フランス菓子店らしい、洗練されたさつまいものお菓子

アトリエ・ミニョネット さつまいものサブレ

秋の味覚の一つ、さつまいもは、大学芋やスイートポテトなど、素朴なおやつ菓子に使われることの多い素材です。でもこちらは、本格的なフランス菓子を手掛けるシェフによる、お洒落な雰囲気が新しいさつまいもスイーツ。

2枚のサブレでサンドしているのは、焼き芋にしたさつまいもを丹念に裏ごしし、アーモンドパウダーやバターなどを合わせたクリーム。ホワイトチョコレートのコーティングがミルキーな風味と食感をプラスしています。

このサブレにもさつまいもを練りこみ、ざらめを入れて薄焼きにしてあるので、ザクザクとした食感と香ばしい風味が特徴。ほっくりしっとりしたさつまいもクリームとの対比が楽しめます。

数年前に、神戸市内にあるお店に伺い、東京の名店「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」の流れを組む岡山の「スーリィ・ラ・セーヌ」などで経験を積んだオーナーシェフの向井氏ともお話できました。

秋になると、香ばしい焼き色のこのお菓子と、向井シェフのことをふと思い出し、また食べたいな、という気持ちになるのです。

平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

お茶の時間が待ち遠しい! おとぎ話に出てくるような「バスクチーズケーキ」

2021.06.18

キモチを伝える美しく上品なアイシング&メレンゲクッキー

2021.06.17

これが本当に美味しくて。「豚肉と塩」だけで作った生ハムを使ったマッシュポテトのトースター焼き/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.38

2021.06.16

誰に贈っても喜ばれる! 老若男女大好きなおこわ

2021.06.15

甘じょっぱい“塩レモン”が止まらないおいしさの瓶入りクッキー/スイーツのプロのおすすめの焼菓子 vol.31

2021.06.14
アトリエ・ミニョネット さつまいものサブレ

ABOUTこの記事をかいた人

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。