お中元のおすすめ商品と正しい渡し方をご紹介

お中元 開いたところ

夏の風習の一つ「お中元」。これはお世話になっている方へ「日頃の感謝の気持ち」を伝えるために、贈りものを贈る風習です。友人・知人、両親や会社の上司などお世話になっている方に、どうやって贈ればよいのかご存じない方も多いはず。そこで今回はお中元の基本はもちろん、相手への渡し方、贈答品の選び方やおすすめ商品、そして金額の相場などについて、ご紹介いたします♪

お中元の基本

お中元とは、「日頃の感謝の気持ち」を伝えるために贈りものをする夏の風習ですが、そもそもお中元の由来をご存知でしょうか。

お中元はもともと中国の風習で、旧暦の中元にあたる7月15日に祖先を供養していました。その習わしが日本に渡り、仏教の教えと相まって、日頃お世話になっている方への贈りものを贈るという習慣になっていったようです。

相手への渡し方

お中元は本来、直接伺って感謝の気持ちを伝え、手渡しするのが礼儀とされてきました。しかし現在は、遠方に住む両親や親戚、友人だったり、ビジネス関係の複数の方々に贈ることもあったりと、なかなか直接伺うことが難しいことも増えてきました。

そのため、デパートや百貨店、通信販売などで注文し、直接相手方へ配送する方も増えてきています。通信販売であれば、のしや送り状などの書き方もフォローしてもらえるので、人気が高まってきています。

お中元は本当にお世話になっている人に贈る物

お中元はそもそも、どのような場合に贈るのでしょうか。お中元は「目下の方が目上の方へ贈るもの」とされてきましたが、実際には、目下も目上も関係なく、日頃お世話になっている方へ贈ります

親族関係、ビジネス関係、友人・知人など、様々な方々が挙げられますが、交流があるからと言って、必ずしも贈らなければならないというわけではありません。

お中元は継続的なお付き合いのひとつとされるため、一度贈った場合、毎年贈る必要があります。そのため、よく考えてから贈るようにしましょう。また、公務員や会社の規定で贈答品を受け取ることができない立場の方もいます。贈る際には、事前に確認するようにしましょう。

おすすめのお中元の種類

お中元は、元々祖先を供養するお供え物の意味を持っていたため、品物は食べ物が中心です。人気の品としては、やはり時期的に夏らしい逸品が多くなります。

フルーツならば、メロンやスイカ、マンゴー、桃など旬のもの。それらを使ったゼリーやアイスクリームなど、清涼感のある和洋スイーツも人気です。また、素麺や鰻、ドリンク類ならアイスコーヒーやサイダー、ビールなども。

お中元は「夏のご挨拶」となるため、せっかくならば夏を感じられるものを贈りましょう

食べ物系

蕎麦、うどん、素麺、パスタなどの麺類や牛肉や豚肉、鰻、魚介類など。麺類は、冷たく冷やせば、暑い季節にもつるっと食べられ、日常使いできる食品です。牛肉や豚肉、鰻や魚介類などは、ちょっと高級なものをお中元で贈ると、普段いただけない贅沢感からか、とても喜ばれます。栄養も満点でスタミナも付いて、夏バテ解消にもバッチリです。

調味料系

海苔、食用油、調味料、ジャムなど。このジャンルは保存が効くものも多いので、お中元の品としては一般的です。海苔や食用油は、一般家庭では必ずと言ってもよい程定番で使われるものなので、助かる家庭も多いはず。また、調味料やジャムなどは、選び方によって普段使いできるものから特別感のあるものまであるので、相手の方のライフスタイルを想像しながら選ぶと喜ばれるでしょう。

飲料系

お中元に贈る飲料と言えば、お酒を飲まれる方ならばビール、ワイン、日本酒。ジュース類なら、フルーツジュース、コーヒー、サイダー類などがあります。お子様がいらっしゃる方ならば、ジュース類などを贈るとよいでしょう。夏ならではの、さっぱりとしていて口当たりも軽い味わいの飲み物が喜ばれます。

日用品

食べ物以外の日用品であれば、洗剤、タオル、カタログギフトなどが人気です。洗剤は食器洗剤や洗濯洗剤など、どちらも消耗品ですので、あって困ることはありません。タオルも同様です。また、何を贈ればよいのか迷った場合は、先様のお好きなものを選んでいただけるのでカタログギフトもおすすめです。

おすすめのお中元をご紹介

可愛くって贈り物にぴったり♪ 天然果汁がギュッ詰まったコロコロキューブ

MASAKOのゼリー(30個BOX)

フランスではチョコレートと並んでお馴染みのスイーツ「パート・ド・フリュイ」。国内では珍しいこのスイーツの専門店によるこちらの逸品は、香料や着色料は一切不使用。小さなキューブの中に天然果汁をギュッと包み込み、甘酸っぱく不思議な食感に仕上がっています。フランス伝統製法と果汁の織りなす味わいのハーモニーは、一度食べたらクセになりそう♪ビビットでカラフルな見た目も美しく、贈り物にもぴったりです。

