大きな身で食べ応えあり。まったりとした舌触りの銀鮭塩辛

越乃甘粕さけ塩辛

明治26年新潟に創業した小川屋の「越乃甘粕塩辛(こしいのあまかすしおから)」です。甘酒に新鮮な酒粕を混ぜたこだわりの漬床に、日本海の荒波にもまれた佐渡産の銀鮭を漬け込んであります。漬床が鮭の旨味と風味を引き出し、まったりとした食感と上品な味わいを楽しめる1品です。

使われている銀鮭は新鮮で臭味がなく、しまった身が特徴。そんな銀鮭を大き目に切って漬け込んでいるので、食べ応えは十分です。一般的な塩辛が塩辛いと感じる人でも食べられるように、仕上がりは程よい塩味。越乃甘粕塩辛を食べて、「塩辛の概念が変わった」との声も上がっています。

ごはんのお供はもちろん、日本酒などお酒との相性もぴったり。少しずつ口に運びながら、甘酒に漬けられた銀鮭の奥深い味わいを堪能したくなりますよ。自宅用のほか、贈り物にもおすすめです。

一口一口、しっかり食べ応えがあるし、口に入れると、ねっとりしっとりしてて、独特の食感で、ほどよい塩気と鮭の脂のノリの良い味がバランスがよく、とてもおいしいです。そのまま食べてもおいしいし、ご飯に乗せてもおいしいし、かまぼこに挟んで食べてもおいしかったです。まろやかな味なので、食べやすいし、かといって、単純ではない味わいを感じます。飽きない味だなーと思いました。(ちづさん)

いままでの塩辛とは全く違うのに、ビックリでした。塩辛が苦手な家族にもすすめて食べさせてみると、これ、塩辛なの?美味しいねっと一言。甘酒と酒粕で作り上げた漬床の「越乃甘粕」と銀鮭が合わさると、こんなに美味しいのですね!特に甘酒がとってもいいお味にしてくれている気がしました。こちらは自宅用にお取り寄せしても大満足出来ると思います。 (tiraさん)

1年以上待っても食べてみたい! 職人による手作業の「くにをの鮭キムチ」/予約待ちのお取り寄せvol.2

2019.02.26

「秘密のケンミンSHOW」で取り上げられた、鮭のルイベ漬といくらの醤油漬

2019.02.21

ごはんがすすむ!しっとりまろやかなキングサーモンほぐし

2018.12.06
越乃甘粕さけ塩辛

ABOUTこの記事をかいた人

はせがわじゅん

子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。モチモチした食感の食べ物が好き。現在は子育てをしながら、食に関わるライターをしています。愛知県在住。