都心のど真ん中で、できたてのフレッシュチーズが食べられる「GOOD CHEESE GOOD PIZZA」(日比谷)/行くべき!美味しいチーズ専門店 vol.2

GOOD CHEESE GOOD PIZZA 店頭
小笠原由貴さん
チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰
旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。質の良い食材を求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、記事執筆を行う。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。

チーズが美味しいお店はたくさんありますが、その中から特に「ここは行くべき!」というチーズ専門店をご紹介するこの連載。今回は東京ミッドタウン日比谷にある「GOOD CHEESE GOOD PIZZA(以下、‟GCGP”)」をご紹介します。

2019年2月に開催された「関東ナチュラルチーズコンテスト」。こちらに出品されたチーズでひときわ印象に残ったチーズがありました。それが、フレッシュチーズ部門賞と特別審査員賞をダブル受賞した、GCGPさんの「リコッタ」。あまりに美味しくてびっくりしたので早速取材を敢行! その魅力をご紹介させていただきます。

チーズ工房が併設された、いま人気のチーズレストラン

GCGPさんは都心のど真ん中のレストランでチーズを作り、その作りたてチーズやチーズを使ったピッツァ等を店内で食べさせてくれるお店。渋谷のチーズスタンドさんを皮切りに、こういった店内作りたてチーズのお店が増えてきていますが、チーズ好きにはなんとも嬉しいところ。フレッシュチーズはやっぱり鮮度です!

いつも大人気のGCGPさん、店頭の行列とともにまず目に入るのが、このお店の心臓部とも言えるチーズ工房。そして中に入ると、ガラス張りの店内は明るく天井が高く、開放感たっぷり。春・秋には外のテラス席も気持ち良さそうです。

GOOD CHEESE GOOD PIZZA 店内

店内でのチーズ製造は、モッツァレラとブッラータが1日2回、リコッタが1日1回。東京都内の清瀬市から運ばれて来る新鮮なミルクを使って、毎日手作りされています。タイミングが合えば、目の前でのチーズ作りを見る事ができるのもGCGPさんの大きな魅力です。

美しい動きで手早くリズミカルに生み出されていくチーズたち。職人さんの魔法の様な手仕事には心奪われてしまいます。

チーズ作り

そして出来上がったチーズの美しいこと! 真珠のように艶やかなブッラータは、見るからに美味しそうです。

チーズ作り

必ず試して欲しい! 絶品チーズ3種

おすすめはもちろん、出来たてのチーズたち! 特にリコッタ、モッツァレラ、ブッラータの3つは全部試していただきたい絶品揃いです。

リコッタは、とにかく濃厚なミルク感と甘さにびっくり! 余韻に長く残るミルクのコクにも唸ってしまう、何度食べても感動する美味しさです。

リコッタ

また、店内でリコッタを作っている14時前後に行けば、まだほかほかのリコッタを食べられるかも。こんなゼイタク、工房直結のレストランならではです。運よく出会えた時は迷わず試してみて下さいね。

そしてモッツァレラ。こちらのモッツァレラは、“ノディーニ”と呼ばれる、結び目の形をした日本では珍しいタイプ。その形ゆえ、普通のモッツァレラより、キュッとした歯応えと心地よい弾力を存分に感じることができます。

モッツァレラ

また、美しく繊細な繊維と、噛むほどにジュースが溢れてくる生地は、職人さんの技術とセンスの賜物。こんなレベルのモッツァレラは、なかなか出会えるものではありません。

そしてこのお店ならではの魅力が、一度も冷蔵されずに常温で供されること。

出来上がったモッツァレラはすぐに水に浮かべられ、そのまま提供時まで常温で保存。まるでイタリアのモッツァレラ産地のようです。一度も冷蔵されない生地は、締まりすぎたり乳脂肪が冷えて固くなることがほとんどなく、また風味も閉じていないので、味わいをより豊かに感じることができます。

モッツァレラ

それからブッラータ。ストラッチャテッラ(ブッラータの中身)がたっぷりと詰まった、薄く、しなやかなモッツァレラ生地にナイフを入れると、溢れ出るクリームに気分が上がります! 結び目が無い成形なので固いところが無く、どこを食べてもリッチでクリーミー。ストラッチャテッラの一体感と口どけ、そしてミルクの風味にもうっとりです。

ブッラータ

都心の、しかもこんなに近代的な商業施設で作るチーズってどうなの?と、最初は侮っていたGCGPさん(ごめんなさい!)。でも実際食べてみて、その本物感と高いクオリティには驚かされるばかりです。

日本に居ながらにして、これほどまでに新鮮で美味しいチーズが食べられるなんて、とても幸せなことですね。ぜひ新鮮なできたてチーズを食べてみてください。その際はもちろん、出来たてチーズがたっぷりと乗ったピッツァもお忘れなく!

ピザ

ソムリエとずっと話したくなる、あたたかいお店「バール・ア・フロマージュ スーヴォワル」(二子玉川)/行くべき!美味しいチーズ専門店 vol.1

2019.02.20

濃厚な旨みがたまらないハードタイプのチーズに合わせたいパン/チーズを美味しく食べるパン選び vol.6

2019.01.18

ラクレットやゴーダなど、セミハードタイプのチーズに合わせたいパン/チーズを美味しく食べるパン選び vol.5

2018.12.21
GOOD CHEESE GOOD PIZZA 店頭

ABOUTこの記事をかいた人

小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)

旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、チーズについての記事を執筆。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。