バイヤーが厳選! 高島屋“だけ”で買える、おすすめ冬グルメギフト

シェ松尾 塩釜焼ローストビーフ

日頃からお世話になっている方々に、1年のお礼の気持ちとして贈る「お歳暮」。素敵な商品が数多く販売されることもあり、最近ではクリスマスやお正月用の集まり用に購入したり、自宅でゆっくり美味しいものが食べたいという方が購入されることも増えています。

でもこの時期、一度にたくさんの商品が発売され、選ぶのもなかなか大変ですよね。そこで今回は、高島屋のバイヤーさんが特におすすめする商品をご紹介。「これぞ王道!」というものや「ヘルシー系」のもの、そしてフォトジェニックな「SNS映え」するものなど、どれもギフトにも自分用にもおすすめできるものばかり。その中から、高島屋のお歳暮ギフトのためだけに作られた“高島屋限定”の商品をご紹介します。

イタリアの赤ワインが香る、チーズと生ハムのセット

ペックチーズ

イタリア ミラノにある老舗の高級食料品店「ペック」の、ワインの香りがふわっと漂うチーズと生ハムのセットです。「石頭」という意味の名前をもつほど硬いハード系チーズを、ワインの王様とも言われる「バローロ」の搾り粕を贅沢に使い熟成させることで食べやすい柔らかさに。コクがありながらも食べやすいマイルドな味わいがクセになります。

イタリア人はサスティナブルなものづくりに長けていて、ワインを作ったあとに出る粕を使ってグラッパという蒸留酒を作ったりしますが、チーズを柔らかくするために使ってみよう、ということで生まれた、アイディアが光る商品です。(担当バイヤーさん)

生ハムは、赤ワインを醸造した後のオークの樽内で4ヶ月かけて熟成。ワインの香りを肉に移すことで芳醇な香りをまとい、とても柔らかい食感になっています。年間1500本ほどしか作れない希少なもので、世界の三ツ星レストランなどで使われるためなかなか手に入らないのですが、今回は10本確保できたそうですよ。

パッケージには横山大観の「富士山」を使用。型抜きも楽しめるバウムクーヘン

まめや金澤萬久 バウムクーヘン

石川県で能登大納言小豆や黒豆、有機大豆など希少価値の高い原材料を使用し、クオリティの高いお菓子を作る「まめや金澤萬久」。様々な動物を型抜きしたバウムクーヘンなど、そのかわいらしい見た目でSNSでも大人気の商品を作るお店が、今回髙島屋とコラボレートして販売するのがこのバウムクーヘンです。

まず目を惹くのがパッケージです。日本を代表する日本画家の横山大観の「富士山」の絵を忠実に再現しています。そして中に入っているバウムクーヘンの表面には「富士山」と、2020年の干支である「ねずみ(子)」の美しい絵柄が描かれています。しかもこのバウムクーヘンは特殊な技術を使用し、2つのシルエットをなめらかな曲線で型抜きされており、その完成度は秀逸の一言。

贈り物をいただいた方がまず、ギフトの箱に描かれている、美術画のパッケージを見て驚き、開けてみるとその絵柄が模写されているだけではなく、型抜きまでもされており、遊び心も兼ね備えています。「一粒で二度美味しい」の表現にふさわしいクオリティの高い商品になっています。(担当バイヤーさん)

バウムクーヘンのテイストは、「ねずみ(子)」はプレーン味、「富士山」は黄な粉を使ったやさしい味わいです。

食後のデザートとして楽しむ、甘いスープ

山手耀 スープ

横浜の山手に佇む、予約がないと入れないの高級中華レストラン「山手 エリア耀」。そのシェフと高島屋がタッグを組んで作ったのが、この甘いスープです。苺、グリーンピース、マンゴー、黒胡麻など6種類のテイストがセットになっており、それぞれの素材を使った甘いスープの中には、ドライフルーツやもちもち感のある白玉が入っています。

中国の食事では、スープは重要なメニューのひとつ。そこでデザートをスープにすれば、より楽しんでもらえるのではないかということで生まれた商品です。甘すぎず、ほどよい甘さに仕上げています。もちろんすべて手作りです。(担当バイヤーさん)

カラフルな色合いは見ても楽しく、ギフトにぴったり。飲むだけではなく、見て食べて美味しいスープです。

世界初出荷! 20年かけて完成したコーヒー豆の新品種

セニカフェワン

2019年はエメラルドマウンテンが日本に上陸して30周年。キャピタルコーヒーが日本で初めてエメラルドマウンテンの先行販売をはじめました。そのアニバーサリーイヤーに登場したのが、この「セニカフェワン」です。

現地に出かけて、コロンビアコーヒー生産者連合会と直接交渉を重ね、入荷できた新品種のコーヒー豆です。全世界で初めての出荷で、高島屋でのみの取り扱いとなります。焙煎にも立ち会い、日本人好みのミディアムローストより少し深めに仕上げています。(担当バイヤーさん)

