あの店の人気No.1!家族や友達と食べたいボリュームたっぷりのキャロットケーキ

キャロットケーキ

家族や親戚が大勢集まる時に、ホールサイズでボリュームたっぷり、皆でワイワイ楽しく食べられるお菓子があると嬉しいですね。

そんな場面にぜひお勧めしたいのがこちら。15cm×15cm×7cmというサイズで、食べ応えしっかりの大きなキャロットケーキ!

これを作っているのは、横浜・元町のショッピングモールから山手へ向かう坂道にある青い屋根のパン屋さん「ブラフベーカリー」。いつ伺ってもお客様が大勢いらっしゃる、地元の人気店です。

オーナーの栄徳剛シェフは、ハード系から菓子パンまで幅広く得意とされています。お店のラインナップには、ベーグルやブラウニー、バナナブレッドやジンジャーブレッドといった、アメリカのベーカリーで人気のアイテムも豊富に揃います。今、このようなアメリカンスタイルのベイクドスイーツは、スイーツ業界のトレンドの中でも、注目度急上昇中なのです。

その中でも、私が一番好きなこちらのスペシャリテと言えば、何といっても「キャロットケーキ」です。

ブラフベーカリーのキャロットケーキは、たっぷりの人参をべースに、オリーブオイルを加えてしっとり焼き上げたヘルシーな生地。ほんのりシナモンが効いているのもポイントです。これにクリームチーズのフロスティンを分厚く塗り、アクセントによくローストされた胡桃をゴロゴロとトッピング。生地の中にも胡桃の食感がアクセントとなっています。にんじんの自然な甘さとスパイシーさ、胡桃の香ばしさなどを、まったりとコクのあるチーズのフロスティンが一つにまとめ上げてくれます。お店でも一番人気の品というのも頷ける味で、お腹は大満足でも、もうあと一切れ食べたい!と思わずにいられないほどです。

私も、あちこちのキャロットケーキをいただいているのですが、こちらのものは、実にもっちりとした食感でボリューム感たっぷり。一体どんな配合なのかと栄徳シェフに伺ってみたところ、粉はアメリカで一般的な「オールパーパス粉」という薄力粉と強力粉を混ぜたものに一番近い、国産の準強力粉を使っているそう。粉に対するブーランジェならではのこだわりで、グルテンの生成バランスや風味の引き出し方などを見事にコントロールしていらっしゃるのはさすがです。

冷凍で届くので、そのまま冷凍庫で2週間保存もでき、好きな時に解凍していただくことができます。帰省や相手宅の訪問に合わせて早めに送っておき、皆が揃ったところで一緒にいただくというのも、手荷物を増やすことなく手土産をスマートに渡すことができる、賢いやり方ですね。サイズが大きいので、時間をかけてしっかり解凍してからいただくのがお勧めです。

ホームパーティーなど、大勢の人が集まる時にあると嬉しい、素朴でいてさりげなくお洒落なスイーツですよ。

平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

この香りを知ってしまったら虜になること間違いなし!家族全員大好きな「プラチナ パン・オ・ショコラ」

2018.08.30

さっぱりフレッシュチーズに合わせたいおすすめパン/チーズを美味しく食べるパン選び vol.1

2018.08.23

山形を満喫!夏に嬉しいダダ茶豆のさわやかロールケーキ

2018.07.22
キャロットケーキ

ABOUTこの記事をかいた人

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。