バレンタイン本命に贈りたい♪ 京都の専門店が作るオトナのチョコスイーツ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.11

カカオ亭重 2段
aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

今年もバレンタインの季節がやってきました。毎年いろんなチョコスイーツが登場し、普段からお世話になっている方にお友達に、そして自分へのご褒美にと選ぶのも楽しみのひとつです。

しかし最近はこだわりも様々で悩んでしまいますね。そこで今回は、彼や夫といった「本命」に贈りたい、そしてまわりとはちょっと差をつけたい!と思っている方にぴったりのチョコスイーツをご紹介します。

シンプルで直球な味わいが人気の京都のチョコレート専門店

京都に店舗を構える『京都ショコラ菓房 牟尼庵(むにあん)』は、個人的に愛してやまないチョコレート屋さんです。そのチョコレートはシンプルで、あれこれ飾りたてたものではない直球さが特徴的なお店です。

その『牟尼庵』から生まれたブランド『カカオ亭』は、マシュマロを使った常温で持ち歩けるキューブチョコや、京都らしい和素材との組み合わせが面白く、日本人らしい感性と追求心が感じられるアイテムが豊富に揃っています。

個人的な話になりますが、私は自分を結構なチョコレート好きだと思っていました。主人に出逢って「あ、私のチョコレート好きって普通かも」と思ってしまうほど「チョコレート味」に目がない主人。今流行のルビーチョコレートや新商品も気づけば彼のカバンの中からひょっこり登場したりします。

そんな主人もお気に入りがこちらのお店で、じっくり家で味わいたいときには重厚感のある『牟尼庵』を、気軽に口に入れてリラックスしてほしい時は『カカオ亭』と使い分けて、ここ数年何かあるごとに主人にプレゼントしています。

数々のワクワクするチョコスイーツが入った『カカオ亭重』

カカオ亭のラインナップの中からバレンタインの本命に贈るスイーツとして、おすすめするのは『カカオ亭重 2段』。常温菓子が5袋詰められています。1袋に入っているのは1個~数個なので、普段あまり甘いものを召し上がらない方にも最後まで美味しく召し上がっていただけるぐらいのちょうどいいボリュームです。

カカオ亭重 2段

真っ白の包みを開くと白いシンプルなお重。色鮮やかで華やかなラッピングも多いバレンタインですが、これくらいの潔い感じがかえって新鮮に映り記憶に残ることでしょう。常温なのでお取り寄せして出先でも渡せますし、手渡し用の紙袋もシンプルなので恥ずかしがり屋の男性にも気兼ねなく渡せます。

カカオ亭重 2段 箱

カカオをモチーフにした『カカオレーヌ』は、ホワイトチョコときな粉、濃いめのシナモンの香りに癒される-shiro-と、ブラックチョコに負けないバターの香りが漂うどっしりした-kuro-。一瞬、パフかエアインチョコかと思うほどのゴマ感がすごい、白胡麻たっぷりの『胡麻チョコレート』はミルクとブラックのふたつの味わい。強めの塩気とチョコを中までしみ込ませた『チョコレートおかき』は甘じょっぱく新食感です。そして『チョコレート羊羹』は小豆の羊羹をたべているのに後味は濃厚チョコレートを食べたかのようで、コーヒーや日本茶にもよく合います。

カカオ亭重 2段 中身

5袋のスイーツは、見た目はシンプルなのにとても個性的です。どれも最初に口に入れたときの印象と最後の印象が変化していくのが面白く不思議です。どんなふうに変化するのか、調和していくのか、ぜひ食べた方に体験していただきたいと思います。

ふたりでシェアして、一緒に味と食感の変化を楽しんで心も満たされる甘い時間も素敵だと思います。

品がありながら大人の遊び心に溢れ、しっかり記憶に残る…今年のバレンタインは、そんな『カカオ亭重 2段』をぜひ大切な方に贈ってみてはいかがでしょうか?

娘から父親の誕生日に贈りたい、ケーキにも負けない華やか手鞠寿し/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.10

2018.12.20

昇進した女友達に、頑張ったねとおめでとうを伝えるクッキー/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.9

2018.11.20

大切な男友達の誕生日に、神戸発のバターサンドでサプライズ♪/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.8

2018.10.18
カカオ亭重 2段

ABOUTこの記事をかいた人

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。