お取り寄せ出来る!日本各地のご飯のお供10選

かきのしぐれ煮

今回は、日本各地にたくさんある美味しい「ご飯のお供」の中から厳選した10品をご紹介。どれも「これさえあればいくらでも白米が食べられる!」というものばかり。さぁ白い炊き立てのご飯にあなたなら何を載せますか?

明太子とは違ったピリッと感がクセになる!

山わさびたらこ

希少価値の高い大粒の北海道・鹿部産のスケトウダラのたらこを、網走産の山わさびと一緒に漬け込んだ逸品。鼻から抜ける山わさびの香りと辛さや絶妙な塩加減は、唐辛子を使った明太子とは一味違う美味しさなので、魚卵好きな方には是非一度味わって戴きたいご飯のお供です。

縁起物で自分だけのオリジナル生ふりかけをつくろう!

生ふりかけ「縁結び」

縁起物とされている、鰹節・昆布・胡麻・いわし煮干し・くるみと、地元愛知の本醸造特級濃口醤油を使用した、だし醤油を自分で混ぜて作る生ふりかけセット。化学調味料・保存料は使用せず素材の味を大切にしています。自分好みの配合を見つけて、世界に一つだけのふりかけをつくってみてはいかがでしょうか。

つくりたてを届けてくれる、広島産かきのしぐれ煮

かきのしぐれ煮

広島産の良質なかきを、生姜と共に煮崩れしないように炊いた贅沢な「しぐれ煮」。かきは一粒の形が大きく、ふっくら柔らかいのが特徴です。作り置きはしないという信念のもと、お客さんの注文を受けてからつくる完全受注生産のため、いつでもつくりたての味を戴けるのも嬉しいポイントです。

生みたての卵と専用しょうゆで極上の卵かけご飯を堪能したい

ぶったまごはんセット「笑」

コクと甘味のある黄身が自慢の卵は、瀬戸内海の自然に囲まれた岡山の自社工場で産卵され、24時間以内に出荷される超がつく新鮮な卵。その卵を引き立てるためにつくられた「元祖たまごかけごはん醤油」もセットでついてくるため、届いた瞬間から極上の卵かけご飯が堪能できますよ!

一度食べたらやみつきになるごはんのお供♪

食べるオリーブオイル

地元小豆島の醤油とオリーブオイルに11種類の具材を漬け込んだ「食べるオリーブオイル」。熱々のご飯の上にかければ、伊吹いりことにんにく醤油の香ばしさが口いっぱいに広がりやみつきに!ごはん以外でも、パスタのソースやトーストの上に乗せても美味しいので試してみて。

炊き立てのご飯に合う正統派お供はコレ

雲月 小松こんぶと梅びしお

京都御所の東側にある日本料理店「雲月」の「小松こんぶ」と「梅びしお」は、どちらも奇をてらっておらず、素材の良さを最大限に生かすことに特化したご飯のお供です。「小松こんぶ」は食べやすい極細切りでほどよく山椒が効いており、塩加減と酸味のバランスが絶妙である「梅びしお」と共に人気の逸品です。

白葱×醤油がごはんにベストマッチ!

大分 方寸 白ねぎ醤油3本セット(100g×3本)

大分県の特産品である白葱を醤油に漬け込んだ、ごはんのお供です。シャキシャキの食感と風味を残すためにやや長めに切られた白葱は、柔らかな甘みがぎゅっと詰まっており、あまじょっぱい味がごはんにベストマッチ。他にも冷奴やしゃぶしゃぶのタレなど、あらゆる料理のシーンにも使える万能調味料としてオススメです。

定番だけど侮れない 旨さ抜群の海苔とくらげの佃煮

小樽 伊勢鮨 のりくらげ(佃煮)

ご飯のお供として定番である海苔の佃煮に、くらげが入って食感も楽しい一品。北海道小樽にある創業40年の「伊勢鮨」がプロデュースしています。変に味が濃すぎる事もなく、ごはんと一緒に食べることで米の持つ甘さや旨味を存分に引き立ててくれます。日本酒、特に純米酒のお供に最高です。

具も出汁もすべて堪能して欲しい!みょうがの漬物

菜の蔵 まんまみょうが(ゆず

みょうが生産量日本一の高知県須崎市で作られている「まんまみょうが」は、みょうがの茎の部分だけを使用した珍しい漬物。あっさり昆布とかつおの出汁ベースの味付けに、ゆずがほんのり香ります。具である漬物はもちろん、出汁部分もごはんとの相性が抜群なので是非、余すことなく堪能してください。

あったかごはん専用の特性もずくキムチ!

もずくキムチ 250g

沖縄もずくを100%使用し、とにかくあつあつのごはんと一緒に食べた時に、深い甘みを感じられよう味付けにこだわったごはんのお供です。無添加、化学調味料、保存料不使用のキムチのタレは甘さの後に、後を引く辛さが特徴で、ついついもう一口と手が伸びてしまいますよ!

ついつい食べ過ぎてしまう。ごはんのお供♪京都名物ちりめん

2018.09.20

グランプリ受賞の幸せ感じる極上の昆布ふりかけ

2018.09.18

朝食は、味噌汁とごはん、山形弁で「ごはんですよ〜」の「わらわら飯喰は」で満足

2018.09.07
かきのしぐれ煮

ABOUTこの記事をかいた人

武田真理

「食べることは生きること」がモットーのWebライター。食べることも好きですが、「食」に関わる人のバックボーンのお話を聞く方がもっと好きです。最近は仕事の枠を飛び越えて、その商品をつくっている生産者さんやシェフに逢いたくなり、本当に逢いに行きます! おとりよせした商品から皆さんに美味しいご縁が生まれますように!