栗と砂糖だけ。水さえも一切加えない、食通が愛する季節限定の逸品「すや」の栗きんとん

ほろり。しっとり。はじまったばかりの“秋”を伝える、優しい栗の味わい。秋になると、必ず“お取り寄せ”したくなる定番の美味といえば、岐阜県中津川、「すや」の栗きんとんです。販売は、9月~1月の季節限定。毎年9月になるとオンラインショップでも販売を開始しますが、例年この時期を待っている食道楽の多いこと!

「栗きんとん発祥の地」、岐阜県・中津川の老舗からお取り寄せ

suya

「すや」のある、岐阜県中津川は、「栗きんとん発祥の地」として有名。JR中津川駅前のロータリーには、「栗きんとん発祥の地」の碑があり、毎年9月9日(重陽の節句)には碑の前で神事が行われ、なんと“栗きんとんの無料配布”も行われるのだそう! 地元では、栗きんとんの名店を巡る、「栗きんとんめぐり」という公式パンフレットも発行されています。(すやさんはこの地元イベントには参加されていませんが、この季節に旅行に出かけて、栗きんとん散歩を楽しんでみても良いですね♪)

今回ご紹介する「すや」は、その中津川でも、一、二の旧家として知られ、創業は元禄年間。開業当初は、その名の通り「酢」のお店でした。その百年後に菓子屋に生まれ変わったのだそう。

職人の勘で、ひとつひとつ手作りされる栗きんとん

そんな「すや」の栗きんとんの作り方が、ホームページで次のように紹介されています。

栗きんとんを作る行程のほとんどを手作業で行っております。
蒸した栗を半分に切り、竹ベラで実を取り出します。取り出した実をこし、砂糖を入れて炊きあげます。この時すべての栗をこしてしまわず、少量だけ粒を残しております。
栗と砂糖のみ、他のものは一切加えません。
もちろん水も加えず、栗の水分だけでしっとりとしてくるのです。
最後に茶巾で包み、もとの栗の形にもどすように絞ります。

収穫時期が違えば炊き方も砂糖も分量も変えなければ同じ味は出せません。
そこは長年培った職人の「勘」に一任しております。

※2016年9月12日時点の「すや」ホームページより。

そう、なんと、水さえ使わず、「栗」と「砂糖」だけで作られているのです。だからこその「素朴でやさしく、いくら食べても食べ飽きない、自然なおいしさ」が詰まっているのです。

ベストお取り寄せ大賞でも、食のプロたちが絶賛!

kinton

そして、この「すや」の栗きんとんは、おとりよせネットの年に一度の「ベストお取り寄せ大賞」でも、2008年度の総合大賞を受賞しています。

・「栗きんとんの代名詞的なお店だけど、食べると納得の味。」
(来栖けいさん/美食の王様)
・「甘さを控え、栗の味が引き立つ。栗の粒々感が残り、好みの美味しさです。」
(下井美奈子さん/スイーツコーディネイター)
・「栗がしっかり、ぎゅぎゅっと詰まっている感じで食べ応え大!」
(花房美香さん/お取り寄せコーディネイター)
・「これが来ないと秋の実感がない人が全国に沢山いることでしょう。」
(香取薫さん/スパイス料理研究家)

ベストお取り寄せ大賞2008・総合大賞受賞ページより

同賞の審査員で、食のプロである「お取り寄せの達人」の方々も大絶賛。いまどきの華やかなスイーツではないけれど、心に残る和菓子の代表格ではないでしょうか。

自分へのご褒美はもちろん、秋から冬にかけての手土産や、ホームパーティでのお茶菓子としてもおススメの逸品♪ ぜひ、お取り寄せの「定番」ラインナップに加えてみてはいかがですか?