こんなの今まで無かった! ハイセンスなチーズギフト

持ち寄りパーテイに
小笠原由貴さん
チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰
旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。質の良い食材を求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、記事執筆を行う。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。

友人とのホームパーティーや親戚の集まり等、人が集まる機会が多くなる秋冬。そんな時、私はチーズを手土産に持って行く事が多いのですが、センスの良いチーズギフトって意外にありませんでした。今年もどうしようかな、なんて思っていた時に見付けたのが、サンデーフロマージュさんのチーズギフト「持ち寄りパーティーに」。

早速オーダーしてから数日後、届いた商品を開けてみて感動!!もう、とにかく可愛くてセンス抜群なのです。箱もカワイイ、添えられたカードやチーズの説明もカワイイ、ロゴや印刷物もカワイイ!チーズの包みも抜群にカワイイ!!もう、ディテールの全てが可愛くて、箱や包みを開けながら気分がグングン上がっていきます。

今回お取り寄せしたセットに入っていたのは、「サント・モール・ド・トゥーレーヌ」と「コンテ」、そして、シャンパーニュ地方産の蜂蜜に、12月限定で付いてくる松の実。さらにチーズ保存用の包み紙まで入っているという気遣いぶり。

「サント・モール・ド・トゥーレーヌ」は、細長いバトン状の形と灰をまぶしたグレーの表皮、そして真ん中に1本通った藁が特徴のフランス、ロワール地方産の山羊乳製チーズ(シェーブル)です。シェーブルは臭いからムリ!という方も多いですが、嫌な臭いは無く、むしろヘーゼルナッツの様な香ばしくて良い香り。熟成もベストな状態です。

まずはひとくちそのまま口に入れると、心地よい酸味としっかりとしたミルクのコクを感じます。口どけはなめらかでとても美味。次に説明書き通りに松の実を香ばしく炒って蜂蜜と和え、チーズにのせて食べると…!!もう、言葉を失う美味しさ!!食べ方ひとつで、味ってこんなに変わるのね!と、目からウロコ。驚きました。

もう一つのチーズ「コンテ」は、フランスで最も沢山食べられているハードタイプチーズ。今回届いたのは2016年6月に製造された12か月以上熟成のものでしたが、説明を読んでいると、“ジュラ地方の春の草をはんだミルクで製造した…”なんて言葉があって、心は青草繁る放牧地へ飛んでいってしまいそう!そんな素敵な表現にもチーズ愛を感じます。こちらも先程の松の実&蜂蜜でいただいてみましたが、そのままでも美味しいコンテが、さらにぐ~んと美味しく!チーズの楽しみ方が広がります。

サンデーフロマージュさんが素晴らしいのは、センスの良さだけでなく、チーズの品質と状態が抜群に良いところ。というのもオーナーの倉島さんは、チーズ好きの間では有名なナチュラルチーズ専門店「フェルミエ」で、長年働いてきた実力派。その経験が、チーズを見極める目、知識、技術を確かなものにしています。

商品に対するちょっとした気遣いや丁寧さ、文面からも彼女のチーズ愛、食べ手への愛を感じるので、ほっこり暖かい気持ちになると同時に、“最後まで美味しくきちんと食べよう!”と、思うのです。

確かな目で選び、丁寧に扱われ、愛情のこもったサンデーフロマージュさんのチーズたち。美味しくない訳がありません。大好きな人が喜ぶ顔を見たくて理由を探してでもプレゼントしたくなる、そんな素敵なチーズギフトです。

持ち寄りパーティーやお歳暮に贈り物、そしてもちろん自分にも。ありそうでなかったチーズの素敵なお取り寄せ。ぜひ一度お試しください。

ミルクの甘みがほんわりやさしい。渋谷産リコッタチーズ!

2018.08.20

自宅で楽しく美味しく、Let's モッツァ~レ!

2018.06.17

シーン別で解説!おいしいチーズの選び方とおすすめチーズ/チーズの基本 vol.2

2018.03.29
持ち寄りパーテイに

ABOUTこの記事をかいた人

小笠原由貴さん(チーズライター・パン教室「ラ・ナチュール」主宰)

旅行会社勤務を経て渡米。料理修行を通し、地産地消、オーガニック、素材を活かした料理を知る。帰国後、レストランやチーズ専門店で働いた後、パン教室をオープン。Simple & Natural をモットーとするレシピに質の良い食材は欠かせず、美味しいものを求めて、お取り寄せするのはもちろん、国内外の生産者を実際に訪ねている。また、チーズセミナーの講師を務めたり、チーズについての記事を執筆。スウェーデンMATEUS社の食器を販売する“La Table”も運営。