日本酒のおすすめプレゼント10選【人気の銘柄を予算別に紹介】

南部美人 純米吟醸 愛山

いま特に女性人気が高まっている日本酒。ちょっとしたプレゼントのひとつとしてもおすすめなのですが、何を選んで良いか分からないという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は人気の銘柄を予算別にご紹介。それぞれ味の特徴とおすすめの飲み方、そして贈るポイントも合わせてご紹介します。
※価格は2018年10月1日現在のものです

2000円未満の人気の日本酒

日本酒初心者向けに最適♪フルーティな香りの手作り純米酒

手造り純米酒 光武

米の旨味を純粋に味わえるように、箱麹と呼ばれる昔ながらの麹造りでお酒を仕込んだ手作り純米酒。よく冷やしてフルーティな香りを楽しむのがおすすめ。柔らかい口あたりで呑みやすいため、日本酒を初めて飲む方へのプレゼントにおすすめです。20歳になって初めて呑むお酒や、外国の方の日本酒デビューにいかがでしょうか。

日本酒ツウを唸らせる、飛騨で一番濃いどぶろく

飛騨のどぶ

日本酒ツウの方にお勧めしたいのが「飛騨のどぶ」。アルコール度数が18%もあるだけでなく、にごりのオリ部分が全体の8割を占めるため、トロっとした呑み口と米そのものの甘味をいつでも楽しむことが出来ます。氷やサイダーで割っても旨味と風味が消えないため、アルコールが弱い方にも試して戴きたい一本です。

お洒落なボトルがプレゼントにぴったり!コスパ最強の純米大吟醸

KONISHI 純米大吟醸オオテガラ

酒米「日本晴」を100%使用し、精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加無しの純米大吟醸で税込1080円というコスパ最強の日本酒です。デザインもお洒落なので、ちょっとした手土産やプチギフトにおすすめ。冷やからぬる燗までどの飲み方でも楽しめて、比較的どんなお料理にも合うオールラウンダーです。

ワインに近い日本酒を探している方におすすめ

一ノ蔵 純米酒 ワタシノオト

日本酒独特のキレやコクよりも、酸味と穏やかさにバランスを置いた純米酒。アルコール度数も12%と他の純米酒と比べると少し低く、白ワインに近い口あたりです。軽く冷やしてチーズや生ハムと合わせたりと食中酒にも最適で、保管は常温でもOK。プレゼントを贈る際、保冷バッグが要らないのもポイントです!

2000円以上~5000円未満で人気の日本酒

好きな人にはたまらない!古酒の魅力が凝縮された一本

奥鹿 生もと 純米無濾過原酒 4年古酒(火入れ)

蔵元が自ら育てた無農薬の酒米と、現代の酒造りの2倍の日数と労力がかかる伝統製法「生もと造り」で造られた純米無濾過原酒を、4年間熟成させた古酒です。おすすめの飲み方は常温からぬる燗。4年寝かせてもなお感じられる辛口感と酸味の力強さは、寝かせる前の味の想像をかきたてる不思議な魅力が詰まっています。

食事と一緒に楽しみたい♪まるでワインのような食中酒

GOZENSHU9(NINE)

見た目がワインボトルのようなデザインが目を引く「GOZENSHU9」。日本最古の「菩提もと造り」という製法を採用しており、その特徴である酸味は、食事の席に口の中に残る料理の味をリセットしてくれる働きがあります。脂がのったお刺身にはきりっと冷やして、鰻などの焼き魚にはぬる燗が合いますよ!

香り高い吟醸酒をプレゼントするならコレ!

南部美人 純米吟醸 愛山

折爪馬仙峡伏流水を仕込み水に使用し、酒米「愛山」を100%使用し、50%まで磨き上げた純米吟醸です。冷やして呑むと華やかで優雅な香りが最後まで続き、お米の旨味と甘味のバランスを楽しむことが出来ます。ジューシーな果実感のある香りで、女性へのプレゼントにおすすめです。

5000円以上で人気の日本酒

シャンパンのように、ハレの日にグラスで飲んで欲しい日本酒

純米大吟醸 広島錦

「純米大吟醸 広島錦」の特徴は何よりも香り。おちょこではなくワイングラスのように飲み口がゆったりしているグラスへ注いで、その芳醇な香りを是非満喫してほしい日本酒です。一口飲めば華やかな深みとフルーツの香りが口いっぱいに広がり、幸せな気分にしてくれます。

飲む芸術品と称されるこだわりの酒

純米大吟醸【舞鶴 鼓】

酒米の稲の作成から酒の仕込みまで、すべて蔵元が携わる程のこだわりを持つ、明治8年創業の恩田酒造。そんな蔵元が造る純米大吟醸は、純米酒の甘味と吟醸酒の綺麗な味わいを併せ持っており「飲む芸術品」という声も聞かれるほど。常温で呑むと味のふくらみを一番感じることが出来ます。

特別な方へ贈りたい 究極の純米大吟醸

純米大吟醸 米のささやき「秋津」は、毎年最高クラスの「山田錦」を生産する都倉氏の酒米を精米歩合35%まで磨き込み、芳醇な香りとまろやかな口あたりが究極の大吟醸と呼ばれる由縁となっています。桐箱に入って名入れも出来るため、記念日のプレゼントや特別な方への手土産などにどうぞ。

衝撃的なまでの酸味にノックアウト!「木戸泉と言ったらアフスでしょ!」

2018.09.25

大空に羽ばたく翼の羽音のごとく凜として美しい日本酒

2018.07.20

TBS「有吉ジャポン」出演!日本酒スタイリスト・島田律子さんオススメの極上酒

2018.02.13
南部美人 純米吟醸 愛山

ABOUTこの記事をかいた人

武田真理

「食べることは生きること」がモットーのWebライター。食べることも好きですが、「食」に関わる人のバックボーンのお話を聞く方がもっと好きです。最近は仕事の枠を飛び越えて、その商品をつくっている生産者さんやシェフに逢いたくなり、本当に逢いに行きます! おとりよせした商品から皆さんに美味しいご縁が生まれますように!