「究極のお土産」にも選ばれた、6つの酒粕を使った“熟成する”チーズケーキ/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.8

湖のくに 生チーズケーキ お猪口
小笠原由貴さん
チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰
旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。質の良い食材を求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、記事執筆を行う。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。

一度見たら忘れられないビジュアルがインパクト大のこちらの商品。今回ご紹介するのは、なんとお猪口に入ったチーズケーキの6種セットです。滋賀の6つの酒蔵の酒粕を練り込み、6個それぞれに違った味わいを楽しめるというのも魅力的な商品です。

湖のくに 生チーズケーキ パッケージ

「湖のくに 生チーズケーキ」を製造している“しゅしゅ”さんが工房を構えるのは滋賀県。

昔は近江と呼ばれたこの地は、水よし、米よし、気候よしで、酒造りには最適。また、琵琶湖を擁する「湖のくに」でもあるので、古くから交通の要所としても栄えた場所です。そんな地の利を活かし、沢山の酒蔵が個性豊かで質の良いお酒を造ってきました。

そんな近江の酒蔵から6つを選び、その個性が凝縮された酒粕をクリームチーズと合わせてチーズケーキに仕上げている「湖のくに 生チーズケーキ」は、6種を食べ比べをするとまるで酒蔵巡りをしているよう。チーズケーキで蔵巡りができるなんて、ワクワクしますね!

湖のくに 生チーズケーキ 6種のチーズ

まるでお酒? お猪口に入ったチーズケーキ

萩乃露、七本鎗、浪乃音、美冨久、松の司、喜楽長と、近江の銘酒の名が筆書きされたお猪口は凛とした佇まいが美しく、本物感漂います。そして中のチーズケーキには、記されているお酒の酒粕がそれぞれに練り込まれていて、「どんな味?どう違うんだろう??」と好奇心を刺激されます。

湖のくに 生チーズケーキ 並べたところ

スプーンですくってまずは一口。

湖のくに 生チーズケーキ 掬ったところ

少し空気を含んでふんわり滑らかな生地は口どけもよく、少し感じる酒粕の粒々も程良い存在感です。ちょうど良い甘さ、クリームチーズと酒粕の濃厚な味、鼻から抜ける酒粕の香りのバランスが絶妙です。

6種を食べ比べてみると、最初に風味を主張してくるもの、最後に酒粕が姿を現すもの、キレのあるもの、軽やかなもの、熟成感の強いもの、味噌っぽい風味のもの、余韻の長いもの…と、それぞれに個性豊かで面白い!

この日本酒飲んでみたい!と興味も沸き、こんなに楽しみながらいただけるスイーツはなかなかありません。

発酵食品同士のチーズと酒粕だからとても好相性

ところで、チーズと酒粕の組み合わせってどうなんだろう?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの二つは好相性。発酵食品である酒粕は、同じく発酵食品であるチーズとの相性も抜群なのです。

クリームチーズの濃厚な味が酒粕によって更に引き出されて熟成する事で、美味しさの化学反応が起こるのです。

なお、こちらのチーズケーキは加熱をしていない“生”なので、酒粕の中の酵母が生きている状態。ですから作ってから日を追うごとに熟成が進み、味が変化していくというのもチーズのようで面白いですね。

ちなみにお猪口は、蛇の目模様も入っている利き酒用の本物。チーズケーキをいただいた後は利き酒にも使えるので、日本酒好きの方へのプレゼントにもおすすめです。

湖のくに 生チーズケーキ お猪口

近江ならではの特徴を活かしきった「湖のくに 生チーズケーキ」。実は観光庁によって「究極のお土産」として選定されています。そして、その時の応募747品に対して選ばれたのは、たったの9品! そんな狭き門に選ばれるのも納得の品ですので、ぜひ一度は試してみて下さいね!

湖のくに 生チーズケーキ 受賞

カラフルなフルーツが可愛い! コンクールの常連「ニセコチーズ工房」が作るチーズスイーツ/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.7

2020.04.17

ゴルゴンゾーラの旨みたっぷり! 九州のホテルメイドの贅沢チーズケーキ/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.6

2020.03.11

そびえ立つクリームの存在感が抜群! 軽井沢の人気チーズ工房が作るチーズシュー/チーズのプロのおすすめのチーズスイーツ vol.5

2020.02.12
湖のくに 生チーズケーキ お猪口

ABOUTこの記事をかいた人

小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)

旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、チーズについての記事を執筆。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。