この秋限定! ビーントゥバーが気軽に楽しめる、栗×チョコのクッキーサンド/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.23

チョコレートサンドクッキー -マロン- Minimal
磯崎舞
(スイーツプロデューサー)
乳業メーカーの広報などの仕事を経て、ライターとして雑誌やwebで記事執筆のほか、フォトグラファー、百貨店の催事を企画する“スイーツプロデューサー”として、スイーツの新たな魅力を引き出し広めている。スイーツの中でも日常に寄り添って小さな幸せを与える存在の焼き菓子に着目。焼き菓子好きのサークル、焼き菓子の輪をInstagramで展開。

レーズンサンドをはじめ、2枚のクッキーでクリームなどを挟んだクッキーサンドがブーム中。気軽に食べられることから、自分ご褒美にはもちろん、手土産や贈り物にもぴったりです。

美味しさだけではなく、見た目やシェアしたくなる焼菓子をご紹介するこの連載。第23回目は、Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)の「チョコレートサンドクッキー -マロン-」を紹介します。

ビーントゥバーのチョコレート専門店が生み出した本格派クッキーサンド

このクッキーサンドを手がけるのは、意外にもビーントゥバーのチョコレート専門店であるミニマル。ビーントゥバーとは、カカオ豆の仕入れから焙煎、板チョコになるまで製造工程の全てを手がける工房のことです。

チョコレートサンドクッキー -マロン- Minimal 傾けたところ

「チョコレート専門店が、なぜクッキーサンドを?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。「もっと身近にビーントゥバーのチョコレートを感じてもらえるように」という思いから気軽に手に取りやすいクッキーサンドに着目。2020年1月に販売したところ、好評を博し、期間限定で「チョコレートサンドクッキー -マロン-」が登場しました。

チョコレート×マロンという秋冬スイーツの定番の組み合わせですが、個性があるビーントゥバーのチョコレートを使うことで、新たな魅力を感じられるクッキーサンドに仕上がっています。

カカオ本来の味と香りに驚く2種のチョコレートを使用

クッキーと挟んであるガナッシュ、それぞれ違うチョコレートを使っているのがポイントです。

チョコレートサンドクッキー -マロン- 断面

クッキー生地には、シナモンやクローブのようなスパイス感のある香りが特徴でビターな「HIGH CACAO」を通常の2倍使用。また、カカオニブも練り込むことで食感のアクセントに。
ガナッシュには、バニラやキャラメルのような香りのする「CLASSIC」を使い、濃密な甘さのマロンペーストとマロングラッセを練り込んでいます。

マロンとチョコレートを普通に合わせると平坦な味わいになってしまいがちですが、チョコレート由来の複雑なスパイス感によって味にグッと深みが生まれて、たったひと口で心が奪われるはず!
また、焦がしキャラメルのような甘く香ばしい余韻が長く続き贅沢感があります。味と香りの移り変わりを、じっくりと感じてみてください。

シンプルに統一したカジュアルなデザインのパッケージ

「シンプルで素材を活かした職人によるものづくり」を大切にするミニマルらしさが表れた、シンプルモダンなパッケージデザインも魅力です。男性女性問わず相手を選ばないで気軽に贈れるカジュアル感があります。

チョコレートサンドクッキー -マロン- パッケージ

期間限定&数量限定なのでお見逃しなく!

ビーントゥーバーというと特別感のあるイメージが強いので、初心者でも試しやすいクッキーサンドというのが嬉しいですね。チョコレートの個性がしっかりと表れているので、贈る相手がチョコレート好きならば心をグッと掴めること間違いなしです。

チョコレートサンドクッキー -マロン- Minimal 重ねたところ

「チョコレートサンドクッキー -マロン-」は2020年11 月末まで販売予定ですが、数量限定で早いうちに販売予定数に達してしまう可能性もあるので気になる方は早めのチェックをおすすめします。

手軽なのに贅沢感も兼ね備えた、この秋限定のクッキーサンド。ぜひ試してみてください!

信州の縁起物をモチーフにした、幸福のバームクーヘン/スイーツのプロのおすすめの焼菓子vol.22

2020.09.15

驚くほどのなめらかさ! 米粉とこんにゃく粉を使った本格イタリアンジェラートサンド/スイーツのプロのおすすめの焼菓子 vol.21

2020.08.19

広島レモンを“これでもか!”と味わえるレモンケーキ/スイーツのプロのおすすめの焼菓子 vol.20

2020.07.13
チョコレートサンドクッキー -マロン- Minimal

ABOUTこの記事をかいた人

磯崎 舞(スイーツプロデューサー)

乳業メーカーの広報などの仕事を経て、ライターとして雑誌やwebで記事執筆のほか、フォトグラファー、百貨店の催事を企画する“スイーツプロデューサー”として、スイーツの新たな魅力を引き出し広めている。スイーツの中でも日常に寄り添って小さな幸せを与える存在の焼き菓子に着目。焼き菓子好きのサークル、焼き菓子の輪をInstagramで展開。