと入手しやすくなりました。

なお、店名‟NOCOA“の由来は「濃厚な味」から。その名の通り、濃厚な味わいのチーズをぜひ試してみてくださいね!

フランス発ブランドの「ベイユヴェール」が作るアイスフロマージュサンド/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.2

2019.11.12

低糖質が嬉しい人気のチーズケーキ「スフレ・オ・フロマージュ」/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.1

2019.10.18

2019年注目のスイーツ! スペインの真っ黒チーズケーキ「バスクチーズケーキ」おすすめ5選

2019.08.29
チーズケーキ NOCOA

ABOUTこの記事をかいた人

小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)

旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、チーズについての記事を執筆。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。