50年以上続くロングセラー品の可愛らしいミニサイズ!「春華堂」の「うなぎパイミニ」/人気店の定番スイーツ vol.13

うなぎパイ
平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

長年愛される「定番」スイーツ紹介の連載、第13回は、静岡県浜松市の名物として知名度抜群!「春華堂」の「うなぎパイ」。その中でも今回は、ナッツと蜂蜜が入った小さなサイズの「うなぎパイミニ」3枚がセットになった品をご紹介します。

「うなぎパイ」の歴史

「春華堂」の始まりは、創業者・山崎芳蔵氏が1887年に「甘納豆」の販売から。戦後の1949年、2代目の山崎幸一氏が浜松市鍛治町に設立した「有限会社 春華堂」が、現在の本店です。1961年、幸一氏は、浜名湖特産のうなぎをヒントに「浜名湖名産・夜のお菓子 うなぎパイ」を生み出しました。バターと小麦粉、砂糖などに加え、うなぎ粉をブレンドし、仕上げに塗る秘伝のタレにはガーリックが入っています。

春華堂

その後、1970年にはアーモンド、ピーナッツ、白胡麻が入った「うなぎパイ ナッツ入り」が誕生。1993年には、最高級のブランデーやマカダミアナッツ、バニラなどを使い、うなぎパイの頂点を目指した「真夜中のお菓子 うなぎパイV.S.O.P.」発売と、シリーズが増えていきます。

うなぎパイ パッケージ

ファンの熱い声に応えて登場したミニサイズのアニバーサリー仕様

1994年1月、より手軽に買い求められるようにと「うなぎパイミニ」が誕生。アーモンド、ピーナッツ、白胡麻に加え、蜂蜜も入っているのが特徴です。程よい食べきりサイズで、ちょっと小腹の空いた時にぴったり。コーヒーや紅茶、日本茶とも相性がいいのはもちろん、ワインやウィスキーといったお酒とも合い、年代や性別を問わず楽しんでいただけます。

うなぎパイ

その後、「うなぎパイ」を祝い菓子として利用したいという声が増え、「うなぎパイミニ」3枚をシルバーパッケージの箱に収めた「うなぎパイミニ アニバーサリー」が登場しました。オンラインショップでの注文時にも、用途に合わせてシールを4種類から選ぶことができ、「thank you」「Congratulation」といったメッセージ入りのものも。ギフトや引き菓子としても人気だそうです。

うなぎパイ 箱

本来、「うなぎパイ」シリーズは、浜松ならではのお土産にしてほしいという思いと、破損しやすいことから、配送は行っていません。ですが、遠方にお住いの方も利用できるようにと、この商品だけはオンラインショップで扱うようになりました。

継承し、さらに進化するパイ菓子の技術

「うなぎパイ」は機械で大量生産している訳ではなく、誕生時から今に至るまでずっと、うなぎパイ職人による手作りを継承しています。数千層もの繊細なパイ生地は、職人の長年の経験と勘により折り上げられるもの。日によって変化する温度や湿度に合わせて材料の混ぜ方や生地の伸ばし方を調整するには、10年の鍛錬が必要だそうです。

2017年には、うなぎと同じく浜名湖で養殖されるすっぽんに因み、「朝のお菓子 すっぽんパイ」が登場。黄金色のすっぽん出汁の旨味を、焼津の鰹節、駿河の桜エビ、隠し味のグリュイエールチーズが引き立てます。

すっぽんパイ

そして2019年11月、東京に開業する「渋谷スクランブルスクエア」内には、春華堂グループの手ごねパイ専門店ブランド「coneri(こねり)」がオープンします。長年培ってきたパイ菓子の技術を活かした新しい提案が、これからも楽しみですね!

青森産の新鮮素材から誕生!「アルパジョン」のふんわりしなやかチーズケーキ「朝の八甲田」/人気店の定番スイーツ vol.12

2019.09.27

創業当時からの伝統がさらに進化!「ホテルニューオータニ」の「リーフパイ」/人気店の定番スイーツ vol.11

2019.08.23

北海道の人気ブランド「もりもと」の、道産トマト使用「太陽いっぱいの真っ赤なゼリー」/人気店の定番スイーツ vol.10

2019.07.26
うなぎパイ

ABOUTこの記事をかいた人

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。