お中元のお礼状を書く上で気を付けることは? お礼状の出し方をすべて解説

お中元 アップ

「日頃の感謝の気持ち」が込められたお中元をいただくのは、とても嬉しいもの。お中元を受け取ったら、まずはお礼状を出しましょう。

しかし普段から手紙や礼状を書き慣れている方ならよいのですが、なかなか書き慣れていない方も多いはず。そこで今回は、お中元が届いた際のお礼状の書き方、送り方について、間柄別の例文と一緒にご紹介いたします。正式なマナーを知り、相手に失礼のないよう、お礼の気持ちを伝えましょう。

お中元のお礼状とは

お礼状は、「感謝の気持ち」を伝えたり、「無事届きました」と相手に報告する意味を持ちます。そのため、お中元を受け取ったら、お返しを贈るよりも先に、まずはお礼状を出すのがマナーとなっています。

目上の方やビジネス関係の方から届いた場合は、封書の手紙でお礼状を出します。ただ親しい間柄の方から届いた場合は、電話やメールなどで伝えてもよいでしょう。

お中元のお礼状の送り方をご紹介

送り方について

最も丁寧なお礼状の形式は「縦書きの封書」ですが、横書きの手紙やはがきで出すのも間違いではありません。相手の間柄によって送り方を変えるのが一般的です。

ビジネス関係の方には縦書きの封書で送れば失礼がありません。親しく付き合っている場合や個人同士での関係がある場合は、横書きの手紙やハガキでも構いません。身内や友人・知人などの親しい間柄であれば電話やメールなどでも構いませんが、その場合でも別途お礼状を送ることがマナーとされています。

お礼状は基本的に本人が書くものですが、やむを得ない場合は代筆をしても失礼にはあたりません。代筆をする際は、署名は差出人の名を書き、その左下に、妻が夫に代わって書くときは「内」、妻以外が代筆するときは「代」と書き加えましょう。

お礼状を送るタイミングについて

お中元が届いたら、お返しを贈るよりも先に、まずはお礼状を送ります。できれば1~2日以内、難しいようであれば3日までには送りましょう。お礼状は「感謝の気持ち」と「無事に届きました」という報告の意味も持ちます。なるべく早く送るのが礼儀です。もし送れてしまった場合は、お礼状が遅れたことに対してのお詫びの言葉を添えましょう。

お礼状の内容の書き方

お礼状というと形式張ったかた苦しいイメージがありますが、そんなことはありません。肝心なのは、相手に「感謝の気持ち」と「無事に届きました」というふたつを伝えることです。お礼状を受け取った相手のことを想い、短くとも丁寧に書けば問題はありません。

全体的な流れとしては、“頭語・時候の挨拶”から始まり、贈答品への感謝の言葉、自分や家族の具体的な様子(「大喜びで食べている」など)、相手の体調を気遣う言葉、そして最後に“結びの言葉”となります。下記の「お中元のお礼状の例文をご紹介」で例文をいくつかご紹介します。

お中元を今後断りたい場合

お中元のやり取りは継続的なお付き合いのひとつではありますが、身の回りの環境が変わるなど様々な理由から、やむ終えずお断りしなければならないこともあります。またビジネスの関係においても、利害関係が生じる場合などはお断りしなければなりません。

断る場合、贈答品を送り返したり、理由を述べずに断ったりすることは大変失礼にあたります。まずは、贈っていただいたお礼を述べた後、「今後はこのようなお心遣いはなさいませんように」もしくは「ご厚意に感謝いたしますが、お気持ちだけ有難く頂戴いたします」という文面で伝え、最後に「今後とも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い致します」と添えましょう。

お中元のお礼を電話でするのは大丈夫?

お中元のお礼は、お礼状を出すことが基本的なマナーですが、最近は電話やメールも多くなってきました。電話やメールで伝える際も、「感謝の気持ち」と「無事届きました」というふたつを伝えます。

電話をする場合は相手の都合を考えた時間帯にかけるのがマナー。電話口でも「今話をしても大丈夫ですか」と都合を確認しましょう。メールで伝える場合は、誤字脱字や絵文字などにご注意を。また、冒頭に「取り急ぎメールで失礼いたします」と、お礼状の代わりとするお詫びを一言書き添えておきます。

お中元のお礼状の例文を紹介

お中元のお礼状は、目上の方やビジネスの相手、親戚や友人知人など、送る相手によって内容を変えて送ります。ここでは送り先ごとの例文をご紹介します。

上司や取引先などに送る場合

上司や取引先など、目上の方に送る場合の例文は下記の通りです。

拝啓 ○○の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、深謝申し上げます。
さて、この度はご丁重なお中元の品を賜り、誠にありがとうございます。
ありがたく拝受し、ご厚志に改めて御礼申し上げます。
今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。
略儀ながら書中にて御礼申し上げます。
敬具