苦味の中にナッツのようなふくよかさと爽やかな甘味を感じるその味わいは、デビューしたてでありながら、コロンビアで最高グレードとされているエメラルドマウンテンと比べても遜色のない味わいです。新品種「セニカフェワン」は、淹れたてから最後の一滴まで美味しく飲むことができます。

コロンビアの中でも良質な豆が収穫される南部の「ウィラ地区」限定のエメラルドマウンテンとセットになっています。

発酵による美味しさが詰まった、身体に優しいパンデリ

Kouji&ko パンカップデリ

オリジナルの麹に漬けてやわらかくした牛肉と鶏肉を使った2種のシチューを、ふすま粉と小麦粉、麹などを混ぜて作ったパンカップに入れたデリ。電子レンジで温めるだけですぐに食べられます。

味わいはもちろん、健康にこだわろうと思い作った商品ですが、ふすま粉で作ったパンがなかなかうまくできず、開発に半年以上かかりました。電子レンジで温めてもパン生地はくたっとならず、底面からシチューが漏れることもありません。(担当バイヤーさん)

麹は60種類以上の種麹の中からメニューにあうものを探し、オリジナルの「塩麹」を開発しました。その麹によってコクと旨味が引き出されて深い味わいになったお肉と、ふすまのほんのりとした甘みが口の中でちょうどよいバランスで混じり合い、なんとも言えない満足感があります。余計な盛り付けをしなくても、温めたらそのままテーブルに並べられるのもうれしいポイントです。

海鮮素材を重ね合わせた“映える”オードブル

ミクニ 増毛沖漬

北海道・増毛町は、甘海老やニシンなど、魚介の宝庫と呼ばれています。その増毛町で水揚げされたネタを中心に、高島屋が日本全国の銘店の味を集めて販売している「味百選」で扱う調味料で味付けをしたオードブル。オテル・ドゥ・ミクニの三國シェフと高島屋が作ったオリジナル商品です。

具材には、数の子、甘海老、アワビ、いくら、ニシンの酢漬け、たこ、そしてアブルーガ(ニシンの卵の加工品)に、人参やきゅうりなどの野菜を使っています。それらを七味や山椒、鰹節(ダシ)、味噌、ごま油などの調味料で味付けをした、三國シェフこだわりの一品です。(担当バイヤーさん)

魚介や野菜などのいろいろな食感と味わい、そして複雑に組み合わせられた調味料が口の中で一体となり、薄味でありながらしっかりとした他にはない味わいがたのしめます。少なめに見めますが、セット全体の重量は1kgもあり、一つひとつがしっかりとした食べごたえのあるものになっています。そのままはもちろん、バゲットに乗せて辛口のシャンパンと合わせるのもおすすめです。

テーブルが「わっ」と華やぐ、塩釜焼きのローストビーフ

シェ松尾 塩釜焼ローストビーフ

黒毛和牛のもも肉をシェ松尾オリジナルブレンドのシーズニングソルトやハーブ、スパイスで味付けし、さらに瀬戸内の海塩で包んでじっくりと蒸し焼きにしたローストビーフです。塩釜で包んで蒸し焼きにすることで、ゆっくりと芯まで火が通り、黒毛和牛の濃厚な旨味が引き出され、柔らかくてジューシーな味わいに仕上げられています。

塩釜ごと販売すると届いたときにお肉がしょっぱくなってしまい、これまでギフト用に販売するのは難しかったのです。それを今回、ちょうどいい塩梅の塩加減で届くように作る技術を開発し、販売することができました。塩釜は手作りです。(担当バイヤーさん)

塩釜のままテーブルに出すだけで目を惹きますが、それを付属の木槌で割り、切り分ければ、テーブルが盛り上がること間違いなし。年末年始のホームパーティ用としてはもちろん、本当に大切な人に驚きのある商品を贈りたい方におすすめです。

いかがでしたか? 高島屋のお歳暮販売は2019年12月25日(月)午前10時まで。まだまだ余裕があると思っていたらなくなっていた、なんてこともあるかもしれませんよ。どれも人気の高いものばかりですから、気になるものは早めにチェックしてくださいね。

またこれらの他にも、おとりよせネットでは「お歳暮」におすすめの商品をご紹介しています。希少部位を使ったローストビーフや年間400万切れ販売する西京焼き、1日20本限定の和風ケーキなど、盛りだくさん。ぜひあわせてご覧ください。

お年賀やお祝いにお勧め!香り爽やかな縁起物の和菓子

2019.12.10

メディアで多数紹介! カラフルな模様がかわいいモチモチロールケーキ

2019.12.10

心もあったまる老舗のとらふぐ雑炊セット!

2019.12.09

1kg10万円の出雲抹茶を贅沢に使用!ほろにが大人味の抹茶テリーヌ

2019.12.09

岩手のブランド肉を使った、こだわり素材のメンチカツ

2019.12.08
シェ松尾 塩釜焼ローストビーフ