ホワイトデーに本命に贈りたい! 可愛いきのこに入ったチョコレート/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.12

きのこポット(赤)(9粒)
aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

バレンタインデーにチョコレートやスイーツをもらったけど、ホワイトデーのお返しに頭を悩ませている…なんていう方も多いかもしれませんね。

今回ご紹介するのは、味も本格的で、まるで童話から抜け出してきたかのような可愛らしいパッケージも人気のチョコレートです。デザインに魅了され、コレクションする女性も多いイタリア生まれのチョコレート屋ブランド「カファレル」から、私のとっておきのお気に入りをご紹介します。

神戸で愛されるイタリアの老舗ブランド「カファレル」

「ジャンドゥーヤ発祥」としても知られるイタリア・トリノの老舗チョコレートブランド「カファレル」は、神戸北野をはじめ東京にもお店を構える人気のチョコレートブランドです。

ジャンドゥーヤとは、カカオと焙煎したヘーゼルナッツのペーストを配合したもの。カファレル社のジャンドゥーヤは、高品質のピエモンテ産ヘーゼルナッツを28パーセント近く含み、一度食べるとまったりとした舌触りと鼻に抜けるナッツの香りがたまらなく、固定ファンが多いのも頷けます。

金や銀の三角形のジャンドゥーヤが多い中、同じく人気なのがイタリアらしい配色の華やかな缶やかわいいホイルチョコレートたち。特にてんとう虫やきのこなど見た目も可愛いものが多く、たくさんのチョコレートブランドがある中でも昔から変わらないその可愛らしさは、一目見て「あっ!!カファレルだ!」と分かるほどです。

食べた後のお楽しみ。可愛いきのこポット

私もその独特の世界観に魅了されている多くのファンのひとりですが、その中でもぜひホワイトデーにお勧めしたいのが「きのこポット(赤)」です。

きのこポット パッケージ

コロンと丸いきのこのポットに、きのこの形をしたジャンドゥーヤのクリームが入ったミルクチョコレートが9粒、入っています。ミルク感たっぷりの甘いチョコレートの中になめらかなで濃厚なジャンドゥーヤ。たまらなく幸せな気持ちになります。

さらに、美味しく食べた後も楽しみが続くのが、カファレルコレクションの醍醐味のひとつです。

小物を入れてずっと使えるポットは、どこで何を入れて飾ろうかと楽しくなるポップなデザイン。色違いもあるので並べても可愛いし、いくつか並べても絵になります。

更にサプライズ感を出したいなら、大きな大きな「きのこポット大」がおすすめ。170粒のきのこチョコレートが入った特大サイズは、その圧倒的な存在感に思わずびっくりしてしまいますが、とてもインパクトがあります。ただし、大きいきのこポットは販売個数が限られているので、購入の際はご注意ください。

きのこポット大

赤と白の小さなきのこポットを持っている私は、主人にもう10年以上「あの大きなきのこポットを私に…」と願い続けています。そろそろ願いが叶うでしょうか?

幾つになっても「可愛いもの」をプレゼントされるのは嬉しいものです。自分のためにあれこれ頭を悩ませ、「可愛い」を選んでくれたその気持ちが嬉しいですよね。

きのこポット 中身

センスの良い可愛らしさ、美味しく食べた後も楽しみがずっと続く…… そんなカファレルの「きのこポット(赤)」は、ホワイトデーのお返しにぴったりです。バレンタインに感じた嬉しい気持ちをこんな可愛いカファレルの赤いきのこに乗せてぜひ、奥様や彼女に想いを伝えてみてはいかがでしょか?

バレンタイン本命に贈りたい♪ 京都の専門店が作るオトナのチョコスイーツ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.11

2019.01.23

娘から父親の誕生日に贈りたい、ケーキにも負けない華やか手鞠寿し/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.10

2018.12.20

昇進した女友達に、頑張ったねとおめでとうを伝えるクッキー/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.9

2018.11.20
きのこポット(赤)(9粒)

ABOUTこの記事をかいた人

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。