グルテンフリー食品とは?おいしいパンやお菓子などおすすめ8選

グルテンフリー米粉食パン

注目を集めるグルテンフリー食品

パンやお菓子がふんわりする作用に一役買っているのがグルテンと呼ばれる、小麦に含まれるたんぱく質。近年このグルテンが原因で引き起こされるアレルギーが問題となり、グルテンの代わりの働きをするものでできたグルテンフリーの食品が注目を浴びています。

今回は小麦粉を使っていなくて美味しい、パンやお菓子などのグルテンフリー食品をご紹介します!

※EUやアメリカ等における「グルテンフリー表⽰」と⽇本の「アレルギー表⽰」とは基準が異なります(消費者庁「食品表示の適正化に向けた取組について(PDF)」より)。また、製造過程などでグルテンを含む食品と同じ工場で作られていると混入することもあるので、アレルギーをお持ちの方は、必ず専門医とご相談ください。

ワインのお供にしたい グルテンフリーのおつまみ系クッキー

《グルテンフリークッキー》バロック調 スパイシーセット

富山県の風味豊かな米粉と鹿児島県の自然栽培本葛粉を使い、乳製品・白砂糖・卵・小麦粉・保存料不使用の植物100%のグルテンフリークッキーのセットです。味はガーリック、バジル、オニオン、カルダモン、ローズマリーの5種類。甘さ控えめでワインやビールのおつまみにもおすすめ。

米粉のもっちり感がたまらない 無添加グルテンフリー食パン

グルテンフリー米粉食パン

小麦・小麦グルテン・増粘剤など添加物は一切使用していない、天然酵母・無添加のグルテンフリー食パンです。小麦粉の代わりに米粉を使用しているため、米粉パンならではのもっちり感は、一度食べたらクセになり、その食感により満腹感もしっかりあります。

グルテンフリー×ローシュガーで体に優しいシフォンケーキ

ローシュガー・グルテンフリーのふわふわシフォンケーキ

ココナッツシュガー・ココナッツオイル・大豆粉でできた、ローシュガーでグルテンフリーのシフォンケーキ。ココナッツシュガーの優しい甘さと、大豆粉で出来ているのにふわふわな食感がたまらない一品です。常温時と冷やした時で食感が変わるので、違いを食べ比べてみるのも楽しいですよ♪

アレルギーの人でも食べられる美味しいデコレーションケーキ

乳と卵と小麦粉を使用していないデコレーション

豆乳・大豆たんぱく・米粉でつくられたデコレーションケーキで、アレルギーでバースデーケーキを諦めている方に特にオススメ。店舗で乳・卵・小麦粉がつかないように、パックとデコ箱にて分けて厳重に包装されています。苺と、苺と、乳・卵・小麦を使用していないチョコプレートが別添になっているので、届いたら自分で飾り付け出来る楽しさもあります。

血糖値を気にされる方への贈り物にも喜ばれるパウンドケーキ

パウンドケーキ7個入り

砂糖・小麦粉・添加物を一切使用していないパウンドケーキ7種のセット。糖質オフ専門店が作るだけあって、さまざまな工夫がされていて、どれも糖質1g以下になっているのに、甘みをしっかり感じることができます。小麦粉代わりの、おからとアーモンドプードルが香ばしさを醸し出しています。

一枚一枚表情が違う お花畑のようなココナッツサブレ

フラワーシャワー(7枚入)

米粉やアーモンド、ココナッツなどが主原料(小麦粉不使用)で、軽い口当たりのサブレ。食用花やハーブがサブレの表面に広がり、まるでお花畑のような見た目が特徴的です。甘さ控えめなので男性にも食べやすく、結婚式のプチギフトとしても人気です。冷やしたシャンパンに合わせるのも良いですよ!

一つ一つ職人の手作り おからで作った超低糖質チーズブッセ

低糖質チーズブッセ

三重県産の大豆粉とおから、地元の卵でつくられるチーズブッセは、1個あたりの糖質が0.4gと超低糖質。糖質制限のある方はもちろん、グルテンフリーなので小麦アレルギーの方でも安心して食べられます。大きさは直径6センチほどと少し小ぶりですが、おからが含まれているため一個で満足できると好評です。

繋ぎ不使用の米粉100%のグルテンフリー麺

田守り麺 ~米粉100%麺~

島根県で特別栽培された米粉のみでつくられた田守り麺は、つなぎを使っていない米粉100%の麺。一般的な米粉麺にはつなぎが使われることが多いのですが、それが使われていないため、独特のもっちりとした食感が楽しめます。米粉麺として有名なベトナムの「フォー」よりはコシがあり、パスタや冷麺など幅広い料理に使う事が出来ます。

ダイエット中だからこそ厳選して食べたい!砂糖不使用、グルテンフリーの「お野菜パウンドケーキ」

2017.07.28

完全「米粉100%」のパンケーキ!用意するのは水だけのお手軽さがすごい!

2017.06.07
グルテンフリー米粉食パン

ABOUTこの記事をかいた人

武田真理

「食べることは生きること」がモットーのWebライター。食べることも好きですが、「食」に関わる人のバックボーンのお話を聞く方がもっと好きです。最近は仕事の枠を飛び越えて、その商品をつくっている生産者さんやシェフに逢いたくなり、本当に逢いに行きます! おとりよせした商品から皆さんに美味しいご縁が生まれますように!