きめ細かくてしっとり! 希少なリブロース芯を使用したローストビーフ

特撰芯ロースローストビーフ 300g

牛の背の中央にあるリブロースは、肩とサーロインの間にある部位です。きめ細やかで柔らかく、霜降りが入りやすいリブロースは、上質な部位としてステーキやすき焼き肉などに使われます。そんなリブロースのなかでも、肉質のバランスが良い希少な芯の部分を贅沢に使って作ったローストビーフです。

網目状に入った美しい霜降りのリブロース芯を、職人がじっくりとロースト。絶妙な火加減で加熱しすぎず、中央はきれいなピンク色に仕上がっています。自宅へは冷蔵で届くので、好みの厚さにスライスして食べましょう。肉の弾力を堪能したいなら、サイコロ状に切るのもおすすめ。筋がなくて柔らかいので、厚みがあっても食べやすいですよ。

ローストするときにかけるのは、たわら屋オリジナルのタレ。醤油をベースにした味わいは、旨味たっぷりでローストビーフの味わいを引き立てます。特別な日の1品として、また大切な人への贈り物に選ばれています。

お値段に緊張しつつ包丁を入れてみると、家庭用の包丁でもすっと切れる、柔らかいけどしっかりした肉質です。適度な脂と艶やかな赤身がキラキラ輝く魅力的な断面で、我慢できずに切りたてを食べてみると信じられないくらいしっとりジューシー!まるでホテルビュッフェで味わうできたての食感で、肉自体のクオリティも然ることながら一流のロースト技術を感じます。(ことぶきさん)

付属の醤油ダレをかけて頂きましたが、ローストビーフが舌にまとわり付くような感じで、程よいねっとり感があり、一口噛むと肉の旨みが口いっぱいに広がりました。脂がのっているのに全然しつこくないので胃にもたれるようなイヤな感じがないです。これが上質の脂の旨みなのでしょうね。付属のタレも肉の美味しさを引き立てる醤油味で、醤油の尖がった感じは全くありません。(まりっぺぽんさん)

「赤身の旨味」をとことん追求!赤身を楽しむ絶品ローストビーフ

2019.03.07

秘伝のタレで漬け込んだ、希少部位「とも三角」のローストビーフ

2019.01.03

しっとり柔らか!香り高い近江牛モモ肉のローストビーフ

2018.11.12
特撰芯ロースローストビーフ 300g

ABOUTこの記事をかいた人

はせがわじゅん

子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。モチモチした食感の食べ物が好き。現在は子育てをしながら、食に関わるライターをしています。愛知県在住。