お気に入りはどれ?食べ比べも楽しい「ユーハイム」ブランドの「バウムクーヘン」あれこれ/人気店の定番スイーツ vol.29

ユーハイム バウムクーヘン
平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

長年愛される「定番」スイーツ紹介の連載、第29回は、ドイツ出身の菓子職人が創業した「ユーハイム」より、日本で作られてから100年以上の歴史を数えるバウムクーヘンをご紹介します。実は様々な種類があり、食べ比べするのも面白いですよ。

ドイツ家庭の手作りの菓子の味わいを日本に伝えたユーハイム夫妻

神戸に本店のある「ユーハイム」の創始者、カール・ユーハイム氏は、中国の青島(チンタオ)で1909年に創業したドイツ人の菓子職人でした。

ユーハイム夫妻

戦争の荒波に運命を翻弄されつつ、彼が日本の広島の地で初めてバウムクーヘンを焼いたのは1919年3月4日のこと。その後、妻・エリーゼと共に日本への永住を決めて、横浜で開業。1923年に関東大震災の難を逃れ、神戸に「ユーハイム」1号店をオープンしました。

ユーハイム 店舗

様々なブランドと種類があるバウムクーヘン

「ユーハイム」の他、グループ内に「カールユーハイム」「ユーハイム・ディー・マイスター」といった様々なブランドがあり、バウムクーヘンも種類豊富です。店頭でまだ出会ったことのない品も、見つけることが出来るかもしれませんね。

一番ベーシックなホールタイプの「バウムクーヘン」は、本場ドイツの基準にならい、現在は添加物不使用を実現。純正な材料と昔ながらの製法で焼き上げています。アーモンドパウダーや国産の低水分バターを使用し、豊かな風味としっとりとした口どけに。

ユーハイム バウムクーヘン

生地を乾燥から守るため、周りをホワイトチョコレートでコーティングします。厚さ約25mmから約59mmまで、4サイズが揃うので、用途や食べる人数に合わせて選ぶといいですね。

最近は、個包装のバウムクーヘンも人気です。「リーベスバウム」は、扇形に切り分けられた食べやすい個包装タイプ。7個入、10個入、14個入のプレーンの他、チョコレート味もあります。

ユーハイム リーベスバウム

創業者の名を冠したブランド「カールユーハイム」には、「KJバウムクーヘンシャイベン」があります。発酵バターと、アーモンドと砂糖をすり混ぜてペースト状にしたマジパン、ドイツ産岩塩を使っているのが特徴。奥行きのある濃厚な味わいを楽しみたい方には、特にお勧めです。

ユーハイム カールユーハイム

期間限定パッケージや受注生産の限定品もあり!

塔のような形の「バウムクーヘントゥルム」シリーズも人気で、2021年は、書家・中塚翠涛氏による限定デザインです。パッケージの色はサイズによって異なり、一番大きなものは筒の高さが26cm以上もあって、中身の背の高さもインパクト大です。

ユーハイム バウムクーヘントゥルム

オンラインショップと神戸元町本店の限定販売品「ケーニヒスバウム」は、注文を受けてから熟練の職人が焼き上げ、作りたてを届ける贅沢な一品です。発酵バターとマジパン、メープルシュガーを加えたリッチな味わいで、ゴツゴツとした凸凹のある形も印象的。特別な記念日にぴったりのバウムクーヘンです。

ユーハイム ケーニヒスバウム

他にも、オンラインショップ限定で、周りのコーティングに砂糖と水だけで作った糖衣を使用した「やさしいバウムクーヘン」など、様々なバリエーションがあるので、ぜひ色々と探して楽しんでください。

チョコレートとの相性抜群!「ヨックモック」の秋冬限定ラングドシャクッキー「ビエ」シリーズ/人気店の定番スイーツ vol.28

2021.01.22

スコットランドの家庭の味から生まれた「泉屋東京店」の「スペシャルクッキーズ」/人気店の定番スイーツ vol.27

2020.12.25

小豆の粒感たっぷり、やわらかな餅を包んだ「叶 匠壽庵」の銘菓「あも」/人気店の定番スイーツ vol.26

2020.11.27
ユーハイム バウムクーヘン

ABOUTこの記事をかいた人

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。