京都の高級甘味を贅沢にご自宅で♪ 本わらび粉100%のプルプルわらびもち

京わらびもち

京都の老舗料亭「竹茂楼」による本わらび粉を100%使ったわらびもち。希少な本わらび粉をたっぷり使用したわらびもちは、京都では高級甘味として愛されている逸品。シンプルに黒砂糖で甘さをつけた、上品な美味しさです。はったい粉をまぶすと、香ばしい香りと味わいがプラス。さらにこちらは、嬉しいぜんざい付き。料亭自慢のぜんざいもこれまた絶品で、これだけでも美味しくいただけます♪ご自宅でのちょっとした贅沢に、おすすめの逸品です。

国産牛をたっぷり使用♪ じっくりコトコト煮込んだフランス風ビーフカレー

国産牛ビーフカレー6缶セット

佐賀市大和町にあるアイコン的なレストラン「シャトー文雅」。フランスの片田舎にあるシャトーホテルのような、ここだけのオリジナルな味わいが楽しめるレストランです。こちらの人気メニューの一つが、国産牛を使ったフランス風のビーフカレーです。ビーフのフォンと直火焼ルウをじっくり時間をかけて煮込んだ逸品。家庭では出せない本格的なお味が、お手軽に楽しめます♪レトルトなので、日持ちも問題なし。贈り物にも喜ばれそう。

ありそうでなかった! なんでも使える万能液体ゆずこしょう

YUZUSCO 3本セット

ありそうでなかった調味料・液体ゆずこしょう「YUZUSCO(ゆずすこ)」の3本セット。太陽の恵みを受けて育った青々しい柚子の芳醇な香りと、ピリッとした唐辛子の辛み、さっぱりとしたお酢の後味がコラボレーションした逸品です。辛みと塩味、酸味もあるので、使い勝手も自由自在! お肉料理にかけたり、魚介にマリネしたり、パスタに和えたりと、様々なお料理のアクセントとして大活躍すること間違いなしです。

芳醇な香りと深いコクがたまらない!「金ごま」を使った贅沢ごま油

金ごま油 275g

ごまの中でも、最も香り高く味わい豊かな「金ごま」を使った贅沢なごま油です。昔ながらの圧搾法で抽出し、添加物や薬品なども一切使用せずに、丁寧に作られた逸品です。驚くほど香り高い金ごま油は、サラダやパスタにドレッシングとして、魚介のマリネ液として、お料理の仕上げに回しかけるなど、ぜひ「生」で楽しんでいただきたい美味しさです。食欲をそそる香りと味わいに驚かされるはず。毎日のお料理に使える定番の3サイズでご用意しております。

これ1つでいつもの味に深みがプラス! あると便利な、こだわりだしパック

だしギフト

あると便利な“だしパック”のギフトセットです。日本各地のこだわりの生産者から取り寄せた材料を使用し、京都のだし屋によって丁寧に削り、粉砕してからパックされています。発酵されたかつお枯節の深い味わいと香りをメインに、うるめ節、昆布、かつお荒節、さば節、かたくちいわし煮干をミックス。澄んだ美しい色のだしは、それぞれの材料の個性が出つつも、自然な香りと奥深い味わいが楽しめます。味噌汁や出し巻き卵の他、カレーやパスタの隠し味にもおすすめです♪

口当たりもよくまろやかな飲み心地♪ 国際基準を満たしたピュアウォーター

ピュアウォーター SUCI(スチ)純水 1ケース(600ml×24本)

こだわりのピュアウォーターのボトルセットがこちら。東南アジアのボルネオ島の北部にあるブルネイ・ダルサラーム国。豊かな自然と資源が豊富なこの国が管理している水源から採水した、天然水をろ過・蒸留し、オゾン処理をして水以外の成分を除去した「蒸留飲料水」がこちら。軟水なので、口当たりもよくてまろやかな飲み心地です。国際的衛生基準のハサップ、国際化標準化機構ISO9001の認証、ハラル認証を取得した、安心安全の逸品です。

美味しく、美しく♪ 旬フルーツと美容成分が入ったドリンクジュレセット

ビューティープリンセス 8本セット

言わずと知れた老舗「資生堂パーラー」の暑い季節にぴったりなフルーツジュレのドリンクセットです。ピーチwithローズ、マンゴーwithアロエ、マスカットwithパイナップル、ブラッドオレンジwithアセロラと、旬のフルーツと絶妙にマッチするフルーツを掛け合わせたジュレは想像するだけで美味しそう♪美感成分コラーゲンペプチド1,000mgとヒアルロン酸35mg配合で、美を応援する資生堂ならでは。

こだわり3種でお気に入りを探す♪ 暑い季節にぴったりなプレミアムビール

「インディアペールエール」飲み比べ6本セット

暑い季節にキンキンに冷やしていただきたいビールセットがこちら。仕込みの水にモンドセレクション最高金賞連続受賞の名水「南紀白浜 富田の水」を使用し、麦芽100%で作られた逸品は香り高く深い味わい。しっかりとした味わいと飲みやすさのある「ナギサビール」、世界最高級のアロマホップ・チェコのザーツを使用した「アメリカンウィート」、フローラルなアロマホップ・カスケードなどを使用し、コクのある贅沢な味わいの「ペールエール」の3種セットです。

