なめらかクリーミー感に女子歓喜♪ ホワイトデーに贈りたい春限定のカラフル“生”スイートポテト

OIMO 10個入 アップ

さつまいもと言えば、“秋の味覚”というイメージが強いですよね。確かに収穫時期は秋なのですが、一番美味しく味わえる時期は1~2月なんです。さつまいもは収穫後、貯蔵することで、デンプンがショ糖などの糖質に変化します。これにより甘味が増し、より美味しくなります。

そんな一番美味しい時期に、ぜひ食べていただきたいさつまいもスイーツが、生スイートポテト専門店 OIMO(以下、OIMO)の「生スイートポテト」。

美味しさはもちろん、彩り鮮やかな見た目、女性や子どもでも片手でつまみやすいシャープな台形型で、いま人気のスイートポテトなんです。さつまいもを使ったスイーツは女性にも人気ですし、ホワイトデーのお返しギフトにすれば、きっと喜ばれますよ。

思わずわくわく! カラフルな10種類の“生”スイートポテト

OIMOの生スイートポテトにはさまざまな種類がありますが、今回ご紹介するのは、この春限定の「生スイートポテト 春限定の10個ボックス」。

OIMO 10個入 パッケージ

冷凍で届きますが、まず驚くのは、まだ箱を開けていないにもかかわらず、ふんわりと鼻をくすぐる甘い香り。カラフルな色合いの箱を見ながら、期待感がぐっと高まります。

早る気持ちを抑えつつ箱を開けると、ふわっとスイートポテトの甘い香りが広がり、10種類のカラフルなスイートポテトが美しく並んでいます。ひとつひとつペーパーケースに入っているので、食べたいときに食べたい分だけ解凍して食べられるのがうれしいですね。

セットには、定番のものから、他では見かけないひと味変わったものまで、彩りと味わいともにバラエティ豊かなラインナップが揃っています。

お芋の美味しさがそれぞれストレートに味わえる「プレーン」と「紅いも」。

OIMO プレーン

キャラメリゼの甘みとお芋の甘みが見事にマッチした「ブリュレ」や、ラム酒の香りとレーズンが大人の味わいを感じさせる「ラムレーズン」、アールグレイの香りが鼻から抜けてミルク感も楽しめる「ミルクティー」、三種の抹茶を贅沢に使った「抹茶」、ほろ苦い味わいと香ばしさがあとを引く「ほうじ茶」、カカオニブのカリッとした食感がアクセントになった「カカオ」。

OIMO ブリュレ

そして、春のわくわく感を思い起こさせる桜の独特の香りとほんのりとした塩気がまるで高級な桜餅を食べているかのような「桜」、甘酸っぱいいちごと練乳のミルキーなコクがマッチした「ストロベリーミルク」という春限定の2つのテイスト。

OIMO 桜

いろいろなテイストが揃っていますが、どれもお芋とのバランスが絶妙で、後味もしつこくなく、食べ終わるとしっかりとお芋の味わいが残ります。

どれも美味しそうで迷ってしまいますが、そんな選ぶ楽しみがあるのも、このセットのいいところ。

手土産にすれば、ワイワイと盛り上がること間違いなし。ちょっとしたホームパーティに並べれば、テーブルが映えます。サイズは小ぶりで食感も軽やかですが、食べ応えは十分。しっかりとした満足感があるので、きっと喜ばれます。

片手でつまめる大きさですが、さらに小分けにしたい場合は、冷凍庫から出してすぐの状態ならカットしやすいですよ。

クリーミーなさつまいもペーストと、248層のパイ生地の組み合わせが絶妙

一般的なスイートポテトは最後の仕上げで表面に焼き色がつくまで焼くのが一般的ですが、OIMOのスイートポテトは焼かずに仕上げた“生”仕様。これにより驚くほどクリーミーな食感と、それぞれのフレーバーが豊かに香り、しっかりとしたコクのある味わいが楽しめます。

そんなスイートポテトを、248もの層で作られたパイ生地に乗せています。さつまいもペーストのなめらかな食感と、パイ生地のサクサクっとした食感のコントラストが心地よく、相性は抜群。

パイ生地は油脂にバターだけを使っているので、雑味もなく、豊かなバターの風味とそれぞれのフレーバーが口の中で心地よく混じり合います。丁度いい塩味もあり、そのままサクサク食べてしまいたいぐらいです。

OIMO パイ

もちろん材料にもこだわっています。さつまいもは温度と湿度が管理された貯蔵庫で熟成させ、自然な甘さを引き出した国産のもの、紅いもは宮古島産を使っています。他にも宇治の抹茶、北海道産のクリームなど、全国から厳選しています。

こだわりの材料を使って、世田谷にある自社キッチンで毎日手作りし、冷凍で届いてもパイ生地のサクサク感が損なわれないように、独自の冷凍技術で出来立てをマイナス30度で急速冷凍しているそうです。特にブリュレは、注文を受けてからキャラメリゼしているそうですよ。

OIMO キッチン

解凍時間を変えて楽しむ、3つの美味しさ

冷凍で届くOIMOのスイートポテトは、解凍時間によって食感と味わいを変えて楽しむことができるんです。室温で15分ほど解凍すると、ひんやりとしてしっかりとした食感、そしてギュッと凝縮された甘みで、まるで高級アイスのような味わいが楽しめます。

OIMO カット

室温で30分ほど解凍すれば、なめらかでクリーミーな食感に。OIMOのスイートポテトを味わい尽くすなら、まずはこちらの方法で食べてみてください。

レンジで30~40秒ほど温めると、熱々でしっとりねっとりとした食感に。濃厚なクリームを食べているかのような舌触り、自然解凍では味わえない濃厚な甘みが楽しめます。甘いスイーツがお好きな方は、こちらの食べ方がおすすめ。

OIMO あたためてカット

温め直後は思ったよりも熱いので、十分に気をつけてくださいね。

スイートポテトの新しいスタンダードを目指して

一口食べたときにシンプルに「おいしい」と感じられて、新しいスタンダードになるような商品づくりを目指すOIMO。

「スイートポテトは昔から大人から子どもまで幅広く好まれていて、まさにおやつのスタンダード。だからこそ、これまでにない新しいスイーツを作ることができるのでは?」という発想から試作を繰り返し、生スイートポテトが完成しました。

従来のスイートポテトは楕円形でホクホクとした食感にこだわったものが多いですが、OIMOの生スイートポテトはさつまいものコクや甘さはそのままに、焼かずにペースト状のままに仕上げることで、クリーミーで口どけのよいなめらかさを実現。

そしてサクサクのパイ生地にのせることで、食感の違いも楽しめるようにしました。パイ生地があることで片手でつまみやすく、さらに台形型することで食べやすくなっています。

OIMO つまむ

箱を開けたときにわくわくしたり、嬉しくなってもらえるように、さまざまなテイストを揃え、カラフルな色合いにするなど、見た目にもこだわりました。そんな見た目と美味しさのバランスの良さからも、ギフトとしてもよく選ばれています。

10種類がセットになっているので、きっとお気に入りの味わいが見つかるはず。そしてひとつ見つけられたら、こっちはどんな味だろうと、ついつい最後まで飽きずに楽しめます。

OIMO 10個入

ちなみに一番人気はブリュレ、次に人気なのは紅いも、ラムレーズンは現在スタッフ人気ナンバーワンだそうですよ。

ネット販売が基本ですが、人気の高さから百貨店の催事や期間限定で出店していることもあります。詳しくはホームページを確認してみてくださいね。

OIMO 10個入 アップ