フランス発ブランドの「ベイユヴェール」が作るアイスフロマージュサンド/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.2

サンド グラッセ フロマージュ
小笠原由貴さん
チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰
旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。質の良い食材を求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、記事執筆を行う。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。

チーズの美味しさがたっぷり味わえるチーズスイーツをご紹介するこの連載。第2回目は、ベイユヴェール(beillevaire)の「サンド グラッセ フロマージュ」をご紹介します。

ここ数年、日本でも店舗をじわじわと増やして存在感を増しているフランスの乳製品ブランド、ベイユヴェールが生み出す、見た目にも美しいアイスチーズクリームのクッキーサンド。「ちょっと甘いものが欲しいな」。そんな時のために、冷凍庫に常備しておくと嬉しいスイーツです。

フランスの乳製品ブランドによる、日本だけのパティスリー

フランス、ロワール地方西部の小さな村で生まれたベイユヴェールは、酪農家でありチーズ熟成士でもあるパスカル・ベイユヴェール氏により、酪農牧場から始まったブランド。ですから乳製品の品質には定評と実績があります。フランスのチーズ専門店等ではバターをよく見かけるので、フランスへ行かれたチーズ好きの方はパッケージやロゴに見覚えがあるかもしれませんね。

そんなベイユヴェールが日本での店舗展開を機にスイーツを手掛け、今回ご紹介する「サンド・グラス・フロマージュ」等のチーズスイーツや、まるで花を敷き詰めたブーケの様なバターケーキ等、今までに無かったようなスイーツを発表しています。

「サンド・グラス・フロマージュ」ってどんなスイーツ?

「サンド グラッセ フロマージュ」は6種セットになっているので、お取り寄せするとこんな詰め合わせボックスに入って届きます。これだけでもワクワクしてくる素敵なパッケージ!

サンド グラッセ フロマージュ 箱入り

取り出すとこんな感じ。高級感のあるゴールドにロゴがオシャレです。

サンド グラッセ フロマージュ パッケージ

袋から取り出すと、現れたのはカラフルで美しいアイスサンド。並べてみると気分が上がります!

サンド グラッセ フロマージュ 積み重ね

巻かれているフィルムを外して一口いただくと、今まで食べたことが無い食感! 少しねっちりとしていてアイスクリームとはまた全然違います。そして意外にも軽い。

ナチュラルチーズの風味をしっかりと感じるベースのチーズクリームに、フルーツ等の素材がたっぷりと混ぜ込まれ、それぞれの味わいもしっかり。6種類全て素材感が豊か。発酵バターをたっぷりと使ったクッキー部分も風味が良く、チーズクリームと好相性です。

詰め合わせに入っているフレーバーは、苺とフランボワーズの濃いピンクが可愛い「フリュイルージュ」、赤味の強い果肉が特徴の桃「ペッシュサンギーヌ」、ミントの清涼感にサクサクココアビスケットの食感がアクセントの「ショコラミント」、オレンジ等柑橘系の爽やかな甘酸っぱさが効いた「オレンジアンサンブル」、濃い紫色が印象的で映える「ブルーベリーカシス」、そしてマンゴーやパッションフルーツ、パイナップル等南国フルーツの味が活きた「トロピカルフルーツ」の6種類。それぞれに素材をたっぷりと使い、見た目も味もその個性がしっかりと表現されています。

サンド グラッセ フロマージュ カット

ちなみに凍った状態でいただくスイーツですが、とけても流れ出ないクリームなので、うっかりとかしてしまっても安心です。

これから日本での展開が楽しみなベイユヴェールさん。店舗は日本1号店の麻布十番店をはじめ、六本木や銀座にも。また、この11月にオープンしたての渋谷スクランブルスクエアにも出店しているので、覗いてみるのも楽しい。もちろん、お取り寄せもぜひお試し下さい!

低糖質が嬉しい人気のチーズケーキ「スフレ・オ・フロマージュ」/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.1

2019.10.18

この秋冬の限定品!パティシエールが考案、ワインとよく合う超濃厚チーズケーキ

2019.10.10

あの大人気のチーズケーキと同じ味わいが楽しめるラングドシャ「小樽色内通り フロマージュ」【北海道】

2017.05.23
サンド グラッセ フロマージュ

ABOUTこの記事をかいた人

小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)

旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、チーズについての記事を執筆。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。