七五三のお祝いに贈りたい♪ キュートでカラフルなゼリー/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.20

12個詰め合わせセット 1個
aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に成長をお祝いする七五三。男の子と女の子で、年が違うのは平安時代にそれぞれ成長の過程での髪を伸ばしたり袴を着たりという儀式があったため、今でもその伝統を引き継いでいるそうです。

すくすくと日々成長する子供のお祝い、着物を着て神社でお参りをしたり家族で写真を撮ったり、おじいちゃんおばあちゃん、親戚などと一緒に食事会やお披露目の場所を設けたりと準備も大変ですがとても華やかで幸せな行事です。

そんなハレの日、主役の子供も一緒に楽しめて写真映えもする、とっておきのゼリーをご紹介します。

どれにしようか?迷うのも楽しいゼリー

今回ご紹介するのは、福島県いわき市小名浜のゼリー専門店「ゼリーのイエ」の「12個詰め合わせセット」。1988年開店から一つ一つ手作りで作っているゼリーは、大人はなぜか懐かしくなり、子供はそのカラフルさに笑顔になる大人も子供にも大人気のゼリーです。

12個詰め合わせセット 箱入り

私の母はお料理の先生でしたが、その中でも人気のレシピがゼリーでした。レッスンのない日も毎日のように大量に大きな保存容器にゼリーを作り、生徒さんたちが代わる代わる取りにきていました。その評判は子供から子供へ伝わり、なぜか子供に引っ張られたどこかのお母さんまで保存容器をもって……。

そんな思い出もあり、ゼリーは家で作るのが一番と思っていましたが「ゼリーのイエ」に10数年前に出会い「このゼリーはお取り寄せしてでも食べたい!」と思ったほど、感動の見た目と味でした。

12個詰め合わせセット トレイ乗せ

懐かしい銀カップにのったお行儀の良いカラフルでかわいいゼリーは、季節によってさまざまなゼリーやムースでできています。見た目だけではなく100%ゼラチンでゲル化剤や防腐剤も不使用です。

むっちりしたゼリーはお取り寄せしても崩れる心配も少なく、簡単に切り分けることも可能です。「わあ!かわいい!」と笑顔になって写真を撮った後はいろんな味をみんなで切り分けてシェアするのがおすすめです。切り分けた断面もかわいいので、またカメラに手が伸びてしまうかもしれません。

12個詰め合わせセット カット

入手困難だからこそ、思い出に残るハレの日にふさわしい

「ゼリーのイエ」は全国にファンが多く、たくさんのメディアでも話題です。最近では細田守監督作「未来のミライ」で「デコレーションモアリッチ」という商品が登場したこともあり、ますます入手困難になっています。

ゼリーのイエ アニメ

お取り寄せ方法は、お店のHPとTwitterで告知される「お店予定表」で出荷日をチェックしてオーダーします。金曜日の21:00に受付開始されることが現在は多いようですが、時々臨時で出たりもするので私はTwitterをフォローしています。

受付開始とともに、あっという間に完売すると思って間違いないでしょう。事前にユーザー登録など、できることはしておくのがコツです。オーダー開始前のドキドキ感も一緒に楽しめれば届いた時の感動も一段と盛り上がるでしょう。

ゼリーのイエ

なかなか手に入れることができないからこそ、きっと贈り物にしても喜ばれると思います。七五三を彩る華やかなお祝いの一品として、おすすめします。

夫の誕生日に贈りたい♪ スッキリした脂の旨味に舌鼓を打つオリーブ牛のステーキ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.19

2019.09.25

敬老の日に贈りたい♪ プチっと楽しい、ぷるぷる食感の水まる餅/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.18

2019.08.28

子供の誕生日に贈りたい♪ イチゴと水玉模様がかわいいアイスケーキ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.17

2019.07.30
12個詰め合わせセット 1個

ABOUTこの記事をかいた人

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。