カステラの原型! しゅわっともっちりポルトガルの伝統菓子

ミーニョ地方のパォンデロー

カステラの原型と考えられているポルトガルの伝統菓子パォンデローは、シンプルな材料で作られる焼菓子。ポルトガルの各地方で形や配合などに違いがあり、今回ご紹介するのは「ミーニョ地方のパォンデロー」です。

ミーニョ地方では、フタ付きの素焼きの型に紙を敷いて生地を流し、しっかりと火を通して焼き上げるタイプ。焼き上がったパォンデローを皆で囲み、手でちぎって食べるのが本場のスタイルです。

卵、砂糖、国産小麦粉、ポルトガル産塩を混ぜて焼き上げられた生地は、しっとり感と弾力が抜群。口のなかでシュワッと潰れ、もっちりとした食感を楽しめます。カマンベールチーズを乗せ、トースターで温める食べ方もおすすめされていますよ。

ポルトガル人オーナーシェフによる「ポルトガル菓子専門店Castella do Paulo(カステラ・ド・パウロ)」のパォンデローは、本場の味を楽しめる焼菓子です。

ちぎると「しゅわしゅわ」っと音がします。なんとも美味しそうな音です。一口目の感想、やっぱりカステラに近い!?卵のたっぷり感を感じます。生地が黄色く卵黄が濃い目です。しっとりしているのですが、食感は軽く、きめ細かい生地なので、カステラのようなずっしり感はないです。くせになる味で、こんな大きなパォンデローをなんと二人で一度に半分以上食べてしまいました。(ゆっちさん)

ひと口食べてみると普通のカステラよりもフワフワで、それでいて口の中からホワっと甘みが溢れ出します。サイトの写真みたいに手掴みで食べてしまいましたが、やっぱり手掴みでちぎって食べた方が美味しい!と感じました。また大人数のパーティーでみんなでワイワイ楽しく食べると絶対盛り上がること間違いなしだと思います!インパクトもありますし、女子会やママ友会などに最適だと思いました。(たんたんさん)

フジテレビ「なりゆき街道旅」で取り上げられた、半熟生カステラ

2019.05.09

ホームパーティーや手土産に使いたい、珍しいホール型カステラ

2019.03.29

フワフワしっとり、なのにモチモチ食感♪老舗の新感覚カステラ

2018.12.22
ミーニョ地方のパォンデロー

ABOUTこの記事をかいた人

はせがわじゅん

子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。モチモチした食感の食べ物が好き。現在は子育てをしながら、食に関わるライターをしています。愛知県在住。