衝撃的なまでの酸味にノックアウト!「木戸泉と言ったらアフスでしょ!」

純米アフス生 500ml H.27BY
島田律子さん
()
国際線キャビンアテンダントとして5年半勤務後、タレント活動を始める。
きき酒師をはじめ、夫婦カウンセラー・メンタル心理カウンセラー・ 温泉ソムリエなど多数の資格をを持ちエッセイ執筆や講演を行っている。
日本酒関連は、講演・イベントの司会・出演。その他、TVや雑誌への出演・コラムの執筆、また、日本酒の会のプロデュース・コーディネートなど、日本酒の魅力を伝える活動は多岐にわたる。

美味しいお酒はあまたあれど、ブラインドで銘柄を当てることは難しいもの。しかし、木戸泉のお酒は、ほぼ100%の人が「これは木戸泉だ!」と当てられるでしょうね。そのぐらい、とにかく一口飲めば、その衝撃的なまでの酸味に、日本酒?白ワイン???と頭が混乱するほどに驚かされ、そして次の瞬間には、その新感覚のお酒の魅力の虜になってしまうことでしょう。それが証拠に、今、木戸泉のお酒は、話題沸騰、人気はうなぎ登り。特にこの「純米アフス生」は、「木戸泉と言ったら『AFS』アフスでしょ!」と言われるどに、ファンは多いのですよ。

そんな他とは違うお酒を醸す「木戸泉」には、どんな秘密があるのでしょうか??? ご説明させていただきましょう。

木戸泉酒造の酒造りの最大の特徴は、全量を高温山廃仕込みで行っていること。伝統的な山廃造りは、通常7,8℃くらいで自然発生の乳酸菌を使用するのですが、木戸泉では55℃という高温で仕込み、そして培養した生の乳酸菌を使用。この木戸泉独自の造り方により、お酒は酸が際立ち、コクと幅が広がり、ボディーにはふくらみが生まれ、どこを取っても個性が強調された、他にはない、唯一無二の特徴を持つお酒となるのですよ。

さて、先ほどの書きましたが、そんな「木戸泉」のお酒の中でも大人気なのが、この「純米アフス生」。ちなみに「アフス」(AFS)とは、開発に携わった3名の頭文字を取って付けた名前とのこと。このネーミングがまた、他にないほどにおしゃれですね。

そして、造りが独特な木戸泉の造りに加え、更に独特!日本酒は普通、原料の米・米こうじなどを3回に分けて仕込むことから3段仕込みと言われる仕込み方法で造られるのが一般的ですが、「純米アフス」は原料の米・米こうじを一度にすべて入れて仕込む一段仕込みという方法で仕込みます。それにより、甘味と酸味が更に強調され、日本酒と思えない味わいに仕上がるんですね~。

どんな料理にも負けない強さがあるこのお酒は、洋食に合う!メインのお肉料理に合わせると最高!そして、チーズとも素晴らしいマッチングを見せてくれますよ! 冷やして、すっきりとしたキレのある酸味と甘みをお楽しんでもよし、また、ロックや炭酸割りで飲むのもおすすめですよ。

とにかく、一度飲んでみてください! びっくりするおいしさですから! 何度も言いますが、このお酒は白ワインではありません、日本酒ですからね!!!

大空に羽ばたく翼の羽音のごとく凜として美しい日本酒

2018.07.20

TBS「有吉ジャポン」出演!日本酒スタイリスト・島田律子さんオススメの極上酒

2018.02.13

【お酒の種類別】人気のおつまみ8選|日本酒・ビールに合う絶品

2017.06.29
純米アフス生 500ml H.27BY

ABOUTこの記事をかいた人

島田律子さん(タレント・日本酒スタイリスト)

国際線キャビンアテンダントとして5年半勤務後、タレント活動を始める。きき酒師をはじめ、夫婦カウンセラー・メンタル心理カウンセラー・ 温泉ソムリエなど多数の資格をを持ちエッセイ執筆や講演を行っている。日本酒関連は、講演・イベントの司会・出演。その他、TVや雑誌への出演・コラムの執筆、また、日本酒の会のプロデュース・コーディネートなど、日本酒の魅力を伝える活動は多岐にわたる。