「あ~ほんま あ~まんま♪」5種類のお豆さんがはいったどら焼き

茜丸五色どらやき(贈答用 5ヶ入り)
aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

「あ~ほんま あ~まんま♪」と歌う茜太郎さんのCMでおなじみの茜丸。どら焼きを食べるときに思わず口ずさんでしまいそうになる「茜丸五色どらやき」をご紹介いたします。

大阪には、思わず歌ってしまうような曲とセットになった「美味しいもの」がいろいろありますが、茜丸の「茜丸五色どらやき」も、その大阪発の代表的な一つです。

そんな私も、20年くらい前に大阪に住んでいたころ、母が「茜丸五色どらやき」にはまり、そして私も「茜丸五色どらやき」にはまってしまい、しばらく家でのおやつは「茜丸五色どらやき」だった時期がありました。

茜丸は、パッケージもしっかりしているので手土産にもぴったりです。

大阪での認知度はかなりもので大阪名物のどら焼きとしても定着しており、手土産にしたり季節のご挨拶に使ったりする方も多いと思います。

親しみのあるパッケージから出てくる「茜丸」と焼き印された「茜丸 五色どらやき」の魅力は、どら焼きの生地もあんこも両方美味しいところです。あんこのための生地、どら焼き生地のためのあんではなく、どちらも主役級。

あんはこしあんベースにアクセントとなる5種類の鹿の子豆が入っていて、食べ飽きずに食感もいいのです。5種類の鹿の子豆は、金時豆、虎豆、うぐいす豆、白小豆、小豆。やわらかなあんこが生地と5色の鹿の子豆を上手に一体化してくれます。

どら焼きといえば、あんは「粒あん派、こしあん派」とはっきり分かれますが、そのどちらとも違う個性的な「茜丸 五色どらやき」です。

あんの中に鹿の子豆…甘すぎするのでは?と思う方もいるかもしれませんがこれがちょうどいいように、ベースの甘さはあっさりとし、中の鹿の子の美味しさがより引き立つようになっています。

お茶との相性はもちろん、コーヒーやミルクとの相性も良いですね。ひと手間かけて固めに立てた生クリームやアイスクリームをのせてみても味のハーモニーを楽しめます。ご自宅用、ご贈答用とさまざまなシーンで大活躍間違いなし、大阪地元でも愛され、大阪を代表する「茜丸五色どらやき」を味わってみてください。

神話の里、奥出雲に見つけた究極のどら焼き!!これを食べたら一生、生どらラブになること間違いなしです。

2018.10.14

定番ドリンクをどら焼きに!和と洋のコラボスイーツ「カフェどら」

2018.09.10

毎月3日間だけ販売の特別な和菓子!笹屋伊織の「どら焼」【京都府】

2018.05.22
茜丸五色どらやき(贈答用 5ヶ入り)

ABOUTこの記事をかいた人

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。