お口の中でプチプチ弾ける♪ 三陸の秋鮭をとことん楽しむ贅沢セット

三陸黄金味めぐり

岩手県宮古市にあるいくら・水産加工「大井漁業部」による“秋鮭”をまるごと楽しめるセットです。

粒のプチプチとした食感と弾力、出汁とのコンビネーションがたまらない「いくら醤油漬」、柔らかく濃厚でいくら本来の旨みが楽しめる「塩いくら」、コリコリとした食感がクセになる、秋鮭の鼻先の軟骨を甘酢に漬け込んだ沿岸部の伝統食「氷頭なます」の3種セットです。

寒流と暖流がぶつかり合う三陸・宮古市で水揚げされた秋鮭は、程よい身振りと臭みのない上質な味わい。さらに、産卵を控えたメスが抱えたハラコは栄養満点です。いくらは、熟達の職人によって伝統的な手もみ製法で丁寧に仕上げられています。

しっかりとした高級感のあるパッケージに入っており、美味しくて贅沢、そしてちょっと話題性もあるセットなので、大切な方への贈り物にもおすすめです♪

キラキラと輝く、まるで宝石のようないくら達。一粒一粒が際立っています。程よく弾力もあり、プチプチと口の中で弾けます。熱々ご飯と共にいただきました。「醤油漬け」は程よいうま味と塩加減。ご飯が次々に進みます。「塩いくら」はいくら本来の味を存分に味わうことができる一品です。醤油漬けに比べて上品で繊細。「氷頭なます」はコリコリとした歯ごたえが楽しくて美味しかったです。(ルーモさん)

1つ70gとのことですが結構しっかり入っています。いくらの粒が大きい!鮭の美味しさを十分満足に頂けたお品でした。一瓶でご飯2膳分くらいのいくら丼ができるかなと思います。こんなに美味しく贅沢ないくらは久しぶりでした。漬け方の違ういくらの食べ比べもでき、好きな方には本当に喜ばれる品物です。(まちみぃ@家飲み最高☆さん)

大きな身で食べ応えあり。まったりとした舌触りの銀鮭塩辛

2019.08.06

1年以上待っても食べてみたい! 職人による手作業の「くにをの鮭キムチ」/予約待ちのお取り寄せvol.2

2019.02.26

ごはんがすすむ!しっとりまろやかなキングサーモンほぐし

2018.12.06
三陸黄金味めぐり

ABOUTこの記事をかいた人

モリユリ

作ること、食べること、とにかく美味しいものが大好きな一児の母。子どもができてからますます食に興味を持つように。田舎暮らしを生かし、ここ最近はお米作りを手伝ったりも。ここぞ!という時には「やはりお取り寄せ!」と思っている。