京都の土産の新定番! 京らー油ふりかけ

京らー油ふりかけ おちゃのこさいさい
長船 クニヒコさん
(おかわりJAPAN 主宰)
日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」主宰。北は北海道から南は沖縄県まで、全国津々浦々の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類は600種類以上。その地域に伝わる伝統的なご飯のお供から、創意工夫尽くされたあっと驚く新感覚なお供まで、さまざまなご飯のお供の魅力をブログにて発信しています。ご飯のお供達人としてメディア出演も多数。

八つ橋・抹茶・京漬物、さらにはちりめん山椒。スイーツからおかず系グルメまで強者揃いの京都土産。おっと、京都土産を語るうえで欠かすことのできないジャパニーズスパイス”七味”を失念しておりました。

おだしや京野菜などの繊細な味付けの京料理には、風味豊かな七味唐辛子を欠かすことができません。清水寺の参道として賑わう産寧坂で「世界一辛い」の看板が目印の七味専門店「おちゃのこさいさい」。名物商品は国産ハバネロを使用した狂辛な「舞妓はんひぃ~ひぃ~」シリーズ。舞妓さんが辛そうな表情しているイラストが印象的な商品。

今回私がおすすめするご飯のお供は「舞妓はんひぃ~ひぃ~」シリーズではなく、京らー油ふりかけ。これだけ辛そうな前置きがあると京らー油ふりかけもきっと辛いんだろうなぁと心配されるかもしれませんが、京らー油ふりかけは辛党でなくても楽しめる“旨辛ふりかけ”です。

ごま油に唐辛子の辛みとにんにくの旨みが合わさったハイブリッドな味付け。「七味専門店が作ったらー油ふりかけ」と聞くと辛さがウリのふりかけだろうと解釈してしまいますが、違います。焙煎した胡麻もたっぷりなので香ばしさが辛さに負けず際立っています。辛さ・胡麻の香ばしさに、さらに九条ネギの甘みが加わります。

生で食べても甘みがある九条ねぎは青ねぎ特有のえぐみがほとんどなく風味がとても良い。ラー油にねぎの甘みが加わることで奥深さのある京都らしい旨辛ふりかけに。そして味だけでなく、香ばしい胡麻・カリカリの唐辛子そして素揚げされた九条ネギなど何重にも重なる食感は白ご飯との相性抜群。

ぜひお試ししてほしい食べ方は卵かけごはん。黄身をしっかりかき混ぜて白ごはんに絡ませ、そしてふりかける。そのまま掻き込んで食べる卵かけごはんに、京ラー油ふりかけのザクザク食感がクセになる。

おちゃのこさいさいのオンラインストアを眺めれていると、「旅行先で見つけてそれ以来リピーターに」「お土産でもらってファンになりました」など、京都土産をきっけかにハマったというレビューが多い。旅行客を虜にしてしまう京らー油ふりかけ。京都に行かれた際はお土産にぜひご利用ください。もちろんお取り寄せでも!!

縁起物の具材で作る、しっとり絶品、生ふりかけ

2019.08.24

日本を感じる味わいに舌が躍る、鎌倉の朝の贅沢な味わい

2019.06.11

グランプリ受賞の幸せ感じる極上の昆布ふりかけ

2018.09.18
京らー油ふりかけ おちゃのこさいさい

ABOUTこの記事をかいた人

日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」主宰。北は北海道から南は沖縄県まで、全国津々浦々の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類は600種類以上。その地域に伝わる伝統的なご飯のお供から、創意工夫尽くされたあっと驚く新感覚なお供まで、さまざまなご飯のお供の魅力をブログにて発信しています。ご飯のお供達人としてメディア出演も多数。