キャラメルのような濃厚さ。1度食べるとクセになるミルクジャム

ミルクジャム

神戸の「patisserie AKITO(パティスリーアキト)」が手掛ける、こだわりの「ミルクジャム」です。使用される牛乳は、自然豊かな淡路島で育つ牛から絞ったもの。この牛乳に、砂糖、加糖練乳、生クリーム、バニラビーンズを加えて作られています。

銅鍋で約2時間かけて煮詰めることで、とろりとしたジャムが完成。程よい粘り気で伸びが良く、舌触りは滑らかです。芳醇なミルクの香りと、濃厚なコクが口いっぱいに広がります。

パンに塗るのはもちろん、パンケーキ、スコーン、フレンチトースト、アイスクリームなどに添えるのもGood。おすすめの食べ方は、ヨーグルトに加えることです。ヨーグルトとミルクジャムがよく混ざり、ミルクの風味が濃厚になりますよ。いろいろな食材との相性が良いので、お気に入りの食べ方がきっと見つかるでしょう。1度食べると忘れられないミルクジャムです。

パンにつけて食べる前に、ミルクジャムのみで一口。とてもなめらかな舌触りで、とても濃厚!でも、甘すぎず丁度良い、優しい甘さです。ジャムのみで全部食べちゃいそうになりました。少し固めのジャムなので、パンに塗りやすくて良かったです。パンにつけて食べると、なお甘さが引き立ってより美味しくいただけました。トーストした食パンよりも、ふわふわしたパンにつけて食べる方が合うかなと思いました。(まいまいさん)

蓋をあけてひとすくいするとツヤのある質感と甘い香りが食欲をそそります。まずは癖のない食パンで食べようと、今回はトーストしたパンとしていないパンの2種類につけて食べてみました。キャラメルともバニラともつかない濃厚な甘さが食べたことのない美味しさ!一口かじるたびに何とも言えない香りがひろがって、とても丁寧に作られた隙のないコンフィチュールだと感じます。(ほなみさん)

美味しいジャムだけを厳選!朝ごはんが楽しみになる至福のアイテム

2017.04.10

女将の手作り「梅ジャム」は、一度食べたら忘れられない美味しさ!

2017.01.04
ミルクジャム

ABOUTこの記事をかいた人

はせがわじゅん

子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。モチモチした食感の食べ物が好き。現在は子育てをしながら、食に関わるライターをしています。愛知県在住。