株式会社○○
△△ △△

友人や知り合いに送る場合

友人や知り合いなどに送る場合の例文は下記の通りです。

厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
さて、この度は心のこもったお品を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。
いつもながら、細やかな心遣いに恐縮いたします。
子ども達はいただいたお菓子が大層気に入ったらしく、毎日おやつの時間が楽しみなようです。
まだ暑さも続くようですので、どうぞご自愛ください。
また元気なお顔を拝見できる日を楽しみにしております。取り急ぎ御礼まで。

親戚などの身内に送る場合

親戚など、身内に送る場合の例文は下記の通りです。

拝啓 今年も格別の暑さですが、お父様、お母様はお変わりなくお過ごしでしょうか。
本日、お中元の品が届きました。毎年のことながら、今年も我が家の皆は大喜びでいただいております。
子ども達は、取り合いのようにして挙って食べております。こちらはおかげさまで皆元気にしております。
まだまだ暑い日が続くようですので、くれぐれも夏バテなどなさいませんようご自愛ください。まずは御礼まで。
敬具

お中元のお礼状を送る際の注意点

はがきは細かい点に注意する

お礼状をはがきで出す場合は、次の3つのポイントに注意しましょう。

1. 個人情報やプライバシーに関することは書かない
はがきは内容などが人目に晒されてしまうため、他人に見られたくないことなどは書かないこと。

2. 連名でもすべての方に「様」付けを
封書と同じく、家族や会社など複数の方に宛てる場合もそれぞれの名前に敬称(様)を付けます。人数が多く書ききれない場合は、「○○御一同様」とします。

3. 横書きはNG!
はがきでも改まって書く場合は横書きで書いてはいけません。例えば目上の方にはがきで送る場合は、必ず縦書きで送るのがマナーです。

お中元のお返しは絶対必要というわけではない

お中元をもらった場合、必ずお返しを贈らなければならない、ということはありません。まずはお礼状を出し、お返しを贈りたいのであれば、その後から1週間程空けるなど、時期を少しずらして贈ります。すぐに送り返す必要はありません。

お中元 ひまわり

お返しの金額は、いただいたお中元と同等程度~半額程度のものを選びます。いただいたものとまったく同じものや高額なものは失礼にあたりますので、贈らないようにしましょう。

高額商品はマナー違反

お中元のお返しは、いただいたものより高額なものを贈ってはいけません。高額なものを贈ると、「次からお中元はいりませんよ」という意味になるため、失礼にあたります。お返しは、いただいたお中元と同等程度のものか、半額程度のものを選ぶようにしましょう。

親しい友人や同僚など、お互い様の関係の方には、同等程度のものを。目上の方や目下の方など同等ではない関係の方には、いただいたものより安価〜半額程度のものを贈るようにします。

お中元のお礼状はマナーを守って気持ちを伝えよう

「日頃の感謝の気持ち」が込められたお中元をいただくのは、嬉しいもの。直接会って御礼を伝えられないからこそ、お礼状を送るというのは大切な行為になります。

お中元は継続的なお付き合いになるからこそ、お礼状はマナーを守って書く心配りが必要です。素敵な文章や綺麗な字で書こうと意気込み過ぎると、出すタイミングが遅くなってしまいますので、定型文を上手く利用し、部分的に自分なりの表現に変えたりするなどして、相手に気持ちが伝わるように書きましょう。

お中元を贈ろうと考えている方には、おとりよせネットにて、ハムやそうめん、和菓子、ドリンクなど、お中元におすすめのお取り寄せグルメ&スイーツをご紹介中。ぜひ参考にしてみてくださいね。

お中元の「のし」の書き方と注意点は? 正しいマナーについて紹介

2020.06.21

お中元のお返しは必要?正しいマナーを解説【人気商品10選も♪】

2020.06.20

お中元とお歳暮の違いは? 品物や金額だけではなくマナーについてもご紹介

2020.06.20

お中元を贈る時期・お返しをする時期は? 地域による違いもご紹介します

2020.06.19

お中元のおすすめ商品と正しい渡し方をご紹介

2020.06.19
お中元 アップ

ABOUTこの記事をかいた人

モリユリ

作ること、食べること、とにかく美味しいものが大好きな一児の母。子どもができてからますます食に興味を持つように。田舎暮らしを生かし、ここ最近はお米作りを手伝ったりも。ここぞ!という時には「やはりお取り寄せ!」と思っている。