「お月見スイーツ」で十五夜をもっと楽しく!うさぎ&満月モチーフのお菓子

2017年の十五夜は10月4日。中秋の名月とも呼ばれるこの行事は、秋の収穫をお祝いするお祭りとして長く親しまれてきました。そんな十五夜の食べ物といえば「お月見団子」ですが、ここではちょっと変わった「うさぎ&満月モチーフのお菓子」をご紹介♪

家族でわいわい楽しみながら、特別なお菓子を頂いて、いつもとちょっと違う十五夜を味わってみませんか。

こころも跳ねる♪ ふっくらまんまる、ほっこり可愛い「福うさぎ」

福うさぎ(五郎島金時)4ヶ入

ふっくらと柔らかな生地に、お芋の餡を包んだ「福うさぎ」です。優しくもっちりと蒸しあげた生地、金沢名物の五郎島金時芋で作った餡が、ほろりとお口で広がります。ほっこり可愛いお味と見た目に、心がぴょんと弾みます♪家族だんらんのひと時にぴったりの一品です!

切る所によって模様が変わる!物語る羊羹「羊羹ファンタジア」

月のうさぎ 栗入り(どら焼き)1個 三日月から満月へ向かって鳥が羽ばたく様子を、羊羹の断面で表現した一品。切り分ける度に異なる断面が現れ、情緒豊かな表情を楽しませてくれます。小豆羊羹でシャンパンとレモンの羊羹をサンドし、上部にクルミやドライフルーツをたっぷりまぶしており、一切れで様々な味わいを堪能できます。

大きな栗が丸ごと入った、秋の風情を感じる「月のうさぎ」

月のうさぎ 栗入り(どら焼き)1個ほっくり大きく、まんまるに輝く栗が、満月を思い浮かばせる「月のうさぎ」。どら焼きの生地にはハチミツがじっくり染み込み、一口かじるとじんわりと甘みが溢れてきます。さらに、自家製の小倉小豆餡と、優しい甘みの栗がしっとりとお口に広がり、ゆったりとしたひと時を感じさせてくれます。

 

お月見のお伴に、さらっとつまめる「たまごボーロ」

お月見パッケージ たまごボーロセットうさぎ模様が可愛らしい巾着の中に、3種のたまごボーロが詰められています。名古屋コーチンの卵を使用しており、懐かしい味わいがお口いっぱいに広がります。アレルギー対応のピュアボーロもセットになっているので、みんなで美味しく頂けます。

さっくり軽~い!朧月と満月がモチーフになった、上品な京の揚げせんべい

小倉百人一首より、紫式部が読んだ月の歌をもとにして作られた、上品な揚げせんべいです。サクサクあっさりと、上品な軽さのせんべいを、「うす塩仕立て」と「甘醤油仕立て」で仕上げています。お米の旨みがじっくりと感じられ、子どもから大人までついつい手が伸びてしまう一品です。