旨味たっぷりでごはんが進む! 11種類の具入りオリーブオイル

食べるオリーブオイル

オリーブオイルに瀬戸内産のちりめんじゃこ、玉ねぎ、ごま、しょうが、にんにく、唐辛子など11種類の食材を漬け込んだ、小豆島庄八の「食べるオリーブオイル」です。添加物を使わず、シンプルな材料で作られています。

香りが良いオリーブオイルと漬け込まれた食材の相性は抜群。食材の旨味がオリーブオイルに溶け出し、口に入れると風味豊かな味わいを楽しめます。熱々のごはんに乗せれば、ちりめんじゃこと香味野菜の食感、唐辛子のピリッとした辛さが後を引き、箸が止まりません。

食べるオリーブオイルがあれば、和洋折衷の料理も簡単に出来上がります。ショップさんのおすすめの食べ方は、温かいそうめんにかけてパスタ風にすること。また、トーストとの相性も良く、オリーブオイルがパンに染み込み、イタリアンのような味わいになります。冷蔵庫に常備しておきたくなる1品です。

炊きたてご飯にかけて食べてみたところ、黙々と食べてしまい、写真を撮り忘れる失態。ですが、それくらいに食べるのが止まらない。辛いものが好きな方に是非味わっていただきたい。後味が尾を引き、またすぐ食べたくなります。オリーブオイルの香りにニンニクの香りが相まって押し寄せてくるところに、ちりめんじゃこの食感がご飯を楽しませてくれます。(なんなみさん)

主婦の皆様、レパートリーに困っている方、アレンジ料理を増やしたい方、全ての強い味方になってくれそうですね!白米はもちろん色んな料理に相性が良いから、めちゃめちゃ重宝しますよ。たとえば炒飯。そのままでも美味しいですが、一緒に「食べるオリーブオイル」を加えると風味が変わり、ジャコとピリッとしたアクセントが後を引きます。(るいさん)

料理好きが喜ぶプレゼント! とっておきの調味料おすすめ10選

2019.04.09

レモンの爽やかな香りが広がる、お肉のカルパッチョ/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.9

2019.01.15

ひとかけで料理のランクがアップ!万能すぎる「オリーブオイル」のお取り寄せランキング

2017.05.25
食べるオリーブオイル

ABOUTこの記事をかいた人

はせがわじゅん

子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。モチモチした食感の食べ物が好き。現在は子育てをしながら、食に関わるライターをしています。愛知県在住。