この他にもおとりよせネットでは、ハムやドリンク、ゼリー、焼き菓子など、お中元におすすめのお取り寄せグルメ&スイーツをご紹介中。ぜひ参考にしてみてくださいね。

知っておくとおすすめなお中元のマナー

お中元を送ってはいけない相手

お中元は日頃お世話になった方へ贈るものですが、中にはお中元を贈っても受け取ることができず、困らせてしまう相手方もいます。例えば、国家公務員、地方公務員、国会議員、裁判官や警察官などの公務員の方々。それから一般企業でも、社内規定によって受け取れない方もいらっしゃいます。

これは、利害関係が生じる場合、特定の相手との金品のやりとりが禁止されているからです。このような方々に贈る場合は、事前に相手方に確認してから贈るようにしましょう。

相手の家族構成を考える

お中元を贈る場合、相手方の家族構成も考えておきましょう。例えばアイスクリームひとつにしても、独身の方に贈るのと夫婦二人の方に贈るのと、お子様がいらっしゃる方に贈るのとでは、内容も個数も変わってきます。独身の方には、がさばらないよう少量ずつで様々なフレーバーが楽しめるものを。夫婦二人の方には、甘いだけではなくてビターでお酒と合わせて楽しめるものを。お子様がいらっしゃる方にはバニラやストロベリーなど、子どもが喜びそうな味をセレクトします。

お中元に送ってはいけない物を理解しておく

相手の好みを考えるのも大切なことですが、贈り物にしてはいけないものもあります。

  • 4、9など語呂合わせに関係する物:4は「死」、9は「苦」を意味するため
  • 花・植物:花言葉の中には不吉な言葉を持つ花もあるため
  • ハンカチ:「ハンカチ=手巾(てきれ)」が手切れを意味するため
  • 刃物(包丁、ハサミなど):縁を切ると意味するため
  • 履物、靴下や下着:踏みつける、みすぼらしいと意味するため
  • 筆記用具や時計:勤勉奨励を意味するため
  • 現金や金券:お金に困っていると意味するため

特に目上の方に贈る場合は、好き嫌いの考慮も大切ですが、上記のことも重々注意して選ぶようにしましょう。

相手が受け取れる日の確認をしておく

せっかく相手を想って厳選した贈答品でも、相手側で受け取れないトラブルが起きてしまってはとても残念ですよね。仕事で遅くなる平日や長期に家を空けているタイミングなどで、“賞味期限が数日の生モノ”などを贈ってしまっては、元も子もありません。受け取る期間が限定されてしまうものは選ばないようにしましょう。どうしてもそのようなものを贈りたい場合は、事前に相手の予定を確認しておくことが必要です。

お中元を送る相手の年齢を考えるのもおすすめ

お中元を選ぶ際、相手方の家族構成やライフスタイルを考慮することはもちろんですが、相手の年齢もふまえると、またさらに喜んでもらえるポイントになります。

20代であれば見た目もおしゃれなものや話題性のあるものだったり、30代であればちょっと特別感のある逸品を、40代であればCSRもきちんとした社会的貢献度の高い企業の商品など。目の肥えてきた50~60代であれば、相手方のお好きなブランドをあらかじめ聞いておいて、そこからチョイスしてもよいでしょう。

お中元のおすすめ相場

一般的なお中元の相場は、3,000~5,000円程度。特にお世話になった方にも、1万円程度にとどめておくのがマナー。相手方との関係性においても金額が変わってきますが、日頃の感謝を伝えたいからと高額な品物を贈ってしまうと、かえって相手方の負担になってしまうので要注意です。

財布

また、お中元の予算とお歳暮の予算は同等にする風習がありますので、どちらか一方を下げるということはしないようにしましょう。

お中元の本当の意味を知って、喜ばれるものを贈ろう

お中元は日頃、お世話になっている大切な方に「感謝の気持ち」を伝えるものです。マナーなど気配りを忘れず、虚礼ではなく心からの気持ちを相手に伝えるために贈るようにしましょう。

贈答品は食料品や日用品など様々ですが、一般的には食料品を贈ることが多いです。幅広い世代の方々へ贈るので、奇をてらったものでなく、なおかつ日持ちもし、できるならば季節を感じる逸品を選ぶのがよいでしょう。

お中元の「のし」の書き方と注意点は? 正しいマナーについて紹介

2020.06.21

お中元のお礼状を書く上で気を付けることは? お礼状の出し方をすべて解説

2020.06.21

お中元のお返しは必要?正しいマナーを解説【人気商品10選も♪】

2020.06.20

お中元とお歳暮の違いは? 品物や金額だけではなくマナーについてもご紹介

2020.06.20

お中元を贈る時期・お返しをする時期は? 地域による違いもご紹介します

2020.06.19
お中元 開いたところ

ABOUTこの記事をかいた人

モリユリ

作ること、食べること、とにかく美味しいものが大好きな一児の母。子どもができてからますます食に興味を持つように。田舎暮らしを生かし、ここ最近はお米作りを手伝ったりも。ここぞ!という時には「やはりお取り寄せ!」と思っている。