ショコラティエと宮城の酒蔵との出会い、復興への祈りを込めて

宮城の酒蔵 利き酒ショコラ
平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

東日本大震災の後、宮城県を訪れたパレ・ド・オールの三枝シェフ。被災されながらも復興に向けて力強く歩み始めている宮城の酒蔵の方々との出会いが、このボンボンショコラの誕生につながったそうです。

6軒の酒蔵の個性ある日本酒が使われ、まるで利き酒のように食べ比べが楽しめます。にごり酒を使ったものは酒粕のような香りを感じたり、素直なお米の甘味、あるいは熟成された豊潤な風味を感じたり…。

「利き酒」を楽しむコツは、ボンボンショコラを1/3から半分程度かじって、口の中でゆっくり溶かし、最後に鼻から口に空気を通すようにして、香りの余韻を感じること。1つ味わうごとに、やや温かめの飲み物で口をゆすぐといいですよ。

日本酒造りの伝統文化に思いを馳せつつ、作り手の思いを感じながら、秋の夜を、しっとりと過ごしてはいかがでしょうか。

千代紙のような美しいチョコレート。お味も本格派です!

2018.10.18

日本の高級ボンボンショコラの代表「パレドオール」を作る店/人気の日本発チョコ専門店 vol.1

2018.07.25

大切な女友達の誕生日に♪フルーツ感あふれるビーントゥバーチョコレート/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.1

2018.03.21
宮城の酒蔵 利き酒ショコラ

ABOUTこの記事をかいた人

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。