サクサク&とろける新食感!大人気の甘酸っぱい苺スイーツ

チョコいちご
平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

カラフルな赤い筒型容器にプリントされた、いちご・苺・イチゴの写真が賑やか!

ホワイトチョコ×苺と言えば、ミルキーな甘さと甘酸っぱさとがバランスのよい、王道の組み合わせですね。よくお土産品などで、フリーズドライの苺をホワイトチョコでくるんだものがありますが、この「チョコいちご」は、これまでになかった、チョコと苺の新感覚スイーツです。

その秘密は、苺を丸ごとフリーズドライ加工して、その中に、独自の製法でホワイトチョコをしみ込ませていること。そのため、真っ赤な苺そのもののような姿がインパクト大。全体にサクッと軽やかな歯触りでいて、ホワイトチョコがしみているため、少ししっとりしているのが面白いのです。サクサクの苺を噛みしめていくと、口の中でゆっくりじんわりとけていくかのような余韻が楽しめます。

苺ならではの表面の粒々も感じられ、キュンと甘酸っぱい口当たり。食べ始めると、あと1個、もう1個と思わず手が止まらなくなってしまう、やみつきスイーツでもあります。

こちらの品を販売している「セゾンファクトリー」は、山形県東置賜郡高畠町に本社があり、日本各地のフルーツや野菜を加工したジャムやドリンク、ドレッシングなどが人気のブランドです。生鮮品だと長く日持ちはしませんが、様々な農産品が、このような商品として新たに生まれ変わり、ギフト品として多くの方に召し上がっていただけるのは、価値のあることですね。

この「チョコいちご」、紅茶やミルクティーとも相性抜群なので、ぜひお茶請けとして召し上がってください。そのままサクサクつまむのはもちろん、朝食時に、グラノーラに加えて牛乳をかけていただくといった楽しみ方もできます。ヨーグルトやアイスクリームなどに添えても華やかなトッピングになりますよ。

価格もお手頃で、バレンタインの感謝チョコにはもちろん、ホワイトデーや日頃の感謝を伝えるちょっとしたギフトにもお勧めです。

ふわっふわの食感!濃厚なのに重くない絶品チョコレートケーキ♪

2019.01.26

バレンタイン本命に贈りたい♪ 京都の専門店が作るオトナのチョコスイーツ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.11

2019.01.23

水ようかんとカカオのマリアージュが心地よい和洋折衷スイーツ

2018.11.02
チョコいちご

ABOUTこの記事をかいた人

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。